TOPページ > フリーター就職 ゲーム業界 > フリーターからゲームプログラマーに就職

ゲームプログラマーへの就職を希望しているフリーターさんへ

需要が高いゲーム業界のプログラマー

現在、需要が高いと言われているゲーム業界のプログラマー。

スマホの普及などの影響もありゲームやアプリを開発・制作している企業も年々増加傾向にあります。

現在、フリーターの方の中にもゲーム業界への就職を希望されている方もいるのではないでしょうか。

ここではゲームプログラマーについてご紹介しています。

現在、フリーターからゲームプログラマーへの就職を希望している方に参考にして頂きたいと思います。

フリーターからゲームプログラマーになる事は可能

まずはじめにフリーターからゲームプログラマーになる事は十分可能です。

しかし、ゲームと一言でいっても様々なゲームのジャンルが存在し、そのゲームのジャンルによって必要になるスキルも異なってきます。

そして、ゲームのジャンルによってはフリーターや未経験からでも採用をもらう事ができる場合とそうではない場合もあります。

例えば近年、多く開発されているソーシャルゲームというジャンルでは比較的未経験からでも採用されやすい傾向にあります。

未経験であってもやる気とプログラムに関する基礎知識があれば採用をもらえる可能性は高いです。

逆に家庭用ゲーム機(PSやDS、Wii)などのゲームといった場合はより高度な技術と専門的な知識が必要になるため未経験からの就職は難しいです。

未経験からゲーム業界へ就職をしたい場合は比較的採用されやすいソーシャルゲームなどを開発・制作している企業に就職をする事をおすすめします。

スキルや経験を身に付けてから就活を行う

ゲームプログラマーの働き方には正社員以外にも派遣やバイトといった雇用形態もあるので正社員としてのハードルが高いと感じた場合は派遣やバイトでスキル・実務経験を積んでから再度、就活を行うという方法もあります。

派遣やバイトでも本人のやる気次第ではしっかりスキルを身に付ける事ができます。

そして、実務経験も積む事ができるので就活をする際には有利に進める事ができます。

実務経験を積む事ができれば未経験ではなくなるので正社員として採用をもらえる可能性も高くする事ができるでしょう。

また、専門学校や職業訓練所に通ってプログラムに関する資格を取得するという方法もおすすめできます。

資格がある事でスキルを証明する事ができるので就活には役に立ってくれます。

今では資格の取得を支援してくれる機関は多くあるので未経験からゲームプログラマーを目指している方はプログラムに関する資格にはどういったものがあるのか探してみる事をおすすめします。

ゲームプログラマーには多くの魅力がある

大きな達成感や喜びを感じる事ができる

ゲームプログラマーには多くの魅力があると言います。

ここではゲームプログラマーの魅力についてご紹介しています。

ゲームプログラマーのお仕事は大きくくくるとモノ作りのお仕事になります。

自分が制作したゲームや制作に携わったゲームが形になり、正常に動作し時に大きな達成感を得る事ができると言います。

そして、店頭に並んでいる姿や商品として販売されている姿をみると心の底から喜びも感じる事ができると言います。

こういった大きな達成感や喜びを感じる事ができるという事がゲームプログラマーの大きな魅力になります。

多くのやりがいを得られる

ひとつのゲームを制作する際、大規模なゲームの場合は複数の人間がプロジェクトを組み制作に取り組んで行きます。

プランナーが企画を提案し、プログラマーがゲームを制作し、デザイナーがゲームに登場するキャラクターや背景を制作し、コンポーザーが音楽を入れて、初めてひとつのゲームが誕生します。

ゲームの製作には様々なトラブルやアクシデントは付きものでスムーズに制作が進まない時もあり、ゲーム制作に携わっている人間全員が試行錯誤しながら制作に取り組んで行きます。

