【フリーター必見!】就職への近道!就職サイトランキング TOP > フリーターから正社員へ > 転職に失敗してフリーターになってしまったら

転職に失敗した理由を見つける

現在、フリーターとして生活をしている方の中には転職に失敗してフリーターになられた方も多くいるのではないでしょう。

転職に失敗してフリーターになったからといって諦めてはいけません。

まずは転職に失敗した理由を見つけましょう。

ここで転職活動の反省をして転職に失敗した理由を見つける事ができれば次の就職にしっかり繋げる事ができます。

転職に失敗するケースで考えられる事は以下の事です。

・企業が求めている人材ではなかった
・その職種のスキルが全くない
・企業側に自分の事をアピールしきれなかった
・志望動機が抽象的すぎた
・自分ひとりで転職活動をしていた

上記の5つの事が挙げられます。

30代に求められるものはスキルと経験

企業が求人を出す際には求める人物像はどんな人材なのかという事を明確にします。

即戦力になる人材、企業のイメージに合う人材、将来を期待できる人材、ビジネスマナーをしっかり身につけている人材、などその時の企業の状況や求人に応募してくる年齢によって様々になります。

30代からの就職ですと即戦力になる事が求められる事が多いと聞きます。

即戦力になるためにはスキルがある、経験があるという事が重要になってきます。

スキルがない、未経験ということになると企業が求めている人物像と異なってくるので採用をもらえる可能性も低くなってきます。

スキルや経験があれば就活や求人探しも有利に行う事ができ、採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

現在、フリーターから正社員を目指して就活を行っている方は、就きたいと思っている職種のスキルや経験が自分にはあるのかという事を確認してみましょう。

未経験の職種への就職を目指している方は、学校に通ってスキルを身につける、バイトで経験を積むなどの方法をとると採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

⇒フリーター向けの就職サイト『ハタラクティブ』

ビジネスマナーを身につける事が重視される20代

20代の方ですと、スキルや経験よりもビジネスマナーがあるか、企業のイメージに合っているか、という事が重視されます。

30代の方と比べても未経験の職種への就職も決めやすいです。

スキルや経験があれば尚更良いですが、まずは社会人として通用できるくらいのビジネスマナーを身につける事をおすすめします。

また、企業がどんな人材を求めているのかという事もしっかり調べ、自分が企業が求めえている人材だということをアピールした志望動機・自己PRを作成するようにしましょう。

そうする事で採用担当者や面接官にも好印象を与える事ができ、採用をもらえる可能性を高くする事ができます。

自分ひとりでは就活は有利に行えない

就活や求人探しは自分ひとりで行うよりも利用できるものを利用して行ったほうが有利に行えます。

就活や求人探しは有利に行う事ができれば採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

当サイトでは就職支援サイトをご紹介しています。

就職支援サイトはフリータ向けの就職サイトになり、フリーターの就活・求人探しをしっかりサポートしてくれます。

キャリアコンサルタントもいるので自分ひとりで就活・求人探しを行うよりも断然有利に就活を進めることができます。

また、就活ノウハウなどや求人票だけからでは収集する事ができない情報も豊富に収集する事ができるので採用をもらえる可能性を大きく広げることができます。

現在、正社員を目指して就活を行っている方には是非、就職支援サービスを利用して就活を行って頂きたいと思います。