TOPページ > フリーターから正社員へ > フリーターの就活方法

心強い味方になってくれる就職エージェント

就活をサポートしてくれる就職エージェント

フリーターの方が正社員を目指して就活を行う際に心強い味方になってくれる存在があります。

それが『就職エージェント』

就職エージェントには就活をサポートしてくれるキャリアコンサルタントがいるので求人探しをはじめ、履歴書・志望動機や面接対策のサポートも受ける事ができるので有利に就活を進めることができ、就職を成功させる可能性も高くする事ができます。

現在、就活を行っているフリーターの方の中には自分ひとりで就活を行う自信がないという方や就活の仕方がわからいという方も多いと思います。

そういった方にとって就職エージェントは心強い味方になってくれます。

自分に合った正社員求人を見つけられる!

就職エージェントを活用する事で自分に合った正社員求人を見つける事も。

様々な職種の正社員求人を豊富に見る事ができ、キャリアコンサルタントも求人探しをサポートしてくれるので自分に合った正社員求人を見つけられる可能性を高くする事ができます。

また、就職エージェントを活用する事で一般には公開されていない非公開求人も豊富に見る事ができるので自分が働きたい企業の正社員求人を見る事ができる可能性も十分にあります。

正社員求人に関する情報も豊富に収集する事ができるので求人探しを有利に行えるでしょう。

求人探しを有利に行いたい方、自分に合った正社員求人を見つけたい方には是非、就職エージェントを利用して求人探しを行って頂きたいと思います。

就職を成功させる可能性を広げる事ができる

就職を成功させる際に重要になる履歴書と志望動機、そして面接。

いくら企業が求めている人材であっても、優秀な人材であっても、この履歴書・志望動機・面接を疎かにしてしまうと採用をもらえる可能性も低くなってしまいます。

正社員として採用をもらうためにも履歴書・志望動機を作成する際には採用担当者に興味を持ってもらう履歴書・志望動機、採用担当者が納得してくれる履歴書・志望動機を作成する必要があります。

また、どんな質問がくるのか、どのような心構えで面接に挑めばいいのか、などしっかり面接対策をする必要もあります。

自分ひとりで就活を行ってるとうまく履歴書・志望動機の作成、面接対策ができないことも多いと言います。

就職エージェントはこういった方の心強い味方にもなってくれます。

採用に有利になる履歴書、志望動機を作成できるようにキャリアコンサルタントが履歴書と志望動機を添削してくれます。

また、どんな状況でもしっかり対応できるようにキャリアコンサルタントが面接対策を行ってくれます。

上記でも述べましたが就職を成功させる際には履歴書・志望動機・面接は重要なものになります。

就職エージェントを活用する事でこれらのサポートも受ける事ができるので正社員として採用をもらえる可能性も広げることができます。

就活に関する情報をしっかり収集する!

就活に関する情報を収集する事は大切

フリーターを脱出して正社員として就職するには、どのような就活を行なうかが運命の分かれ道になります。

就活方法によっては自分に合った求人を見つける事ができなく、いつまでたっても就職できない可能性も十分に考えられます。

逆に効率よく有利に就活を行なう事ができれば、自分が探している正社員求人もすぐに見つける事ができますし、正社員として採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

ここでは現在、フリーターから正社員を目指して就活を行なっている方へ、効率よく有利に就活を行なう方法をご紹介しています。

まず、就活を行なう際にポイントになる事は『就活や正社員求人に関する情報をしっかり収集する』という事になります。

就職をする際、ただ求人を探していれば良いのかと言うとそうではありません。

どうすれば就活を有利に進める事ができるのか、どうすれば自分に合った求人を見つける事ができるのか、どうすれば正社員として採用をもらう事ができるのか、という情報もしっかり収集しなければなりません。

こういった情報をより多く収集する事ができれば就活は有利に進める事ができます。

現在では、ネットや書籍からでも就活に関する情報を収集する事ができます。

自分では気付かなかった事、初めて知る事、などもあるので就活に関する情報を収集する事は大切になってきます。

現在、フリーターから正社員を目指している方はただ、求人を探すのではなく、就活に関する情報もしっかり収集して就活を行なうようにしましょう。

就活・求人探しを有利に行なう方法

求人探しをする際、自分に合った求人を見つける事ができなければ採用をもらってもすぐに辞めてしまう可能性も考えられます。

こういった事を回避するためにも求人探しを行なう際は、自分の希望する条件の求人が見つからなくても妥協しないという事です。

妥協しない求人探しを行なう際に大きな存在になってくれるのが就職支援サイトになります。

就職支援サイトには求人探しをサポートしてくれるキャリアコンサルタントがいます。

あなたと一緒にあなたにぴったりの求人を探してくれるので、自分一人では見つけられなかった求人を見つける事ができたり、あなたが希望する条件の求人をピックアップして紹介くれます。

