TOPページ > フリーター就職 WEB業界 > フリーターからWEBデザイナーへ就職

フリーターからWEBデザイナーへ就職を望んでいる方へ

センスがあればフリーターからでも就職は可能!

人気の高い職種のひとつにWEB業界のお仕事があります。

WEB業界とひとことで言っても様々な職種があります。

WEB業界の主な職種はWEBディレクター、WEBデザイナー、WEBプログラマー、コーダー、などあります。

この中でも特に人気の高い職種がWEBデザイナーになると言います。

フリーターで就活を行なっている方からも人気が高く、WEBデザイナーへの就職を希望されるフリーターも多いと聞きます。

WEB業界のお仕事はクリエイティブ(もの作り)なお仕事になり、まず求められるものはセンスです。

人材を募集しているWEB業界の企業の多くがセンスを重視して採用を決めるようです。

WEBデザイナーにもセンスが重要視され、求人に応募する際にポートフォリオの提出を必須項目にしている求人もあります。

実際にその人が制作した作品を見て、センスがあるかないかを見極めていると言います。

このようにセンスが求められるWEBデザイナー。

過去の職歴や学歴は関係なく、センスが企業に認められればフリーターからでもWEBデザイナーへ就職する事は十分に可能です。

現在、WEB業界のお仕事の需要も高く、将来性もあるお仕事になるので就職するにはおすすめできる職種のひとつになります。

WEBデザイナーに必要なスキルを身に付けて就活を!

WEBデザイナーにはセンスの他にも技術も必要になります。

WEBデザイナーの技術というのはイラストや写真を制作・加工できるソフトを使いこなせる事になります。

こうしたスキルがあれば即戦力になれる可能性もあるので採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

最近ではWEBデザイナーを養成している機関も多くあるのでそういった機関でスキルを身に付けてから就活を行う方法もあります。

資格の取得も支援してくれるので取る事ができる資格は積極的に取るといいでしょう。

資格は就活の大きな武器にする事ができます。資格があればスキルがあるという事を証明する事ができるので就活も有利に行う事ができます。

WEBデザイナーには上記でご紹介してきたようにセンスとスキルがあれば採用をもらえる可能性を高くする事ができます。

未経験者を歓迎している求人も多く見る事ができるのでフリーターの方でも就職しやすい職種になります。

現在、デザインに興味があるフリーターの方やもの作りが好きなフリーターの方はWEBデザイナーへ就職する事も選択肢のひとつに入れて就活・求人探しをしてみてはいかがでしょうか。

WEBデザイナーに向いている人ってどんな人?

WEBデザイナーの適正

WEBデザイナーへ就職をお考えのフリーターの方へ。

WEBデザイナーには向き不向きがあるのか?気になっている方も多いと思います。

WEBデザイナーだけではなく、どのお仕事にも向き不向きはあります。

そのお仕事に向いていれば仕事も楽しく、スキルも苦労しなく身に付けることができますが、不向きの場合は仕事にやりがいを感じることもできませんし、スキルを身につけるのにも時間がかかってしまう場合もあります。

現在、WEBデザイナーへの就職を希望しているフリーターの方は自分はWEBデザイナーに向いているのか確認しましょう。

ここでは『WEBデザイナーに向いている人』をご紹介しています。

WEBデザイナーに必要なもの

まず、WEBデザイナーに向いている人はこんな項目が挙げられます。

1.様々な情報を積極的に収集できる。
2.わからない事があっても調べて自分で解決できる。
3.好奇心がある、新しいことを積極的に学べる。
4.周囲の人とコミュニケーションがとれる。
5.デザインに興味がある。
6.なぜ?どうして?を考えることができる。
7.物事を客観的に見る事ができる

