TOPページ > フリーター就職 介護業界 > 介護初任者研修を最短で取得する方法

介護業界への就職を有利にする『介護職員初任者研修』

介護職員初任者研修は介護士経験がなくても取得する事ができる

介護業界は未経験でも比較的就職しやすい業界になります。

介護士に関する資格を取得していればより就職しやすくなるので就職できる可能性を高くするためにも介護士の資格を取得する事も検討してもらいたいと思います。

介護業界へ就職する際に大きな武器になる資格が『介護職員初任者研修』です。

この介護職員初任者研修の資格を取得してから介護業界へ飛び込むフリーターの方も多いですね。

介護職員初任者研修は介護士経験がなくても取得する事ができるのでフリーターの方でも取得する事はできますよ。

介護職員初任者研修の講座を開いているスクールも多くあり、通学制のスクールに通う事で最短1か月で介護職員初任者研修の資格を取得する事ができます。

介護職員初任者研修は最短1か月で取得する事が可能!

先ほども述べましたが資格を取得していれば就職には有利になります。

介護職員初任者研修の資格を取得していれば介護士に必要な基本的なスキルを身に付ける事ができるので介護士を募集している介護施設側からすると魅力的に人材になり、採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

また、資格はスキルだけを証明するものではなく、仕事へのやる気や意欲も施設側に伝える事ができるのでしっか好印象を与える事もでいますね。

このように介護職員初任者研修の資格を取得していれば介護業界へ有利に就職する事ができるので現在、介護士を目指しているフリーターの方には是非、介護職員初任者研修の資格を取得する事も検討してもらいたいと思います。

スクールに通う事で最短1か月で取得する事が可能ですので前向きに検討してもらいたいと思います。

介護職員初任者研修はキャリアップするために必須条件

介護業界でキャリアップするためにも介護職員初任者研修の資格を取得しているという事は必須になります。

介護士の資格には、介護職員初任者研修の他にも実務者研修、介護福祉士、ケアマネジャー、などの資格もあり、それぞれの資格を取得する際には介護職員初任者研修を取得していることが必須になります。

実務者研修の資格を取得するには介護職員初任者研修を取得している事が条件ですし、介護福祉士の資格を取得するには実務者研修の資格を取得していることが条件になるため、介護業界でキャリアアップするには介護職員初任者研修の資格を取得していなければいけません。

将来的な事を考えた時にも介護職員初任者研修の資格を取得していればメリットになる事が多くあるのでできるだけ早く取得できる時に介護職員初任者研修の資格を取得する事をおすすめします。

フリーター就職におすすめの記事

現在、就活を行なっているフリーターの方の中には未経験の職種へ就職をお考えの方も多いと思います。求人の中には実経験が必須になる求人もありますが、未経験者でも歓迎している求人を探す事ができれば未経験からでも就職をする事は可能です。

高卒フリーターの方が就職を目指して就活を行なう際、不利になる事が多く、ただ就活をしていても正社員として採用をもらう事は難しいです。高卒フリーターの方はこの不利な状況を補うためにも就活を行なう際には色々と工夫をして就活に取り組む事が必要になります。

人材募集をしている企業の採用担当者も就職浪人には良い印象を持たずにマイナスの印象を抱えてしまうそうです。これでは就職浪人をしている方は不利な状況で就活を行わなければなりません。不利な状況で就活を進めても就職の成功率は低くなるので、この不利な状況を有利な状況に覆す事がポイントになります。

ニートでも就職ポイントをしっかり押さえる事でスムーズに就活を行なって行く事ができますし、自分に合った仕事をみつける事は可能です。また、今では就職をサポートしてくれる就職支援サイトも多く誕生しているので就職支援サイトを味方に付ければ有利に就職を決める事もできます。

現在では、フリーターを歓迎している求人、未経験者を歓迎している求人、もっと視野を広げれば既卒・第二新卒を歓迎している求人も頻繁に見れるようになっているので積極的に就活を行えば既卒フリーターからでも正社員就職を決められる可能性は十分にあります。

PAGE TOP