TOPページ > フリーター就職 医療事務 > フリーターからでも医療事務に就職できるのか

フリーターから医療事務への就職は可能か?

フリーターからでも医療事務に就職する事は十分に可能!

フリーターから医療事務への就職をお考えの方も多いと思います。特に女性の方に多いのではないでしょうか。

医療事務のお仕事は数多くある職種の中でも人気のあるお仕事のひとつになり、毎回求人には多くの応募者が集うと聞きます。

医療事務の仕事には安定性があると思われている方が多く、残業もほとんどありませんし土日祝が休みなので安定した生活を送る事ができます。

医療事務が働く職場も病院になり、病院は滅多に潰れる事もないので将来的にも安定しているので人気が高いと言われています。

医療事務へ就職をする場合、資格が必要?と思われる方も多いですが、資格が絶対必要なわけではありませんのでフリーターからでも医療事務に就職する事は十分に可能です。

もちろん医療事務の資格を取得している方が就職には有利にですが、未経験を歓迎している求人に絞って求人探しを行う事で採用をもらえる可能性を高くする事ができるのでフリーターから医療事務への就職を目指す際には未経験を歓迎している求人を中心に探すといいでしょう。

もし、就活を有利に進めたい場合は医療事務の資格を取得してから就活を行う事をおすすめします。

最近では通信教育や医療事務の資格取得を支援してくれる学校なども増えてきているので資格は取得しやすい環境が整っています。

10代や20代の方ですと資格を取得する時間は十分にあるので医療事務への就職を希望しているフリーターの方は資格を取得してから就活をする事も検討してみてください。

医療事務は人気の高いお仕事

上記でも述べましたが医療事務の仕事は人気の高いお仕事になります。

求人に応募してくる方も多くなるので競争率も高くなります。

ただ普通に履歴書を書いて面接を受けてという考えでは採用をもらえる可能性も低くなってしまうので採用に有利になる履歴書・志望動機を作成し、面接対策もしっかり行う事は必須になります。

他にもビジネスマナーも大切になります。医療事務は事務系のお仕事だからビジネスマナー必要ないと思われがちですがそんな事はありません。

患者さんなどお客様相手のお仕事になるのでしっかりとした言葉遣い、対応力が必要になってきます。

面接時はこういった点も重視して見られることが多いので、ビジネスマナーを身に付けてから面接に挑むようにしましょう。

就職支援サービスを利用して就活を有利に

就職支援サービスを利用する事で役に立つ就活ノウハウなどの情報を収集する事ができ、就活を有利に行えます。

採用をもらう際に重要になる志望動機、履歴書を作成する際にもコンサルタントからアドバイスをもらう事もできますし、面接対策のサポートも受ける事ができるので採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

就職支援サービスでは医療事務の求人も豊富に見る事ができるので求人探しも有利に行う事ができます。

医療事務の人気の理由は魅力が多くあるから

安定した生活を送れる

人気の高い医療事務のお仕事。

資格を取得して医療事務へ就職をされる方も多くいると聞きます。

人気の高い理由には様々な魅力があるからだと言います。

現在、フリーターから正社員を目指して就活を行なっている方の中には医療事務への就職を希望している方も多いのではないでしょうか。

ここでは医療事務の魅力をご紹介しています。

医療事務の大きな魅力はなんといっても安定した生活を送れるという事です。

医療事務の職場は病院やクリニックになります。

病院やクリニックの多くが土日や祝日は休みになり、医療事務もその病院やクリニックに合わせて土日や祝日は休みになります。

そして、残業もほとんどないのでプライベートも充実させる事ができ、安定した生活を送る事ができます。

将来的に家庭を持つ事を考えて安定した生活を送る事ができる医療事務のお仕事を選択する方も多いと聞きます。

家庭を持っている主婦のや育児をしているママさんでも家庭と仕事を両立する事ができます。

医療に関する情報を収集できる

また、医療機関の中で働く事になるので使用する薬の名前や効果・効能や病気の見分け方などの知識も身に付ける事ができると言います。

もちろん医師や看護師ではないので専門的な知識は身に付ける事はできませんが基本的な知識は身に付ける事はできるようです。

こうした知識は自分の生活にも役に立てることができ、風邪を引いた時などはどの薬が効果的なのかという事をわかった上で使用する事ができます。

他にも医療に関する情報を収集する事もでき、今流行っている病気などの情報を頻繁に収集する事ができます。

対策や予防も事前に行う事ができ、こうした事も医療事務の魅力のひとつになると言います。

やりがいが多くある

医療事務は患者さんを相手に仕事をする事になります。

患者さんの中には病院に頻繁に通っている方もおり、患者さんの日々元気になっていく姿を見る事もでき、誰かの役に立っている実感を得ながら仕事をする事ができます。

患者さんから『ありがとう』と言われる事もあり、この事をやりがいにして日々仕事に取り組んでいる方も多くいると聞きます。

やりがいが多くあるという事も医療事務の魅力になります。

医療事務にはどんなスキルが必要?