以上の7つの項目が挙げられます。

WEBデザイナーが働くWEB業界は成長のスピードが早く、次から次へと新しい知識や技術が誕生しています。

WEBサイトの制作に関する技術も次から次へと新しい事が増えてきています。

1年前に流行っていたことが現在では違うものが流行っているなんて良くあることです。

WEBデザイナーとして業界の最前線で活躍するにはこうした新しい事に常に敏感になっていなくてはいけなく、そしてその技術を身につける事が大切になってきます。

このように常に様々な情報を収集する、新しい事を積極的に身につける事はWEBデザイナーには特に必要になってきます。

WEBデザイナーに向いていない人

逆にWEBデザイナーに向いていない人は、上記でご紹介してきた事と逆の人です。

情報に鈍感な人、わからない事があるとすぐに誰かを頼りにする、もしくはわからないままにする人、になります。

WEBデザイナーは過去の職歴や学歴よりもセンスとやる気が重視される職業だと言われています。

スキルがなくても率先してスキルを身につける事ができればWEBデザイナーになることは可能です。

未経験者を歓迎している企業も多くあるので、履歴書や面接時には上記でご紹介してきたWEBデザイナーに必要な事をアピールする事ができれば採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

未経験からでもWEBデザイナーになれるのか?

未経験からでもWEBデザイナーになる事は可能

インターネットが普及している現在、様々な情報をインターネットから収集している方も多いと思います。

この情報を掲載しているサイト・ブログの制作に携わる事ができるWEBデザイナーは現在、なくてはならない職種のひとつになります。

現在、フリーターから就職をお考えの方の中にもWEBデザイナーになる事を目指して就活を行なっている方も多いのではないでしょうか?

しかし、フリーターからWEBデザイナーになろうとした時に気になる事は『未経験からでもWEBデザイナーになれるのか?』という事ではないでしょうか。

まず、結論から言いますと未経験からでもWEBデザイナーになる事は可能です。

過去の職歴や学歴よりもその人のセンス、感性が重視される職種です。

あなたのセンス・感性が企業側に認められればたとえWEBデザイナーとしての実務経験がなくても就職する事は可能です。

実際にWEB業界の求人を見てみると未経験を歓迎ししている求人を多く見る事ができます。

WEB制作会社の中にはセンスのある人材を発掘するために常に求人を掲載している企業もあると言います。

センスを証明できるポートフォリオを制作する

現在、WEB業界で活躍しているWEBデザイナーの中には未経験からWEB業界飛び込んだ方も多くいると聞きます。

独学で勉強をしてひとつの作品(ポートフォリオ)を制作し、そのポートフォリオを武器に就活をして就職を成功させた方は多くいると言います。

やはり、企業に自分のデザインのセンスを見てもらうにはひとつの作品を制作してみてもらう事です。

求人の中にはポートフォリを提出を必須条件にしている企業も多くあります。

このポートフォリオを見て企業はその人にデザインのセンスがあるか見極めています。

現在、WEBデザイナーへの就職を希望しているフリーターの方は、まずポートフォリの制作から取り掛かる事をおすすめします。

デザインを制作するソフトに関する知識も必要

ポートフォリオ制作する際、デザインを制作するソフトに関する知識も必要になってきます。

多くのWEB制作会社で使われているデザインを制作するソフトはIllustratorとPhotoshopになります。

これらのIllustrator・Photoshopのスキルを習得できる書籍なども多く売られています。
また、インターネットでもIllustrator・Photoshopに関する情報を公開しているサイトも多くあります。

こういった書籍やインターネットをうまく活用する事ができればIllustrator・Photoshopのスキルを身に付ける事ができます。

Illustrator・PhotoshopのスキルがあるとWEB制作会社側も即戦力になると判断してくれますので採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

冒頭でも述べましたがWEBデザイナーは未経験からでも就職が可能な職種のひとつになります。

ポートフォリオを制作するなどある程度の勉強や本人の努力も必要になりますが、フリーターからWEBデザイナーを目指している方にも就職できるチャンスはあります。

WEBデザイナーのやりがいって何?