自分一人で求人探しをするよりも断然有利に求人探しを行なう事ができ、効率よく自分に合った求人を探す事ができます。

他にも上記で述べた就活に関する情報もしっかり収集する事ができ、様々な就活ノウハウを身に付ける事ができるので求人探しだけではなく、就活自体も有利に進める事ができます。

スキル・資格を身に付けてから就活を行う

スキルや資格があった方が就職は有利!

フリーターの場合、多くの方がスキルや資格を身に付けていないと思います。

実際、就活をする際にはスキルや資格があった方が有利に就活を行なう事ができ、求人探しの幅も広げる事ができます。

ですので、自分が働きたいと思っている職種でバイトや派遣などの待遇で働き、スキルを身に付けてから就活を行なう方も多くいると聞きます。

他にも学校に通って資格やスキルを身に付けてから就活を行なう方もいます。

資格を取得していなければ働く事ができない職種もあり、就職をする際にまず資格を取得する方も多くいると聞きます。

現在は資格の時代とも言われており、様々な職種に関連した資格が多くあります。

資格を取得している事で就活の武器になる可能性も十分にあるので就活をする際、資格を持っていて損をする事はないと言っていいでしょう。

このように資格やスキルがあると正社員として採用される可能性を高くする事ができます。

現在、正社員としてなかなか採用をもらう事ができないという方は一度スキルや資格を身に付けてから再度、就活を行なってみてはいかがでしょうか。

就活・求人探しを有利に行える可能性があります。

就職成功アップ!未経験求人は採用されやすい!

フリーターにおすすめ!未経験者でも歓迎している求人

現在、求人サイトなどを見てみると様々な職種の正社員求人を多く見る事ができます。

中には多くのスキルが必要になる求人、専門的なスキルや資格が必要になる求人、未経験からでも応募できる求人と様々な正社員求人を見る事ができます。

フリーターの方の場合、スキルや資格、実務経験がないという方が多いと思います。フリーターの方がスキルや資格が必要になる職種への就職は正直言って難しいと言えます。

フリーターから正社員を目指す際、未経験でも応募する事ができる求人を選ぶと就職ができる可能性が高くなると言っていいでしょう。

未経験者でも歓迎している求人を見てみるとサービス業が多くなっています。飲食業界やアパレル業界、運送関係、接客業、の求人には他の職種の求人と比較して未経験者可の求人を多く見る事ができます。

こういった未経験者を歓迎している求人に絞って応募すれば正社員として採用をもらえる可能性も高くする事ができます。 未経験可の求人を豊富に持っている就職サイト

フリーター向けの就職サイトの中には未経験可の求人を豊富に持っている就職サイトもあります。

フリーターの方にとって未経験者の求人を豊富に見る事ができる就職サイトは大きな存在になってくれます。

自分に合った正社員求人を見ることもでき、求人探しも有利に行う事ができます。

キャリアコンサルタントもいるので就活自体も有利に行えるので、フリーターから正社員を目指して就活を行っている方は未経験可の求人を豊富に持っている就職サイトを利用して就活・求人探しを行う事をおすすめします。

