TOPページ > 20代フリーターの就活 > 20代フリーターの就活ポイント

就職を目指している20代フリーターの就活ポイント

就職支援サイトは20代で就活をしている方の心強い味方になってくれる

現在、20代フリーターで正社員を目指して就活を行なっている方は多くいると聞きます。

学生時代に就職を目指して就活をしていたが就職が決まらないまま卒業してしまった、学生時代にやりたい事が見つからずそのまま卒業してしまった、夢を追いかけて就職しなかった、など理由は様々だと思いますが、20代で仕事を探している方は現在、多くいると聞きます。

20代のフリーター向けに設立された就職支援サイトも多くあり、就職支援サイトは20代で就活をしている方の心強い味方になってくれています。

ここでは20代で正社員を目指して就活を行なっている方へ、就活のポイントになる事をご紹介しています。

20代で自分に合った仕事を探す事は重要

焦らないで自分に合った仕事を探す!

20代で仕事を探す際にポイントになる事は焦らないという事です。

就活をして複数の企業を受けているがなかなか採用がもらえないという方も多いと思います。

採用をもらえないと焦ってくるものですが、焦れば焦るほど就職は失敗してしまうケースが多いです。

就職が決まらないから給料面や待遇面を妥協して就職したけど長続きしなかった、手当たり次第に求人に応募して採用をもらったが自分に合わない仕事だった、本当は他にやりたい事があったが採用をもらったから就職したがやっぱり本当にやりたい事がしたい、など就職してから後悔してしまう方も多くいます。

就職してから後悔してしまう就職は成功とは言えないと思います。

せっかく採用をもらってもすぐに辞めてしまったらまら就活をする事になります。

できる事なら1度の就活で自分にピッタリのお仕事を探したい所です。

特に20代後半の方は何回も転職を繰り返す事はできなくなります。

30代、40代になった時に後悔しないように20代の就活は慎重に行わなければいけません。

このように20代で自分にピッタリのお仕事を探す事は非常に重要になってきます。

自己分析をして自分に合った仕事を見つける

まず、20代で自分に合ったお仕事を探すにはしっかり自己分析をして自分がどのような性格なのか、どのような人間なのかを把握する事が大切になります。

どんな仕事にも人によっては合う、合わないがあります。

自己分析をして自分の性格などをしっかり知る事で自分の性格に合った仕事はおのずと見つかります。

例えば、人と話すのが好き、人と接するのが好き、話がうまい、と言う方には営業のお仕事やサービス業、接客業が合っています。

逆に人と接するのが得意ではない、一人で行う作業が好き、と言う方は倉庫などで生産する仕事、エンジニア系のお仕事など、モノ作りのお仕事が合っているのではないでしょうか。

このように自己分析をする事で自分に合ったお仕事を見つける事ができます。

20代ですと自分のやりたい事が見つかっていないという方も多いと思います。

そういう方にも自己分析をする事はおすすめできます。

20代フリーターが未経験の職種に就職する事は十分に可能

20代は将来性もあるので未経験でも積極的に採用をしてくれる企業は多い!

20代ですと未経験の職種に就職する事は十分に可能です。

20代ですと将来性もあるので未経験からでも積極的に採用をしている企業は多くあります。

企業が求めている人物像であれば正社員として採用をもらえる可能性も高く、就職を成功させる事ができます。

しかし、20代だからと言ってただやみくもに求人に応募しているだけでは採用をもらう事は難しいので就活・求人探しにポイントになる事をしっかり把握して求人に応募するようにしましょう。

ここでは20代フリーターが未経験の職種の求人に応募する際にポイントになる事をご紹介しています。

企業が求めている人物像をしっかり把握する

まず、重要になるポイントは先ほども述べましたが企業が求めている人物像をしっかり把握するという事です。

20代ですと未経験でも積極的に採用している企業は多くあります。

企業が未経験者を採用する際に重視している事はスキルよりもどのような人間なのか、うちの企業に合っている人物像なのか、この仕事に向いている人物像なのかという事を重視して見ています。