仕事をする上でやりがいはとても大切

仕事をする上でやりがいはとても大切になる事です。

やりがいを求めて仕事をしている方は多くいます。

仕事にやりがいがあると仕事への意欲も高まりますし、積極的に様々な事を学ぼうとする姿勢を作る事ができます。

WEBデザイナーにも多くのやりがいがあります。

ここではWEBデザイナーのやりがいについてご紹介しています。

自分の作品が形になっていつまでも残る

WEBデザイナーのやりがいはなんと言っても自分の作品が残るという事です。

自分一人でひとつの作品を制作した事でももちろんやりがいを得る事ができますが、それ以上に自分の作品が形になっていつまでも残る事が大きなやりがいに繋がります。

自分がデザインしたWEBサイトやWEBページがサーバーにアップされている限りインターネットが使える環境ですとどこからでも見る事ができます。

国内はもちろん海外からでも見る事が可能ですので自分が制作したデザインは全世界の人が見る事ができます。

このように自分の作品がいつまでも残せる、色々な人に見てもらう事ができるという事がWEBデザイナーとして仕事をする際の大きな魅力になります。

制作に携わった全員でやりがいを得る事もできる

企業の規模ややり方によってはチームを作ってひとつのWEBサイトを制作していく事もあります。

WEBデザイナーの他にもプログラマーやコーダー、プロデューサー、ディレクターが協力してWEBサイトを制作する事があります。

WEBデザイナーはサイトのデザインを担当していく事になり、サイトのページ数が多ければ多いほど多くのデザインを作成していきます。

サイトの規模が大きいければ大きいほど制作に携わる人数も増えていき、みんなで力を合わせてひとつのWEBサイトを制作していきます。

こうして多くの人が携わってひとつのWEBサイトを制作した時、制作に携わった全員で大きな達成感とやりがいを分かち合う事ができます。

こういった事もWEBデザイナーのやりがいになる事です。

フリーターにおすすめできるお仕事

現在、仕事にやりがいを求めているフリーターの方にはWEBデザイナーはおすすめできるお仕事になります。

WEBデザイナーは未経験からでも就職する事が可能な職種だとも言われているのフリーターからでもWEBデザイナーになる事は十分に可能です。

求人でもWEBデザイナーの求人は比較的多く見る事ができるので求人探しも有利に行えると思います。

現在、フリーターから正社員を目指して就活を行なっている方にはWEBデザイナーはおすすめできる職種のひとつになります。

フリーター就職におすすめの記事

現在、就活を行なっているフリーターの方の中には未経験の職種へ就職をお考えの方も多いと思います。求人の中には実経験が必須になる求人もありますが、未経験者でも歓迎している求人を探す事ができれば未経験からでも就職をする事は可能です。

高卒フリーターの方が就職を目指して就活を行なう際、不利になる事が多く、ただ就活をしていても正社員として採用をもらう事は難しいです。高卒フリーターの方はこの不利な状況を補うためにも就活を行なう際には色々と工夫をして就活に取り組む事が必要になります。

人材募集をしている企業の採用担当者も就職浪人には良い印象を持たずにマイナスの印象を抱えてしまうそうです。これでは就職浪人をしている方は不利な状況で就活を行わなければなりません。不利な状況で就活を進めても就職の成功率は低くなるので、この不利な状況を有利な状況に覆す事がポイントになります。

ニートでも就職ポイントをしっかり押さえる事でスムーズに就活を行なって行く事ができますし、自分に合った仕事をみつける事は可能です。また、今では就職をサポートしてくれる就職支援サイトも多く誕生しているので就職支援サイトを味方に付ければ有利に就職を決める事もできます。

現在では、フリーターを歓迎している求人、未経験者を歓迎している求人、もっと視野を広げれば既卒・第二新卒を歓迎している求人も頻繁に見れるようになっているので積極的に就活を行えば既卒フリーターからでも正社員就職を決められる可能性は十分にあります。

PAGE TOP