こうして苦労を重ねてできたゲームがユーザーに公開されるとゲームプログラマーにしかわからない達成感を得る事ができ、これをやりがいにして日々様々なゲームを開発・制作しているゲームプログラマーも多いと聞きます。

ゲームプログラマーには夢もある

ソーシャルゲームような小規模なゲームやスマホなどのアプリのの場合は、知識と技術があればひとりでも制作する事は可能だと言います。

今ではスマホが普及しており、ひとつでもヒットするゲームを生み出せば億万長者も夢ではないと聞きます。

実際にソーシャルゲームやアプリと開発して多額のお金を手入れた方も多くいます。

一攫千金を狙ってゲームプログラマーになる方も多く、ゲームプログラマーには夢もあるお仕事になります。

上記でご紹介してきた事がゲームプログラマーの魅力になります。

魅力が多ければ多いほどやりがいも多く持てますので、やりがいを求めている方にとってゲームプログラマーはおすすめできる職業になるのではないでしょうか。

ゲーム業界で活躍している職種

ゲーム業界は様々な職種の人間が携わっている!

現在、フリーターからゲーム業界への就職を目指している方も多くいると聞きます。

ゲーム好きな方にとっては一度は憧れる職業になるのではないでしょうか。

近年ではゲームプログラマーを養成している機関も多くなってきており、未経験からでもしっかりスキルを身に付けて就活をする事ができ、ゲーム業界への就職は行いやすい環境が整っていると言っていいでしょう。

ゲーム業界で活躍している職種はゲームプログラマーだけではなく、様々な職種の人間が携わってひとつのゲームを制作していきます。

ここではゲーム業界で活躍している職種をご紹介したいと思います。

ゲーム業界への就職を希望しているフリーターの方はゲーム業界の職種についても頭に入れて就活をする事も大切になります。

ゲームプログラマー

ゲーム業界で花形とも言える職種が『ゲームプログラマー』になります。

ゲームが実際に動作するようにプログラムを組んでいき、ゲームプログラマーがいなければゲームを制作する事は不可だと言われているくらいゲーム業界では重要な職種になります。

ゲーム業界の求人でもこのゲームプログラマー求人はゲーム業界の他の職種よりも多く見る事ができます。
未経験者を歓迎している求人も多く見る事ができるので採用される可能性も高く、フリーターからでも就職できるチャンスはあります。