ですので、20代フリーターが未経験の職種の求人に応募する際には企業が求めている人物像をしっかり把握する事が採用をもらうポイントになります。

応募する企業のホームページなどをしっかりチェックし企業がどのような事業を展開しているのか、企業で働いている社員にはどのような人間がいるのかをしっかりチェックしましょう。

最近ではFacebookやtwitterなどのソーシャルネットでも企業の情報を収集する事ができます。

企業の情報を収集する事ができる方法があればすべてを利用して企業の情報を収集しましょう。

企業にしっかり自分をアピールする

企業が求めている人物像を知り、その人物像だという事を企業にアピールする事ができれば採用をもらえる可能性を高くする事ができます。

履歴書や職務経歴書、志望動機、面接でその事をしっかりアピールしましょう。

履歴書や職務経歴書、志望動機、自己PRの作成時のポイントや面接対策については下記のページで詳しく紹介していますので参考にしてみてください。

企業で活かす事ができる資格を取得する

他にもなにかその企業で活かす事ができる資格を取得すると採用をもらえる可能性を高くする事ができます。

なにかその企業で活かす事ができる資格はないか探してみましょう。

もし、活かす事ができる資格があれば積極的に取得する事をおすすめします。

資格はスキルを証明できるものになるので履歴書でも記載する事ができる企業側にしっかりアピールする事ができます。

資格を取得する事も未経験への職種へ就職する際にはポイントになる事も頭に入れて就活を行うようにしましょう。

バイトはスキルを身に付けて就職を有利に!

バイトでは様々なスキルを身に付けられる

20代フリーターの方の中にはバイトをして生計を立てているという方も多くいると思います。

その中には就職する事を目指してバイトをしながら就活をしている方もいるのではないでしょうか。

このバイトで身に付けた経験とスキルを就活に活かす事ができます。

バイトではその職種のスキルを身に付ける事ができ、実務経験も積む事ができます。

他にもビジネスマナーに関するスキルも身に付ける事は可能です。

もし、バイトの職種に興味がある場合はスキルがある、実務経験がある、という事で就活を有利に行えます。

正社員として採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

バイトの職種に興味がなくても身に付けたビジネスマナーをアピールする事ができれば採用をもらえる可能性をあげる事ができます。

また、職種は違うがバイトで身に付けたスキルを自分が就きたい職種で活かせる事もあるかもしれません。

なにか活かす事ができるものを見つけ自己アピールをすれば企業の採用担当者にも好印象を与える事ができます。

このように仕事に関するスキルやビジネマナーに関するスキルを身に付けながら就活を行った方が有利に就活を進める事ができます。

スキルを身に付けてから就活を行った方が断然有利

上記でご紹介したバイト以外にも学校や職業訓練所に通ってスキルを身に付けながら就活をする事も可能です。

学校や職業訓練所だと資格取得の支援や就職支援も行なっているので就活をしているフリーターの方にとっては心強い味方になってくれます。

他にも就職支援サイトなどが主催して開催している就職セミナーなどにも積極的に参加する事で就活ノウハウを身に付ける事ができます。

就活ノウハウは就職を成功させるためには是非、身に付けてほしいことになります。

就職セミナーではどうすれば就活を有利に進める事ができるのか、どうすれば採用をもらう事ができるのか、という就活に役に立つ情報を豊富に収集する事ができます。

スキルを身に付けてから就活を行った方が断然有利に就活を行う事ができます。

20代ですとスキルを身に付ける事ができる時間は十分にあります。

現在、20代でフリーターから正社員を目指してる方にはスキルを身に付けながら就活を行う事をおすすめします。

資格は20代就職の就職の武器になる

資格を取得してスキルを証明する

20代で就活をしている方が就活を有利に進めるためにはスキルを身に付ける事がポイントになってきます。

正社員求人を見ているとスキルが必要になる求人もありますし、スキルを身に付けているのと身に付けていないとでは全然違います。

ですので就きたいと思っている職種で必要になるスキルをある程度取得していた方が就活を有利に進められますし、採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