医療事務に必要なコミュニケーション能力

医療機関で働く事になる医療事務。

医療事務にはどんなスキルが求められてくるのでしょうか。

ここでは医療事務に必要なスキルをご紹介しています。

現在、医療事務への就職を希望しているフリーターの方に参考にして頂きたいと思います。

先ほども述べましたが医療事務は医療機関で働く事になります。

ひとことで医療機関といっても様々な医療機関が存在します。

大きい病院から個人で経営している病院、クリニック。
他にも歯医者や眼科など様々な医療機関で医療事務は活躍できます。

勤務する場所によって病院の種類は変わってきますが、共通している事は患者さんを相手にするという事です。

患者さんの多くは身体の具合が悪い、ケガをした、など不安を多く抱えて来院してきます。

病院の窓口となる医療事務は不安を抱えている患者さんを余計に不安にさせないように、安心して治療を受けられるようにマナーを持って対応をしていかなければなりません。

その患者さんに合わせて臨機応変に対応をする事も必要になります。

このように患者さんとうまくコミュニケーションをとる事が大切になり、コミュニケーション能力と対応マナーが医療事務に求められるスキルになります。

レセプト業務とパソコンに関するスキルも必要

他にも医療事務を行う際のレセプト業務に関しての知識も医療事務には必要不可欠になります。

レセプト業務とは医療費を算定して健康保険組合などに請求する仕事です。

医療保険の仕組みや種類、カルテを読む際に必要な知識、診療報酬の算定に関するノウハウが必要になってきます。

医療事務にはこのような専門的な知識が必要になるので資格が用意されており、資格を取得している方が就職に有利になります。

また、パソコンを使用して事務処理を行う事になるのでパソコンのスキルも必要になってきます。

診療報酬の算定などもすべてパソコンで行われるのでパソコンに関するすきるは必須になるでしょう。

医療事務への就職を希望している方は医療事務の資格やパソコンの資格を持っていれば有利に就活を行う事ができます。

最近では通信教育などでも資格を取得する事が可能ですので就活を有利に行うためにも医療事務の資格を取得する事も視野に入れて就活を行う事をおすすめします。

将来性と安定がある医療事務のお仕事

医療事務のお仕事は特に女性から人気がある

医療事務のお仕事は数多くある職種の中でも人気の高いお仕事になります。

医療事務が人気の理由は『将来性がある』という事と『安定している』という理由にになります。

医療事務のお仕事は特に女性から人気があると言えます。

女性が就職をする際、やはり将来的な事を考えて仕事選びをしなければなりません。
結婚、出産、育児、家庭などの事を考えた時、勤務時間や休みが安定しているお仕事を選ぶ事は必須になってきます。

この勤務時間や休みが安定しているのが医療事務のお仕事になります。

医療事務は医療機関で働く事になり、勤務時間などはその医療機関によって様々ですが残業なども少なく、家庭と仕事を両立する事ができる勤務時間を選んで就職をする事ができれば家庭を持っている方でも仕事と家庭をしっかり両立しながら働く事ができます。

また、医療事務の働き方は様々で正社員雇用の他にもパートや派遣での働き方も可能ですので、家庭を持っている主婦や育児をしているお母さんにとっては自分のライフスタイルに合わせて働く事ができます。

こういった事も医療事務が人気の理由になります。

医療事務は将来性がある

この医療事務のお仕事ですが将来性もあるという事でも注目を集めています。

現在の日本は高齢化が進んでいます。今後も増々高齢化が進むと言われています。

高齢化が進むという事は医療機関はなくてはならない存在になります。

高齢化が進むにつれて医療機関に通う人も増えるため、医療機関で働く医師や看護師、他のスタッフなどもますます必要になり、今後医療機関も今以上に増えるという事が予想されています。

病院ですのでそう簡単に倒産もしないので職場の環境さえ合えばその病院で長い期間働く事が可能です。

医療機関が増える事により当然、医療事務のスタッフも必要になり、医療事務の需要も今後、増々高くなっていくでしょう。

このような事から結婚や出産を機に一度は退職したとしても医療事務の資格を取得していると再度、就職する事が可能です。

将来性があるという事もお仕事選びでは重要になってくる事です。

現在、フリーターから正社員を目指している方には将来性もあり、安定している医療事務のお仕事はおすすめできるお仕事になります。

フリーター就職におすすめの記事

現在、就活を行なっているフリーターの方の中には未経験の職種へ就職をお考えの方も多いと思います。求人の中には実経験が必須になる求人もありますが、未経験者でも歓迎している求人を探す事ができれば未経験からでも就職をする事は可能です。

高卒フリーターの方が就職を目指して就活を行なう際、不利になる事が多く、ただ就活をしていても正社員として採用をもらう事は難しいです。高卒フリーターの方はこの不利な状況を補うためにも就活を行なう際には色々と工夫をして就活に取り組む事が必要になります。

人材募集をしている企業の採用担当者も就職浪人には良い印象を持たずにマイナスの印象を抱えてしまうそうです。これでは就職浪人をしている方は不利な状況で就活を行わなければなりません。不利な状況で就活を進めても就職の成功率は低くなるので、この不利な状況を有利な状況に覆す事がポイントになります。

ニートでも就職ポイントをしっかり押さえる事でスムーズに就活を行なって行く事ができますし、自分に合った仕事をみつける事は可能です。また、今では就職をサポートしてくれる就職支援サイトも多く誕生しているので就職支援サイトを味方に付ければ有利に就職を決める事もできます。

現在では、フリーターを歓迎している求人、未経験者を歓迎している求人、もっと視野を広げれば既卒・第二新卒を歓迎している求人も頻繁に見れるようになっているので積極的に就活を行えば既卒フリーターからでも正社員就職を決められる可能性は十分にあります。

PAGE TOP