【フリーター必見!】就職への近道!就職サイトランキング TOP > ゲーム業界へ就職 > ゲーム業界の職種

ゲーム業界で活躍している職種

現在、フリーターからゲーム業界への就職を目指している方も多くいると聞きます。

ゲーム好きな方にとっては一度は憧れる職業になるのではないでしょうか。

近年ではゲームプログラマーを養成している機関も多くなってきており、未経験からでもしっかりスキルを身に付けて就活をする事ができ、ゲーム業界への就職は行いやすい環境が整っていると言っていいでしょう。

ゲーム業界で活躍している職種はゲームプログラマーだけではなく、様々な職種の人間が携わってひとつのゲームを制作していきます。

ここではゲーム業界で活躍している職種をご紹介したいと思います。

ゲーム業界への就職を希望しているフリーターの方はゲーム業界の職種についても頭に入れて就活をする事も大切になります。

ゲームプログラマー

ゲーム業界で花形とも言える職種が『ゲームプログラマー』になります。

ゲームが実際に動作するようにプログラムを組んでいき、ゲームプログラマーがいなければゲームを制作する事は不可だと言われているくらいゲーム業界では重要な職種になります。

ゲーム業界の求人でもこのゲームプログラマー求人はゲーム業界の他の職種よりも多く見る事ができます。
未経験者を歓迎している求人も多く見る事ができるので採用される可能性も高く、フリーターからでも就職できるチャンスはあります。

ゲームプランナー

ゲームを制作する際、ゲームの企画・提案をする人が必要になります。

このゲームの企画・提案する職種が『ゲームプランナー』になります。

どのようなゲーム内容なのか、どのようなデザインにするのか、どのようにユーザーに楽しんでもらうのか、という事を考えてゲームの企画を考えていきます。

さらに、必要なアイテム、なぜこのアイテムは必要なのか、いくら必要なのか、などより詳しい事まで考えていく事も必要になります。

ゲームデザイナー

ゲームを制作する際に登場するキャラクターや背景のデザイン、アイテムのデザイン、などは絶対必要になります。

このゲームのデザインを担当するのが『ゲームデザイナー』になります。

ゲームを制作する際、デザインは非常に重要になるもので、デザイン次第でそのゲームの価値は左右されると言います。

ゲームの内容が面白くてもデザインが悪ければゲーム自体の価値が下がる事もあるようです。

ゲームコンポーザー

ゲームには音楽も必要です。

無音のゲームは臨場感に欠け、プレイしていても面白さがなくなってしまいます。

このゲームの音楽を制作しているのが『ゲームコンポーザー』になります。
他にも『サウンドクリエイター』と呼ばれる事もあります。

ゲームに必要不可欠な効果音やBGMを制作していく事になります。

ゲームによってはオリジナルの音楽を制作する事もあり、歌手の選定や作詞・作曲をする事もあります。

様々な職種の人が携わってひとつのゲームが制作される

上記でご紹介してきたようにゲーム業界で働いているのはゲームプログラマーだけではありません。

様々な職種の人たちが携わってひとつのゲームが制作されていきます。

規模が大きいゲームですとそれだけ多くの人達と仕事をしていく事になります。

⇒ゲーム業界の就職・転職なら『ワークポート』