フリーター就職 履歴書の作成ポイント

採用担当者が履歴書のどこを見ているかを把握する

現在、フリーターから就職を目指している方の中には履歴書の作成で苦労している方も多いのではないでしょうか。

就職を決めるには履歴書の作成は避けては通れないものになります。

就職を目指す場合の履歴書はバイトの履歴書とは全く違い、バイト感覚で履歴書を書いていては採用をもらう事はまず難しいといっていいでしょう。

就職を目指す際の正しい履歴書の書き方を身に付けなければ書類選考を通過する事ができなく、採用をもらう事もできません。

次は採用に有利になる履歴書の書き方をご紹介しています。

現在、履歴書の作成で苦労している方に参考にして頂きたいと思います。

まず、採用担当者が履歴書のどこを見ているかをしっかり把握しましょう。

この事をしっかり把握する事ができれば採用に有利になる履歴書を作成する事ができます。

履歴書の写真は重要

採用担当者がまず初めに履歴書で見るところは『写真』になります。

この写真であなたの第一印象が決まります。

極端に言ってしまえば、ボサボサな髪の毛で表情が暗い、服装にも乱れがある写真ですと採用担当者に与える第一印象は最悪なものになってしましまいます。

そうならないためにも写真からでもわかるような清潔感のある髪形や身だしなみ、明るい表情で写真を撮るようにしましょう。

また、最近では簡単に撮影する事ができるという事でスピード写真を利用して履歴書の写真を撮る方がいますがスピード写真で撮影する事はおすすめしません。

履歴書に使う写真は写真屋さんで撮る事をおすすめします。

出来映えを見てもらえばわかると思いますが写真屋さんで撮影した写真の方が断然出来映えは良いです。

カメラマンも表情や髪形、服装について指摘してくれますので履歴書にふさわしい写真を撮影する事ができます。

見やすい履歴書を作成する

次に採用担当者が見るところは『見やすい履歴書なのか』です。

字が汚い、キレイではなく、字の大きさが均等か?文字が曲がっていないか?誤字・脱字がないか?という点を見ています。

ここでもし誤字・脱字があったり、文字の大きさがバラバラ、文字が曲がっている履歴書ですと、採用担当者に丁寧さが欠けると判断されてしまい、がさつな性格、適当な性格、大雑把な性格という印象を与えてしまう事になります。

これらはすべてマイナスになるイメージですので履歴書を作成する時は慎重に、丁寧に書くという事を意識して作成しましょう。

字が汚くても慎重、丁寧に書く事ができれば見やすい履歴書を作成する事は可能です。

ただし、見てわかるような殴り書きはよくありませんので一文字一文字時間をかけて丁寧に書くようにしましょう。

良い印象を与えられる履歴書を作成する

履歴書を作成する際にポイントになる事は採用担当者に少しでも興味を持ってもらう事になるので、上記でご紹介してきた事を参考にして頂き、好印象を与える事ができる履歴書を作成する事ができれば書類審査を突破できる可能性も出てきます。

履歴書では他にも志望動機・自己PRも重要になってきますのがこの2つの事に関しては下記でご紹介していることを参考にしてください。

フリーター就職 志望動機の作成ポイント

志望動機は採用の合否を決める重要なもの

履歴書を作成する際や面接を受ける時に志望動機は必ず必要になります。

そして、この志望動機は採用の合否を決める重要なものになります。

就職を成功させるためにも正しい志望動機の書き方を身に付け、企業の採用担当者に納得してもらえる志望動機を作成するようにしましょう。

就活で重要になる志望動機を作成する際のポイントをご紹介したいと思います。

現在、正社員を目指して就活を行なっているフリーターの方に参考にして頂きたいと思います。

採用担当者が志望動機で何を見ているのかを把握する

まず、企業の採用担当者が志望動機を見る際にどんなことに重点を置いて見ているのかを把握しましょう。

採用担当者が志望動機を見る際には、「志望意欲」と「自社が求める人材であるか」を見極めていると言われています。

応募者がうちの企業で働きたい意欲はどのくらい強いのか、他にも多くの企業があるのになぜうちの企業を選んだのか、そしてうちの企業が求める人材なのか、を見極めています。

ですので、志望動機を考える際には『この仕事に興味があったから』『将来性を感じたから』といった抽象的な誰にでも書ける内容ではなく、『御社のどういう所に惹かれ、自分が御社で何をしたいのか』をより具体的に考えるようにしましょう。

ここでポイントになる事は、その企業の社風や事業内容を織り交ぜて志望動機を作成する事です。

企業の特徴や事業内容をしっかり把握して、その企業で自分にできる事、その企業で自分がしたい事を採用担当者に伝える事ができる志望動機を作成する事が重要になってきます。

志望動機をより具体的にする事でオリジナルな志望動機を作成する事ができ、採用担当者にも好印象を持ってもらう事ができるでしょう。

書類選考を突破するカギは志望動機

書類選考を突破する際にカギになるのは志望動機といってもいいです。

どんなにキレイな履歴書を作成したとしても採用担当者に響かない志望動機ですと書類選考を通過する事はできません。

採用担当者の心に響く志望動機を作成するためにも応募する企業の事を徹底的に調べ、企業で何をしたいのかを伝える事ができるオリジナルの志望動機を作成しましょう。

過去の職歴などがないフリーターが正社員を目指す際、志望動機は特に重要になります。

なかなか書類選考が通らないという方は志望動機に原因がある場合があります。

現在、フリーターから正社員を目指している方は上記でご紹介してきた事を参考にして採用担当者に納得してもらえるオリジナルの志望動機を作成してもらいたいと思います。

フリーター就職 自己PRの作成ポイント

企業に自分の事をしっかりアピールする事は重要!