スキルを身に付ける方法は色々ありますが、おすすめするのが資格の取得です。

資格はスキルを証明できるものになり、就活では役に立ってくれます。

現在では、様々な種類の資格・検定があるのでその職種に関係した資格・検定がある場合は積極的に取得する事をおすすめします。

資格を取得するために勉強をする事になるので自然とスキルも身についてきます。

資格の取得を支援してくるれる機関も多くあります。

専門学校、短期間スクール、職業訓練所などを利用する事で資格も取得できやすくなります。

こういった機関では専門的な知識を持っている講師から講義を受ける事ができるので、正しい知識を身に付ける事ができます。

独学でも資格やスキルを身に付ける事もできますが、やはり学校などの機関に通って正しい知識を身に付ける事をおすすめします。

就職に役に立つ資格

就職に有利になる資格で取得していて損をする事がない資格はパソコン系の資格や簿記の資格になります。

こういった資格は特に事務関係のお仕事に就く際には役に立ってくれる資格になります。

エクセルやワード、パワーポイントは多くの企業で使用されています。

エクセルやワードに関するスキルを証明できる資格を取得していれば企業側から即戦力になると判断してもらえる可能性も高いです。

他にも英検やTOEICといった検定も就職には有利になる検定になります。

近年、外資系の企業も増えてきており、外資系企業の求人を見る事ができます。

英語を話せるスキルがあれば就活や求人探しの幅も広げる事ができ、有利に行う事ができます。

上記でご紹介してきたように資格を取得しているとスキルを証明する事ができ、就活を有利に進める事ができます。

現在、20代で就活をしている方は資格を取得してから就活をする事も検討してみてはいかがでしょうか。

20代前半の就活ポイント

20代前半は幅広く就活を行う事ができる

現在、就職を目指して就活をしている方の大半が20代前半の方になると聞きます。

20代前半のフリーターの方ですと今までに就活を行った事がない方も多く、どのような方法で就活を行えばいいのかわからないという方も多くいるといいます。

ただ、求人を探して応募しているだけでは正社員として採用をもらえる可能性ははっきり言って低いと言えます。

ここでは20代前半で就活を行なっている方へ就活のポイントをご紹介しています。

20代前半ですと幅広く就活を行う事ができます。

年齢的にもまだ余裕がありますので焦らず慎重に就活を行う事をおすすめします。

自分が何をしたいのかを明確にする

まずは自分が何をしたいのかを明確にしましょう。

自己分析を行い、自分にはどのような仕事が向いているのか?率先して取り組む事ができる仕事はなにか?などの事を明確にしましょう。

自己分析の方法は以下のページでご紹介しています。

スキルを身に付けて就活を行う

就きたい仕事が見つかった次に行う事はどうすれば有利に就活を行なえるかを考えましょう。

就活を有利に進めるために様々な方法がありますが、まず挙げられることはスキルを身に付けるという事です。

スキルがある状態で求人に応募するのとスキルがない状態で求人に応募するのでは大きな違いが出てきます。

職種によって様々ですが、企業からしたらスキルがある人材を優先的に採用する傾向にあります。

未経験可の求人でもその求人に応募してきている方は実際にその職種の実務経験がある方も多く応募しています。

そういった実務経験がある、スキルがある方と同等になるためにもスキルを身に付けた方が就活は有利に行う事ができ、採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

