【フリーター必見!】就職への近道!就職サイトランキング TOP > WEBデザイナーへ就職 > 未経験からWEBデザイナーになる

未経験からでもWEBデザイナーになる事は可能

インターネットが普及している現在、様々な情報をインターネットから収集している方も多いと思います。

この情報を掲載しているサイト・ブログの制作に携わる事ができるWEBデザイナーは現在、なくてはならない職種のひとつになります。

現在、フリーターから就職をお考えの方の中にもWEBデザイナーになる事を目指して就活を行なっている方も多いのではないでしょうか?

しかし、フリーターからWEBデザイナーになろうとした時に気になる事は『未経験からでもWEBデザイナーになれるのか?』という事ではないでしょうか。

まず、結論から言いますと未経験からでもWEBデザイナーになる事は可能です。

過去の職歴や学歴よりもその人のセンス、感性が重視される職種です。

あなたのセンス・感性が企業側に認められればたとえWEBデザイナーとしての実務経験がなくても就職する事は可能です。

実際にWEB業界の求人を見てみると未経験を歓迎ししている求人を多く見る事ができます。

WEB制作会社の中にはセンスのある人材を発掘するために常に求人を掲載している企業もあると言います。

⇒WEBデザイナー求人が豊富に見つかる就職サイト『ワークポート』

センスを証明できるポートフォリオを制作する

現在、WEB業界で活躍しているWEBデザイナーの中には未経験からWEB業界飛び込んだ方も多くいると聞きます。

独学で勉強をしてひとつの作品(ポートフォリオ)を制作し、そのポートフォリオを武器に就活をして就職を成功させた方は多くいると言います。

やはり、企業に自分のデザインのセンスを見てもらうにはひとつの作品を制作してみてもらう事です。

求人の中にはポートフォリを提出を必須条件にしている企業も多くあります。

このポートフォリオを見て企業はその人にデザインのセンスがあるか見極めています。

現在、WEBデザイナーへの就職を希望しているフリーターの方は、まずポートフォリの制作から取り掛かる事をおすすめします。

デザインを制作するソフトに関する知識も必要

ポートフォリオ制作する際、デザインを制作するソフトに関する知識も必要になってきます。

多くのWEB制作会社で使われているデザインを制作するソフトはIllustratorとPhotoshopになります。

これらのIllustrator・Photoshopのスキルを習得できる書籍なども多く売られています。
また、インターネットでもIllustrator・Photoshopに関する情報を公開しているサイトも多くあります。

こういった書籍やインターネットをうまく活用する事ができればIllustrator・Photoshopのスキルを身に付ける事ができます。

Illustrator・PhotoshopのスキルがあるとWEB制作会社側も即戦力になると判断してくれますので採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

冒頭でも述べましたがWEBデザイナーは未経験からでも就職が可能な職種のひとつになります。

ポートフォリオを制作するなどある程度の勉強や本人の努力も必要になりますが、フリーターからWEBデザイナーを目指している方にも就職できるチャンスはあります。

⇒WEBデザイナー求人が豊富に見つかる就職サイト『ワークポート』