【フリーター必見!】就職への近道!就職サイトランキング TOP > ゲーム業界へ就職 > ゲームプログラマーの給料・年収

勤務する企業によって給料・年収は様々

ゲームが好きな方ですと一度はゲームプログラマーになる事を夢見るのではないでしょうか。

現在、就職を目指してい就活をしているフリーターの方の中にもゲームプログラマーになる事を希望している方は多くいると聞きます。

このゲームプログラマーへ就職をする時、気になるのが給料・年収です。

ここではゲームプログラマーの給料・年収についてご紹介しています。

ゲームプログラマーの平均給料は25万円前後、平均年収は300万円〜500万円と幅が広くなっています。

勤務する企業や勤続年数、年齢によって給料・年収は様々で。実績があるゲーム会社や大手ゲーム会社ですと高収入を期待する事ができますが、中小企業ですとそこまでの高収入を期待する事は難しいです。

給料・年収のアップを図るには?

ゲームプログラマーが給料・年収のアップを図るにはまずスキルと実績が必要になります。

高いスキルを持っている方や豊富な経験・実績を持っているプログラマーほど給料・年収は高い傾向にあります。

また、フリーランスで一攫千金を狙う事も可能です。

アプリやソーシャルゲームが普及している現在、なにかヒットするゲームをひとつでも制作する事ができれば多額なお金を手に入れる事ができます。

実際に自分一人でゲームを開発・制作をして多額のお金を手に入れた人も存在すると聞きます。

しかし、一人でゲームを開発・制作するにはそれなりのスキルと経験が必要になりますので、まずはゲームプログラマーとしてスキルを磨く、経験を積むという事が大切になってきます。

⇒ゲーム業界の就職・転職なら『ワークポート』

労働時間を見ると給料は決して高いとは言えない

ゲームプログラマーの給料・年収は数字だけを見ると一般的なサラリーマンの平均給料・年収よりも少し上回りますが、労働時間をみるとあまり良いとは言えないのが現状です。

ゲームプログラマーは残業が多いという事で有名です。

納期が迫っている場合やゲームプログラマーが不足している企業ですと毎日終電まで働く事があると聞きます。

休みも返上して働いているゲームプログラマーもいると聞きます。

1か月の労働時間から見るとゲームプログラマーの給料は決して高いとは言えません。

しかし、ゲーム業界の企業全部がこういった企業ではありませんので、求人に申し込む際にはしっかりどういった企業なのかという事も確認するようにしましょう。