【フリーター必見!】就職への近道!就職サイトランキング TOP > 地域別 フリーター就職 > ブラック企業体験談A

即採用=人材不足=ブラック企業

あれは私が28歳の時でした。

当時、働いていた会社の突然の倒産によりフリーターになってしまいました。

家族もいたのですぐに仕事を見つけなければと思い毎日求人サイトをチェックし、前職よりも高い給料の求人に絞って探していました。

もう30歳目前という事もあり、何度も転職を繰り返す事ができないので始めは慎重に求人探しを行っていたのですが、日が経つにつれて妻からの『早く仕事を見つけれ!』という煽りが酷くなっていきました。

1か月近く求人探しを行っていたのですがなかなか良さそうな求人はありません。

そのうち妻はしびれを切らして『何でもいいから早く仕事を見つけて!』と言うようになり、私自身も少し焦りを感じてきました。

その時、ちょうど以前から気になっている求人があり、ずっと募集されていたのでとりあえず応募してみようと思い、履歴書を作成してその企業に送りました。

早速、次の日に返事がきて面接をする事に。

この時におかしいと思った事は面接をするという返事が来た時に今日来てくださいと言われた事です。

えっ?今日?いきなりすぎるのでは?と思いましたが準備はできていたのでその日に行く事になりました。

面接は見事な圧迫面接でした。

何度も嫌味を言われ、そして私の事も全否定です。

その時、この企業は無理だなと判断したのですが、また驚く事が。なんとその場で採用をもらいました。

私も昨日、今日社会人になった人間ではありません。前職では採用を担当する事もありました。私からするとその場で採用をするなんて考えられません。

余程の人材不足だという事が読み取れます。

しかし、実際に働いて見ないとわからない事もありますし、妻にもこれ以上心配をかけたくなかったのでその企業に入社する事にしました。

私が就職した企業は法人向けにビジネスフォンやFAX・コピー機を販売している企業で仕事内容は営業でした。

まず初めに社内研修が1週間行われると聞き、自分的には結構気合を入れて研修に挑みました。

そして、出社初日。研修を仕切っていたのが営業部長でした。面接を担当していた人です。

この営業部長が本当に鬼のような人で。。。面接でもその感じは十分に伝わってきましたが言葉遣いは悪いし、汚い言葉はどんどん使うわ、ほとんどが罵声でした。

同時に入社した人が10人いたのですが全員がもう初日から圧倒されてしまい、自分をうまく出しきれていませんでした。

研修内容も酷い内容でいきなり専門用語を使った訳の分からない質問をされ、答えに詰まっていると罵声を浴びさせられ。原稿用紙10枚の営業マニュアルを渡され1時間で全部暗記しろだの。自社で扱っている商品の事を1週間で頭に入れろだの。覚える事ができなければまた罵声。

この段階でこの企業に入社した事を後悔をしました。

ブラック企業だという事が判明!

こんな感じで1週間の研修が終わろうとしていた時に次の週のスケジュールの発表がありました。

その内容は勤務先から車で5〜6時間離れた所にある街に行き、1週間営業をして来いというものでした。

そして、1台も売る事ができなければ帰ってくるなというおまけつき。率直に『はっ?』と思う内容です。

まだ、営業の実務経験もないのに知らない街に行って営業をしてこいと。。。なんてスパルタな会社なんだともう呆れ笑いです。

この企業では週の頭に地方へ出張を行い、現地で泊まり込んで営業をしているようです。この時に初めて知りました。しかもすべて飛び込み営業です。

家族を持っている私は毎週の平日に家を空けるなんて事できる訳がありません。

しかもよくよく話を聞いてみると休みは週に1回のみ。求人票では完全週休2日制と書かれていたのに。部長の話ではみんな任意で出社してきているとのこと。

給料に関しても求人票に書かれていた内容と全然違い、基本給は最低賃金。結果を残せば報酬が支払われるとの事。

もうはじめと言っていることが全然違います。私だけではなく、同期のみんなも同じ気持ちだったようです。

本当にこれからこんな企業で働く思うと本当に具合が悪くなりました。

しかし、なんとここで救いの手が。研修最終日の最後の時間に部長の口から『この1週間研修を受けて今後うちの会社でやっていく自信がないものは今日で辞めていい。辞めたい奴手を挙げろ』という言葉がでました。

私は迷わず手を挙げました。私だけではありません。同期入社の10人中7人が手を挙げていました。

その時の部長の顔をみたら意外と唖然としていましたね。まさかここまでいるとは思わなかったのでしょう。

手を挙げた私たちはその場で退職手続きを行いさようなら。

妻にも詳しい話を伝えると、それは辞めて正解、おもいっきりブラック企業でしょうと言っていました。

残ったメンバーに後日話を聞いてみると残りの3人も次の週に辞めたみたいです。その中の一人は主張先から逃げ出したと言っていました。

出張に行かなくて本当に良かった思いました。

その後私はなんとか就職を決める事ができ、今でもその企業でお世話になっています。

ブラック企業はよくニュースなどで見ていましたがまさか自分が入った企業がブラック企業だなんて本当にびっくりしました。

今考えると貴重な経験?面白い経験?をする事ができましたね。笑いのネタで結構使わせてもらっています。