次は自己PRを作成する際にポイントになる事をご紹介します。

フリーターから正社員を目指す場合、企業に自分の事をしっかりアピールする事も重要になってきます。

フリーターの場合、過去の職歴がないためアピールする部分が少ないですが、自分の中でアピールできるものを積極的に企業にアピールする事で企業の採用担当者に興味を持ってもらえる可能性も十分にあります。

書類選考を突破するためにも企業に自分の事をしっかりアピールしましょう。

企業がどんな人材を求めているのかを把握する

自己PRを作成する際、まず企業がどんな人材を求めているのかをしっかり把握しましょう。

企業は人材を募集する際、必ずどんな人材が欲しいのかを決めています。

求人情報や企業のホームページを見て、どのような人材を求めているのかを確認してみましょう。

そして、自分がその求める人材だという事を具体的にアピールしてく事がポイントになります。

企業が求める人材を確認しないで、自分の事をアピールしても的外れの場合は採用をもらえる可能性は低くなってしまいます。

ですので自己PRを作成する際には企業が求める人材に合わせて作成するようにしましょう。

企業で自分が活かせるスキルを探す

他にもその企業で自分が活かせるスキルなどがある場合は積極的にアピールしましょう。

この時にポイントになる事は具体的に書く事です。

『自分が身に付けいてスキルを企業ではこういう時に活かす事ができます』というような見た人にしっかり伝える事ができるように書いていきましょう。

学生時代に率先して取り組んだ事、学生時代にバイトをした経験、などの事から企業で働いた時に活かす事ができるもの見つける事ができれば自分の事をしっかりアピールする事ができます。

採用担当者に少しでも興味を持ってもらう事ができれば、書類選考を突破できる可能性も高くなるので自分をしっかりアピールできる自己PRを作成しましょう。

自己分析をして自分の長所を探す

また、自己分析をして自分がどんなタイプの人間なのかを把握していると自分のアピールポイントを探す際に便利です。

自己分析をする事で自分の内面を知る事ができます。

自分の事を良く知っている家族や友人に自分がどんな性格なのか、自分の良い所・悪い所を聞いてみましょう。

自分では今まで気付かなかった部分を発見できる可能性もあるので自己分析をする事はおすすめできます。

自己分析をして自分の長所はこの企業で活かす事ができるのかも考えてみましょう。

もし、活かす事ができればしっかりアピールしましょう。

フリーター就職 職務経歴書の作成ポイント

自分の事をアピールできる職務経歴書

求人に応募する際に企業へ履歴書を送る事になります。

履歴書ではフォーマット通りに必要な事を記入していきますが、文字数に限度がありますので履歴書だけでは自分のアピールしたい事を十分に伝えることができない事が多くあります。

書類選考ではいかに自分の事をアピールするかが重要になってきます。

自分の事をしっかりアピールし、企業の採用担当者に興味をもってもらわないと書類選考を通過する事は難しくなってしまいます。

ですので、求人に応募する際には履歴書だけではなく『職務経歴書』も一緒に送付する事が必要になります。

求人によっては履歴書と職務経歴書の両方を送付してくださいと書いている求人や履歴書のみを送付してくださいという求人もあります。

履歴書のみと書かれている求人でも職務経歴書を作成して送付するようにしましょう。

職務経歴書とはどういうもの?

では、この職務経歴書とはどういうものなのでしょうか。

基本的に職務経歴書には自分の過去の職歴を記載し、どんな企業にいたのか、どんな仕事をしてきたのか、どんなスキルを身につけてきたのか、などを企業側に伝えるものになります。

履歴書では今までの学歴や職歴だけを記載するだけでしたが、職務経歴書がある事で自分のより詳しい学歴や職歴を企業に伝えることができます。

また、学歴や職歴以外にも志望動機や自己PRを書く事もできます。

履歴書と違い職務経歴書には文字制限がないので企業側にしっかり自分の事、企業で働きたい意欲をしっかりアピールする事ができます。

このように企業の採用担当者に自分の事をアピールするためには職務経歴書を作成することは必須になり、職務経歴書を作成し、自分の事をしっかりアピールする事ができれば書類選考を通過できる可能性も高くする事ができます。

職歴がなくても職務経歴書は書ける!

