TOPページ > ブラック企業について

ブラック企業に就職したくない!ブラック企業を見極めるには?

近年、ブラック企業の数は減っているが、まだまだブラック企業は存在している!

近年、ブラック企業が社会問題になっていますよね。

過労死、不当解雇、残業代未払い、過度な残業、休日出勤、パワハラ、セクハラなど、様々なことでニュースに取り上げられています。

今ではニュースに取り上げられることが多いということでブラック企業の数も減ってきてはいますが、まだまだブラック企業は存在しています。

私自身もブラック企業で4年間働いていた経験があり、その辛さは今も忘れる事はできません。1日16時間勤務、3か月間休みなし、残業代未払い、上司からのパワハラ。このような事を経験してきました。今、思い出すだけでもゾッとしますね。たまに夢にも出てくるくらいです。

現在、フリーターから就職を目指している方には、なんとしてもブラック企業への就職は避けてほしい所。

ブラック企業に就職してしまうと身体だけではなく精神的にも追いやられてしまい、病気になってしまったり、最悪、命を落としてしまう恐れもあるんですね。

入社してからブラック企業だということに気付いていも遅いので企業選びをしている時にブラック企業なのかを見極める事が必要になってきます。

ブラック企業なのかを見極めるには!?

ブラック企業が多い業界を知る!

ブラック企業が多い業界として挙げれるのが、

・建築、不動産業界
・飲食業界
・アパレル業界
・IT、WEB業界
・介護業界

この4つの業界。

建築、不動産業界はノルマが厳しかったり、パワハラが多くある傾向があり、飲食業界やアパレル業界、IT・WEB業界、介護業界は残業、休日出勤などが多い傾向があります。

ちなみに私がいたブラック企業は飲食業界の企業でした。

別に人材不足ではなかったのに1日16時間勤務、休日出勤を迫られ、上司からのパワハラもひどかったです。その上司も私と同じく1日16時間勤務、休日出勤をしていました。

なにか残業して当たり前、休日出勤して当たり前の会社で完全に風化していましたね。

この4つの業界はブラック企業が潜んでいる可能性が高いので注意してください。気になる求人を見つけても求人に掲載されている情報だけを信じるのではなく、企業研究を入念に行なってどのような企業なのかを見極めるようにしましょう。

応募のハードルが低い

求人を見ていると応募のハードルが低い求人を見る事があります。

未経験者を歓迎していたり、学歴・経歴不問、年齢不問など、誰でもエントリーする事ができる求人はブラック企業の可能性があります。

フリーターにとってこうした求人は魅力的になりますが、応募のハードルが低いということはそれだけ人材確保に困っている証拠です。

人材不足に陥っている企業はやはりなにかしらの問題を抱えているという事になるのでその企業がどういう企業なのかをしっかり確認してから求人にエントリーしましょう。

常に求人を掲載している

応募のハードルが低い求人と同じように常に求人を掲載している企業も人材確保に困っている企業になり、ブラック企業の可能性があります。

常に求人を掲載しているという事から「人の入れ替わりが激しい、採用をしてもすぐに辞める=何かしらの問題がある」という事に繋がるので注意してください。

ブラック企業への就職を避けるには?就職支援サイトを利用するのがおすすめ!

就職支援サイトでは優良企業の求人を中心に見つける事ができる!

ブラック企業への就職を避けるには就職支援サイトを利用して求人探しを行なう事をおすすめします。

なぜなら就職支援サイトで扱っている求人のほとんどが優良企業の求人になるからです。

就職支援サイトは民間企業が運営しているということもあって質の悪い求人を扱ってしまうと直接、評価に繋がってしまうんですね。ブラック企業の求人を扱ってしまうと、悪い評判が広がってしまい、信頼を失ってしまう事になるので安心して求人探しを行なう事ができます。

就職支援サイトによっては求人掲載に審査を設けている所もあるので高い確率で優良企業の求人を見つける事ができます。

現在、就職を目指しているフリーターさんに優良企業の求人を豊富に扱っている就職支援サイトとしてご紹介したいのが

⇒就職shop

⇒DYM就職

⇒ジェイック

この3つの就職支援サイト。

いずれも実績、信頼、共に申し分のない就職支援サイトでフリーター就職の心強い味方になってくれる存在です。

優良企業の求人を豊富に見つける事ができるのでブラック企業への就職を避ける事ができ、就業後も安心して働き続けることができる企業に就職をする事ができます。

また、この3つの就職支援サイトには就職をサポートしてくれる就職アドバイザー、そして、書類選考なしで面接を受けられるという大きな魅力もあります。

他の就職サイトにはない魅力がたくさんあり、就職を有利に決める事ができるので現在、フリーターから就職を目指しているフリーターさんには是非、上記でご紹介した3つの就職支援サイトを活用して就活を行なってほしいと思います。

ブラック企業について 記事一覧

ブラック企業体験談@

私は現在、26歳になるのですが初めて就職をした企業は正真正銘のブラック企業でした。頭も良い訳ではなかったので大学や専門学校には進学せず、高卒で就職をしました。当時は料理に興味があり、料理を学びたいという気持ちから飲食業界へ就職をしました。

ブラック企業体験談A

あれは私が28歳の時でした。当時、働いていた会社の突然の倒産によりフリーターになってしまいました。家族もいたのですぐに仕事を見つけなければと思い毎日求人サイトをチェックし、前職よりも高い給料の求人に絞って探していました。もう30歳目前という事もあり、何度も転職を繰り返す事ができないので始めは慎重に求人探しを行っていたのですが、日が経つにつれて妻からの『早く仕事を見つけれ!』という煽りが酷くなっていきました。

ブラック企業体験談B

当時、22歳だった私は正しい転職活動方法や求人の探し方も知らずにただ条件が良い求人に手当たり次第応募していました。前職が飲食店で働いていた事もあり、その時も飲食店の求人に絞って求人を探していました。そして、見つけた求人が居酒屋の求人です。その居酒屋のお店の数は2店舗あり、多少知名度も高いお店でした。

PAGE TOP