スキルを身に付ける方法

先ほども述べましたが20代前半の方は年齢的にもまだ余裕があります。

スキルを身に付けてから就活を行なっても問題はありません。

最近では短期間でスキルを習得できる学校や職業訓練所も多くあります。

こういった機関でスキルを身に付け、資格なども取得できれば就活・求人探しの幅も広げる事ができます。

他にも実際にその職種の現場で働いてスキルを身に付ける方法もあります。

バイトや派遣として働けばスキルはもちろん実務経験も積む事ができ実務経験が必須な求人にも応募する事ができます。

たとえバイトや派遣でも履歴書の経歴に書く事ができ、企業側にしっかりアピールする事ができます。

6ヵ月〜1年間バイトや派遣で経験を積む事でスキルをしっかり身に付ける事もでき、再度就活を行う時には有利に就活を行う事ができます。

20代後半の就活ポイント

将来的な事をしっかり見据えて就活を行う

20代後半になるとそろそろ将来的な事もしっかり見据えて就活を行なっていかなければなりません。

できる事なら20代後半で自分に合ったお仕事を見つけ就職する事が理想になります。

20代後半で定職に付けずに何度も転職を繰り返しているとすぐに30代になってしまいます。

30代からの就職ははっきりって苦労する事が多いです。

20代と比べても不利になる事が多いので、20代のうちに自分に合ったお仕事を見つけ就職するようにしましょう。

ここでは20代後半の就活でポイントになる事をご紹介しています。

将来的なキャリアプランを計画する

先ほども述べましたが20代後半で就活を行う際には将来的な事を見据えるという事が重要になってきます。

30代、40代になって後悔しないためにも将来的なキャリアプランを計画し、そのキャリアプランに沿って行動する事が大切になります。

そのためにも将来的に働き続ける事ができるお仕事を見つける事が必要になります。

自己分析を行い自分にはどのような職種のお仕事が合っているのかという事をしっかり見極めましょう。

求人を探す際も将来的にも安定している企業なのかという事や将来性がある職種なのかもしっかり見極めるようにしましょう。

20代後半はもう何度も転職を繰り返す事ができない年齢です。

ですので20代後半から就活を行う際は将来的な事も慎重に考えて自分に合ったお仕事を見つけましょう。

キャリアコンサルタントからアドバイスをもらう

自分一人でキャリアプランや将来的な事を考える事が難しい方には就職支援サイトを活用する事をおすすめします。

就職支援サイトにはキャリアコンサルタントがいるのですが、このキャリアコンサルタントは求人探しや就活のサポート以外にもキャリアプランの提案など様々なアドバイスをもらう事ができます。

カウンセリングであなたがどのような性格なのか、どんな事が得意なのかということもすべて把握した上でキャリアプランの対案をしてくれるので非常に参考にする事ができます。

キャリアコンサルタントは今までに何度もフリーターの方の就活をサポートしてきた実績があるので、的確なアドバイスをもらう事ができ、心強い味方になってくれます。

現在、20代後半で就活をしているフリーターの方の中で将来的なキャリアプランを計画にする事に苦労している方には是非、就職支援サイトを活用してもらいたいと思います。

20代男性フリーターの就活ポイント

20代では将来的な事を考えて就活する

20代男性フリーターが就活をする際に意識しないといけない事は将来的な事を見据えるという事です。

男性の場合は将来、家庭を持った時に一家の大黒柱になります。

それなりの収入がなければ家族を養っていく事はできません。

30代、40代になった時に苦労しないためにも20代では将来的な事をしっかり考えて就活をしなければなりません。

時間をかけてでもスキルを身に付け就職する

まずは自分に合ったお仕事を探すためにも自己分析をして自分に合った仕事は何かを見つけましょう。

フリーター向けの正社員求人の中には未経験からでも就職する事ができる求人もありますが、就職するのにスキルが必要になる職種もあります。

スキルが必要になる場合は、時間をかけてでもスキルを身に付け就職をするといいでしょう。

20代の場合は年齢的にまだ余裕があります。30代に比べると就活も有利に行う事ができます。

本当に自分に合った仕事であれば1年や2年かけてスキルを身に付けてから就活を行う事ができます。

近年ではスキルを身に付けられる学校などの機関も多くあります。

こういった機関で勉強をしてスキルを身に付ける方法があるという事を頭に入れておきましょう。

他にもバイトや派遣として実際に現場で働き、スキルを身に付ける方法もあります。

実務経験を積む事ができ就活をする際、より有利に就活を行う事ができます。

また、バイトや派遣から正社員への登用がある可能性もあります。

就職するためにスキルを学ぶという事は一見、遠回りだと思われますが、採用をもらえる可能性を高めるためにも必要な事です。

30代での就活は慎重に行う

20代で自分に合ったお仕事を見つける事ができれば30代、40代になった時に安定した収入を得る事ができ、安定した生活を送る事ができます。

就活の方法を間違ってしまうといつまでも自分に合った仕事を見つける事ができなく、就職や転職を何度も繰り返してしまう可能性があります。

そうこうしていうちにあっという間に30代になってしまい仕事を探す事も難しくなります。

上記でも述べましたが30代や40代になった時に苦労をしないためにも20代での就活は慎重に行うようにしましょう。

もし、自分で将来のキャリアプランを立てる事が難しい場合は就職支援サイトのコンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。