しかし、フリーターの方ですと職歴はないので職務経歴書を作成できないと思われている方も多いと思いますが、職歴がなくても職務経歴書はかけます。

学生時代に取り組んできた活動やサークル、部活、バイトなど、その中で自分は何をやってきたのか、どんな事を学んだんか、などを書く事ができます。

企業側はそういうところでもあなたがどんな人間なのかを見る事ができます。

他にも上記で述べたように自己PRや志望動機もかけるので職歴がなくても自分の事をしっかりアピールする事ができます。

自分の事をアピールする際、職務経歴書があるのとないとでは大きな違いがでてきます。

採用をもらうためにも職務経歴書は必要なものになります。

フリーター就職 面接対策ポイント

面接は対策が重要

就活の最終難問になるのが面接です。</p>

面接は採用の合否を決定する重要なものになり、就職を成功させるためにも面接に挑む際にはしっかりと面接対策を行う事は必須になります。

面接の際、面接官がどんな事を見ているのかを把握し、どんな質問がきてもしっかり対応できるように準備をしときましょう。

現在、フリーターから正社員を目指している方へ面接に挑む際にポイントになる事をご紹介しています。

面接の流れ・聞かれる質問を把握する

まずは面接の流れをしっかり把握する事です。

また、どんな質問をされるのかという事もしっかり把握しときましょう。

これらの事を把握して面接に挑むことができれば面接もスムーズに行う事ができ、緊張も抑える事ができます。

面接の流れは、

  • 1.入室、着席
  • 2.自己紹介
  • 3.質疑応答
  • 4.企業への質問
  • 5.退席、退室

になります。

入室・退室、着席・退席をする際にはマナーがあり、このマナーを身につける事も面接に挑む際には大切になってきます。

ビジネスマンとしての礼儀作法を身に付け、面接に挑むようにしましょう。

次に面接時に質問される内容です。

主な質問は、

  • ・志望動機
  • ・自己PR
  • ・将来の夢
  • ・企業で何をやりたいのか?
  • ・長所、短所

などです。

他にも質問される項目は多くあるので、どんな質問がきてもしっかり返答できるように答えを準備しときましょう。

答えを考える時も面接官に好印象を与える事ができる答えを考えると採用をもらえる可能性も高くなるでしょう。

面接官は何を見ているのか?

面接官が何を見ているのかも把握しましょう。

面接官がどんな事をチェックしているのかを把握する事ができれば前もって対策する事ができ、面接では有利になる事ができます。

基本、面接官が見ている項目は身だしなみ・礼儀・言葉使い・振る舞い方などのビジネスマナーや企業が求めている人材なのかを見極めています。

フリーターの場合は職歴や身につけているスキルが少ないため、ビジネスマナーは非常に重要になってきます。

面接にふさわしい、社会人としてふさわしい身だしなみ・礼儀・言葉使い・振る舞い方をしっかり身につけて面接に挑むようにしましょう。

身だしなみが整っていれば面接官に良い第一印象を与える事ができます。

面接官にとって第一印象は重要で第一印象を見て採用を決める面接官も多いと聞きます。

他にも自分の事をしっかりアピールできるように準備をする事も忘れてはいけません。

自己PRをして企業にとって自分はどんな存在になるのか、企業で自分にできることはなにか?企業でしたいことはなにか?などの事を明確にして自分の事をアピールするようにしましょう。

上記でご紹介してきた事を頭に入れて面接対策を行う事ができれば面接を有利に進めることができ、採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

フリーター就職におすすめの記事

現在、就活を行なっているフリーターの方の中には未経験の職種へ就職をお考えの方も多いと思います。求人の中には実経験が必須になる求人もありますが、未経験者でも歓迎している求人を探す事ができれば未経験からでも就職をする事は可能です。

高卒フリーターの方が就職を目指して就活を行なう際、不利になる事が多く、ただ就活をしていても正社員として採用をもらう事は難しいです。高卒フリーターの方はこの不利な状況を補うためにも就活を行なう際には色々と工夫をして就活に取り組む事が必要になります。

人材募集をしている企業の採用担当者も就職浪人には良い印象を持たずにマイナスの印象を抱えてしまうそうです。これでは就職浪人をしている方は不利な状況で就活を行わなければなりません。不利な状況で就活を進めても就職の成功率は低くなるので、この不利な状況を有利な状況に覆す事がポイントになります。

ニートでも就職ポイントをしっかり押さえる事でスムーズに就活を行なって行く事ができますし、自分に合った仕事をみつける事は可能です。また、今では就職をサポートしてくれる就職支援サイトも多く誕生しているので就職支援サイトを味方に付ければ有利に就職を決める事もできます。

現在では、フリーターを歓迎している求人、未経験者を歓迎している求人、もっと視野を広げれば既卒・第二新卒を歓迎している求人も頻繁に見れるようになっているので積極的に就活を行えば既卒フリーターからでも正社員就職を決められる可能性は十分にあります。

PAGE TOP