【フリーター必見!】就職への近道!就職サイトランキング TOP > フリーターについて

フリーターについて 記事一覧

フリーターって何?

フリーターという言葉は『フリーのアルバイトをする若者』という意味が込められてでできた言葉になると言います。学校を卒業したがなにかしらの理由で正社員として就職をしないでアルバイトで生活をしている方がフリーターと呼ばれています。厚生労働省はフリーターの定義を「年齢は15歳から34歳で在学せず(女性はさらに未婚の者)「アルバイト・パート」雇用の者と、現在無業であって「アルバイト・パート」の仕事を希望する者」としています。

フリーターってどのくらいいるの?

フリーターや離職者の数が多いという事が社会問題になっている現在、フリーターの方はどのくらいの数いるのでしょうか。2013年度の調査ではフリーターと呼ばれる人は約182万人いる事がわかっています。男性と女性の割合をみると女性の方が多くなっており、2012年と比べると約2万人も増えているようです。

フリーターのメリット・デメリット

現在、フリーターとして生活をしている方は多くいます。フリーターでいる事で良い事もあれば悪い事もあります。ここではフリーターのメリット・デメリットをご紹介しています。まず、フリーターのメリットから見ていきましょう。フリーターのメリットはなんといっても自由だという事です。

フリーターの将来性

10代や20代の方は今はフリーターでも良いかもしれませんが30代、40代になった時に苦労する可能性が高いです。30代になってからの就職は正直に難しいです。特に過去の職歴やスキルが何もない状態からの就職は不利になる事が多いです。

フリーターの生涯年収

ここではフリーターの生涯年収についてご紹介しています。フリーターと正社員では年収に大きな差がでてきます。これが生涯で見た場合どのくらいの差になるのでしょうか。厚生労働省の調査では現在、フリーターの平均年収は約150万になるようです。20歳から定年になる60歳までの40年間働いたとしてフリーターの生涯年収は約6千万円になります。

フリーターから正社員へ

現在、フリーターとして生活をしている方の中には就職をしたい、このままでは将来が不安だ、という危機感を持っている方も多いと思います。正直に言うとフリーターの将来性は低く、10代や20代の時はフリーターでも良いかもしれませんが、30代や40代になった時には苦労する事が多くなります。

保証・保険なし!フリーターの現実

フリーターには自由に働く事ができるというメリットがあります。いくつものバイトを掛け持ちする事で正社員以上の月収を稼ぐ事も可能です。正社員としての責任ものしかかってきませんし、嫌な人が職場にいればすぐにバイトを変えればいい話ですし、楽な気持ちで仕事をする事ができます。

転職に失敗してフリーターになってしまったら

現在、フリーターとして生活をしている方の中には転職に失敗してフリーターになられた方も多くいるのではないでしょう。転職に失敗してフリーターになったからといって諦めてはいけません。まずは転職に失敗した理由を見つけましょう。ここで転職活動の反省をして転職に失敗した理由を見つける事ができれば次の就職にしっかり繋げる事ができます。

フリーターの一人暮らし

フリーターでも一人暮らしをする事は可能です。しかし、収入が少ない分お金に関してはしっかり考える必要があります。まず、知っておかなければいけない事は1か月にかかるお金です。家賃、光熱費、食費、保険料、など1人暮らしをする場合には必ず必要になってくるお金があります。

フリーターの税金

国民には税金を納める義務があります。フリーターだからと言って税金を払わなくてもいい訳ではなく、フリーターにも税金を納める義務はしっかりあります。フリーターが払わなければいけない税金は所得税と住民税の2つになります。所得税は収入によって異なり、8万8千円以上の収入がある場合は所得税が引かれます。

フリーターのカードローン

フリーターでもクレジットカード持っている方は多くいると思います。特に過去に社会人経験がある方のほとんどがクレジットカードを持っているのではないでしょうか。フリーターの場合でも一度、カードを作ってしまえば使用する事は可能です。また、金融会社の中にはフリーターでもクレジットカードを作れたりもします。

フリーターの結婚

フリーターは結婚できるか?できないか?ここではフリーターの結婚について触れています。現在、フリーターとして生活を送っている方の中には付き合っている彼氏・彼女がいると言う方は多くいると思います。将来的には結婚を考えているがフリーターだから今は無理だと思われている方も多いと思います。特に男性の方ですとフリーターで結婚するとなると周りからも反対される可能性があります。