ゲームプランナー

ゲームを制作する際、ゲームの企画・提案をする人が必要になります。

このゲームの企画・提案する職種が『ゲームプランナー』になります。

どのようなゲーム内容なのか、どのようなデザインにするのか、どのようにユーザーに楽しんでもらうのか、という事を考えてゲームの企画を考えていきます。

さらに、必要なアイテム、なぜこのアイテムは必要なのか、いくら必要なのか、などより詳しい事まで考えていく事も必要になります。

ゲームデザイナー

ゲームを制作する際に登場するキャラクターや背景のデザイン、アイテムのデザイン、などは絶対必要になります。

このゲームのデザインを担当するのが『ゲームデザイナー』になります。

ゲームを制作する際、デザインは非常に重要になるもので、デザイン次第でそのゲームの価値は左右されると言います。

ゲームの内容が面白くてもデザインが悪ければゲーム自体の価値が下がる事もあるようです。

ゲームコンポーザー

ゲームには音楽も必要です。

無音のゲームは臨場感に欠け、プレイしていても面白さがなくなってしまいます。

このゲームの音楽を制作しているのが『ゲームコンポーザー』になります。
他にも『サウンドクリエイター』と呼ばれる事もあります。

ゲームに必要不可欠な効果音やBGMを制作していく事になります。

ゲームによってはオリジナルの音楽を制作する事もあり、歌手の選定や作詞・作曲をする事もあります。

様々な職種の人が携わってひとつのゲームが制作される

上記でご紹介してきたようにゲーム業界で働いているのはゲームプログラマーだけではありません。

様々な職種の人たちが携わってひとつのゲームが制作されていきます。

規模が大きいゲームですとそれだけ多くの人達と仕事をしていく事になります。

ゲームプログラマーへ就職をする時に気になるの給料・年収

勤務する企業によって給料・年収は様々

ゲームが好きな方ですと一度はゲームプログラマーになる事を夢見るのではないでしょうか。

現在、就職を目指してい就活をしているフリーターの方の中にもゲームプログラマーになる事を希望している方は多くいると聞きます。

このゲームプログラマーへ就職をする時、気になるのが給料・年収です。

ここではゲームプログラマーの給料・年収についてご紹介しています。

ゲームプログラマーの平均給料は25万円前後、平均年収は300万円〜500万円と幅が広くなっています。

勤務する企業や勤続年数、年齢によって給料・年収は様々で。実績があるゲーム会社や大手ゲーム会社ですと高収入を期待する事ができますが、中小企業ですとそこまでの高収入を期待する事は難しいです。

給料・年収のアップを図るには?

ゲームプログラマーが給料・年収のアップを図るにはまずスキルと実績が必要になります。

高いスキルを持っている方や豊富な経験・実績を持っているプログラマーほど給料・年収は高い傾向にあります。

また、フリーランスで一攫千金を狙う事も可能です。

アプリやソーシャルゲームが普及している現在、なにかヒットするゲームをひとつでも制作する事ができれば多額なお金を手に入れる事ができます。

実際に自分一人でゲームを開発・制作をして多額のお金を手に入れた人も存在すると聞きます。

しかし、一人でゲームを開発・制作するにはそれなりのスキルと経験が必要になりますので、まずはゲームプログラマーとしてスキルを磨く、経験を積むという事が大切になってきます。

労働時間を見ると給料は決して高いとは言えない

ゲームプログラマーの給料・年収は数字だけを見ると一般的なサラリーマンの平均給料・年収よりも少し上回りますが、労働時間をみるとあまり良いとは言えないのが現状です。

ゲームプログラマーは残業が多いという事で有名です。

納期が迫っている場合やゲームプログラマーが不足している企業ですと毎日終電まで働く事があると聞きます。

休みも返上して働いているゲームプログラマーもいると聞きます。

1か月の労働時間から見るとゲームプログラマーの給料は決して高いとは言えません。

しかし、ゲーム業界の企業全部がこういった企業ではありませんので、求人に申し込む際にはしっかりどういった企業なのかという事も確認するようにしましょう。

フリーター就職におすすめの記事

現在、就活を行なっているフリーターの方の中には未経験の職種へ就職をお考えの方も多いと思います。求人の中には実経験が必須になる求人もありますが、未経験者でも歓迎している求人を探す事ができれば未経験からでも就職をする事は可能です。

高卒フリーターの方が就職を目指して就活を行なう際、不利になる事が多く、ただ就活をしていても正社員として採用をもらう事は難しいです。高卒フリーターの方はこの不利な状況を補うためにも就活を行なう際には色々と工夫をして就活に取り組む事が必要になります。

人材募集をしている企業の採用担当者も就職浪人には良い印象を持たずにマイナスの印象を抱えてしまうそうです。これでは就職浪人をしている方は不利な状況で就活を行わなければなりません。不利な状況で就活を進めても就職の成功率は低くなるので、この不利な状況を有利な状況に覆す事がポイントになります。

ニートでも就職ポイントをしっかり押さえる事でスムーズに就活を行なって行く事ができますし、自分に合った仕事をみつける事は可能です。また、今では就職をサポートしてくれる就職支援サイトも多く誕生しているので就職支援サイトを味方に付ければ有利に就職を決める事もできます。

現在では、フリーターを歓迎している求人、未経験者を歓迎している求人、もっと視野を広げれば既卒・第二新卒を歓迎している求人も頻繁に見れるようになっているので積極的に就活を行えば既卒フリーターからでも正社員就職を決められる可能性は十分にあります。

PAGE TOP