TOPページ > フリーター就職 営業職 > 営業に向いている人

営業マンの向き・不向き

営業に向いている人はどんな人?

現在、営業マンになる事を目指して就活を行っているフリーターの方へ。

ここでは営業に向いている人はどんな人なのかをご紹介しています。

仕事には向き不向きがあります。向いている仕事ですとスキルも身につきやすいですし、仕事にもやりがいをもつ事ができ、楽しみながら仕事をする事ができます。

しかし、逆に不向きな場合は、仕事が楽しくなく、やりがいも持てず、自分はなんのために仕事をしているだろうと感じてしまい仕事に対する意欲上がらなくなってしまいます。

営業職に就職をする事をお考えのフリーターの方は後悔のしない就職を行うためにも自分は営業に向いているのか向いていないのかをしっかり見極めるようにしましょう。

営業マンにコミュニケーション能力は必須

営業マンは毎日多くの人に会うことになります。

毎日たくさんの人に合ってコミュニケーションをとる事が必要になるお仕事になります。

人と接することが苦手、コミュニケーションをとることが苦手、という方は営業の仕事には向いていません。

営業は企業の顔とも言われる職種になります。

営業マン次第で会社の売上あは大きく左右されます。

コミュニーケーション能力が高い人ほど営業成績も高い傾向にあります。

成績が悪ければプレッシャーもかかり、精神的に追い込まれる事もあります。

現在、フリーターから営業に就職を考えの方は自分にコミュニケーション能力があるのか?人を接することが得意なのか?をもう一度確認してみましょう。

メンタルが強く前向きな人は営業マンに向いている

他にも営業マンに向いている人の特徴を挙げると前向きな方という事が挙げられます。

上記でも述べましたが営業はストレスやプレッシャーが多くかかってくる仕事になります。

成績が悪い、自分の思うようにいかない、などの時でも常に前を向いて行くしかありません。

モチベーションが下がると仕事にも悪影響が及びますので常に前向きで高いモチベーションを維持することが必要になります。

なにか失敗したりしてもすぐに気持ちを切り替えることができる人は営業の仕事に仕事に向いていると言えるでしょう。

営業マンには向上心・好奇心も必要

営業マンは常に向上心を持って仕事に取り組まなければいけません。

自社で扱っている商品の事はもちろんしっかり把握していけないといけません。

商品の入れ替わりが多い企業もあり、常に新しい知識を身につけていかなければなりません。

自社で取り扱っている商品以外にもビジネスマナーなどに関するスキルも必要になってきます。

また、お客様とコミュニケーションをとるために様々な情報も収集しなければいけません。

テレビや新聞、雑誌などで情報を収集する事も営業マンの仕事のひとつになります。

常に色々な情報を収集できるように幅広い好奇心を持っている方も営業マンに向いていると言えます。

フリーター就職におすすめの記事

現在、就活を行なっているフリーターの方の中には未経験の職種へ就職をお考えの方も多いと思います。求人の中には実経験が必須になる求人もありますが、未経験者でも歓迎している求人を探す事ができれば未経験からでも就職をする事は可能です。

高卒フリーターの方が就職を目指して就活を行なう際、不利になる事が多く、ただ就活をしていても正社員として採用をもらう事は難しいです。高卒フリーターの方はこの不利な状況を補うためにも就活を行なう際には色々と工夫をして就活に取り組む事が必要になります。

人材募集をしている企業の採用担当者も就職浪人には良い印象を持たずにマイナスの印象を抱えてしまうそうです。これでは就職浪人をしている方は不利な状況で就活を行わなければなりません。不利な状況で就活を進めても就職の成功率は低くなるので、この不利な状況を有利な状況に覆す事がポイントになります。

ニートでも就職ポイントをしっかり押さえる事でスムーズに就活を行なって行く事ができますし、自分に合った仕事をみつける事は可能です。また、今では就職をサポートしてくれる就職支援サイトも多く誕生しているので就職支援サイトを味方に付ければ有利に就職を決める事もできます。

現在では、フリーターを歓迎している求人、未経験者を歓迎している求人、もっと視野を広げれば既卒・第二新卒を歓迎している求人も頻繁に見れるようになっているので積極的に就活を行えば既卒フリーターからでも正社員就職を決められる可能性は十分にあります。

PAGE TOP