プロのコンサルタントがあなたのスキルや経歴、性格をしっかり把握した上であなたに合ったキャリアプランの提案をしてくれます。

相談は無料なので就職支援サイトを利用する価値は十分にあると思います。

20代フリーター女性の就活でポイントになる事

女性の場合は男性とはまた違う考えを持って就活をしなければならない

20代フリーターで正社員を目指して就活を行なっている方の中には女性の方も多くいると思います。

女性の場合は男性とはまた違う考えを持って就活をしている言います。

女性でも安心して働ける企業がいい、結婚や出産をしても続けられる企業がいい、産休が取れる企業がいい、など男性では考える事がまずないような事も女性の場合はしっかり考えて就活をしなければいけません。

ここでは20代フリーター女性の就活でポイントになる事をご紹介しています。

女性が安心して働ける企業は多くある

現在では女性だからと言って就活が不利になる事は少なく、女性が企業の先頭に立って活躍できるお仕事は多くあります。

また、女性しか働いていない企業も多くあります。

化粧品会社や下着メーカー、エステサロン業界など女性が第一線で活躍している企業は多くあります。

こういった企業は女性でも安心して働けるように福利・厚生も充実しています。

冒頭でも述べたように結婚や出産をしても働く事ができるのか、育児休暇はあるのか、などの悩みを持っている女性でも安心して働けるように福利・厚生が整っている企業が多いです。

企業によってはハネムーン休暇や誕生日休暇がある企業や子供を預ける事ができる託児所を完備している企業もあります。

就職支援サイトのコンサルタントを味方に付ける

フリーター向けの正社員求人を見ていても女性が活躍できる求人は多く見る事ができます。

自分で女性が安心して働ける企業の求人を見つける事が難しいという方は就職支援サイトのコンサルタントを味方につける事をおすすめします。

コンサルタントは求人では見る事ができない情報も豊富に持っています。

企業や現場のより詳しい情報を収集する事ができるで女性でも安心して働く事ができる企業なのかという事をしっかり見極める事ができます。

他にも様々な相談にも乗ってくれるので就活をしている女性の心強い味方にもなってくれます。

現在、20代の女性で就活を行なっている方には是非、就職支援サイトのコンサルタントを味方に付けて就活を行なって頂きたいと思います。

フリーター就職におすすめの記事

現在、就活を行なっているフリーターの方の中には未経験の職種へ就職をお考えの方も多いと思います。求人の中には実経験が必須になる求人もありますが、未経験者でも歓迎している求人を探す事ができれば未経験からでも就職をする事は可能です。

高卒フリーターの方が就職を目指して就活を行なう際、不利になる事が多く、ただ就活をしていても正社員として採用をもらう事は難しいです。高卒フリーターの方はこの不利な状況を補うためにも就活を行なう際には色々と工夫をして就活に取り組む事が必要になります。

人材募集をしている企業の採用担当者も就職浪人には良い印象を持たずにマイナスの印象を抱えてしまうそうです。これでは就職浪人をしている方は不利な状況で就活を行わなければなりません。不利な状況で就活を進めても就職の成功率は低くなるので、この不利な状況を有利な状況に覆す事がポイントになります。

ニートでも就職ポイントをしっかり押さえる事でスムーズに就活を行なって行く事ができますし、自分に合った仕事をみつける事は可能です。また、今では就職をサポートしてくれる就職支援サイトも多く誕生しているので就職支援サイトを味方に付ければ有利に就職を決める事もできます。

現在では、フリーターを歓迎している求人、未経験者を歓迎している求人、もっと視野を広げれば既卒・第二新卒を歓迎している求人も頻繁に見れるようになっているので積極的に就活を行えば既卒フリーターからでも正社員就職を決められる可能性は十分にあります。

PAGE TOP