【フリーター必見!】就職への近道!就職サイトランキング TOP > 介護士へ就職 > 介護初任者研修を最短で取得する方法

介護業界への就職を有利にする『介護職員初任者研修』

介護業界は未経験でも比較的就職しやすい業界になります。

介護士に関する資格を取得していればより就職しやすくなるので就職できる可能性を高くするためにも介護士の資格を取得する事も検討してもらいたいと思います。

介護業界へ就職する際に大きな武器になる資格が『介護職員初任者研修』です。

この介護職員初任者研修の資格を取得してから介護業界へ飛び込むフリーターの方も多いですね。

介護職員初任者研修は介護士経験がなくても取得する事ができるのでフリーターの方でも取得する事はできますよ。

介護職員初任者研修の講座を開いているスクールも多くあり、通学制のスクールに通う事で最短1か月で介護職員初任者研修の資格を取得する事ができます。

介護職員初任者研修は最短1か月で取得する事が可能!

先ほども述べましたが資格を取得していれば就職には有利になります。

介護職員初任者研修の資格を取得していれば介護士に必要な基本的なスキルを身に付ける事ができるので介護士を募集している介護施設側からすると魅力的に人材になり、採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

また、資格はスキルだけを証明するものではなく、仕事へのやる気や意欲も施設側に伝える事ができるのでしっか好印象を与える事もでいますね。

このように介護職員初任者研修の資格を取得していれば介護業界へ有利に就職する事ができるので現在、介護士を目指しているフリーターの方には是非、介護職員初任者研修の資格を取得する事も検討してもらいたいと思います。

スクールに通う事で最短1か月で取得する事が可能ですので前向きに検討してもらいたいと思います。

介護職員初任者研修はキャリアップするために必須条件

介護業界でキャリアップするためにも介護職員初任者研修の資格を取得しているという事は必須になります。

介護士の資格には、介護職員初任者研修の他にも実務者研修、介護福祉士、ケアマネジャー、などの資格もあり、それぞれの資格を取得する際には介護職員初任者研修を取得していることが必須になります。

実務者研修の資格を取得するには介護職員初任者研修を取得している事が条件ですし、介護福祉士の資格を取得するには実務者研修の資格を取得していることが条件になるため、介護業界でキャリアアップするには介護職員初任者研修の資格を取得していなければいけません。

将来的な事を考えた時にも介護職員初任者研修の資格を取得していればメリットになる事が多くあるのでできるだけ早く取得できる時に介護職員初任者研修の資格を取得する事をおすすめします。