TOPページ > フリーターについて > フリーターの一人暮らし

フリーターで一人暮らしは可能か?

収入が少ない分お金に関してはしっかり考える必要がある

フリーターだけど一人暮らしをしないといけない環境にある方も多いと思います。

フリーターですと1か月の収入も不安定でそれほど多くの収入を得る事もできません。

本当は実家で暮らしたいが、田舎で仕事がない、親のお世話にはなりたくない、などの理由で一人暮らしをしているフリーターの方、もしくはフリーターだけで一人暮らしをする事を考えている方もいると聞きます。

フリーターでも一人暮らしをする事は可能です。

しかし、収入が少ない分お金に関してはしっかり考える必要があります。

まず、知っておかなければいけない事は1か月にかかるお金です。

家賃、光熱費、食費、保険料、など1人暮らしをする場合には必ず必要になってくるお金があります。

食費や光熱費は節約をすれば抑える事はできますが、家賃や保険料に関しては毎月決まった金額を払い続けていかなければなりません。

例えば、家賃が5万円、光熱費が1万円、ですと1か月に最低で6万円かかります。

6万円にプラスして保険料、食費もプラスされます。他にも遊ぶお金や洋服を買うお金、彼女がいる場合は交際費などもかかってくるので、1か月に最低でも10万円は稼がないと一人暮らしは厳しいものになります。

贅沢をすればするほどお金も多くかかりますのでフリーターが一人暮らしをする場合、ほとんど贅沢はできないと思った方が良いでしょう。

多くのお金がかかる一人暮らし

また、これから一人暮らしをする場合には敷金・礼金・引越し料金、などの初期費用もかかってくることをしっかり把握しましょう。

敷金・礼金では家賃の1か月分や2か月分取られる事になります。引越料金も2万円〜3万円かかります。新たに必要になる家電や家具も購入しなければいけません。

このように一人暮らしをするだけで数十万円というお金がかかる事になります。

ある程度の貯金がなければフリーターの一人暮らしは難しいものになります。

場合によっては借金を抱えてしまう可能性もあります。

バイトで月に10万以上稼ぐ事は容易な事ではありません。

複数のバイトを掛け持ちして朝から夜まで1日中働かなければいけなく、休みも週に1〜2日になると思います。

自分の時間も作る事ができなくなる可能性も十分に考えられます。

正直言うとフリーターの一人暮らしはおすすめする事はできません。

1人暮らしを始める際には安定した収入を得られる正社員になり、ある程度の貯金をし、お金に余裕ができてから一人暮らしをする事をおすすめします。

フリーター就職におすすめの記事

現在、就活を行なっているフリーターの方の中には未経験の職種へ就職をお考えの方も多いと思います。求人の中には実経験が必須になる求人もありますが、未経験者でも歓迎している求人を探す事ができれば未経験からでも就職をする事は可能です。

高卒フリーターの方が就職を目指して就活を行なう際、不利になる事が多く、ただ就活をしていても正社員として採用をもらう事は難しいです。高卒フリーターの方はこの不利な状況を補うためにも就活を行なう際には色々と工夫をして就活に取り組む事が必要になります。

人材募集をしている企業の採用担当者も就職浪人には良い印象を持たずにマイナスの印象を抱えてしまうそうです。これでは就職浪人をしている方は不利な状況で就活を行わなければなりません。不利な状況で就活を進めても就職の成功率は低くなるので、この不利な状況を有利な状況に覆す事がポイントになります。

ニートでも就職ポイントをしっかり押さえる事でスムーズに就活を行なって行く事ができますし、自分に合った仕事をみつける事は可能です。また、今では就職をサポートしてくれる就職支援サイトも多く誕生しているので就職支援サイトを味方に付ければ有利に就職を決める事もできます。

現在では、フリーターを歓迎している求人、未経験者を歓迎している求人、もっと視野を広げれば既卒・第二新卒を歓迎している求人も頻繁に見れるようになっているので積極的に就活を行えば既卒フリーターからでも正社員就職を決められる可能性は十分にあります。

PAGE TOP