【フリーター必見!】就職への近道!就職サイトランキング TOP > 就活のポイント > 就活で重要になる自己分析をする方法

自己分析をする事で自分に合った仕事を探せる

自己分析をする事で自分がどんな性格なのかを知る事ができます。

自分の長所・短所、どんなことが得意でどんなことが不得意なのかをしっかり把握する事ができるようになります。

就活を行なう際に自己分析をする事は大切で、自分の事をしっかり把握していれば自分に合った正社員求人を見つける事もできますし、面接をする際にも自分の事をしっかり理解していると有利になる事もあります。

自分に合った仕事を探す事は就職を成功させる際には重要になる事です。

他にも志望動機や自己PRを作成する際にも自分の事を良く知らなければ企業が興味を持ってくれるような志望動機・自己PRを作成する事はできなくなってしまいます。

このように自分がどんな性格なのかをしっかり把握する事で、企業に対してもしっかり自分をアピールする事ができるようになります。

ここでは自己分析をする方法をご紹介しています。

現在、就活を行なっている方やまだ自分のやりたい事が見つかっていないと言う方に参考にして頂きたいと思います。

興味がある事、楽しい事を仕事にする

先ほども述べましたが自己分析をする事でどんな仕事が自分に合っているのか、どんな事が自分に向いているのか、どんな仕事をしたいのか、を認識する事ができます。

まずは過去の自分を振り返ってみましょう。

学生時代に積極的に行っていた勉強や活動はなにかありますか。

ある場合、なんでその勉強や活動を積極的に行っていたのか考えてみてください。

ただ何となくやっていた、周りがやっているから自分もやってみた、楽しいからやってみた、やりがいを感じるからやってみた、など様々な理由があると思います。

この時に楽しいからやってみた、やりがいを感じるからやってみたという理由がある方はその勉強や活動に興味があるという事になります。

楽しいこと、やりがいがある事、興味がある事を仕事にするのは大切な事です。

仕事に対して興味がなければ楽しくもありませんし、やりがいを得る事もできません。

なぜこの仕事をしているんだろう?と疑問を持ちながら仕事をしていたら仕事への意欲も沸きませんし、すぐに辞めてしまう可能性もあります。

そうならないためにも自分が興味を持てる仕事、自分が楽しいと思える仕事、やりがいを得る事ができる仕事に就く事は大切になってきます。

⇒20代フリーターにおすすめの就職サイト『ハタラクティブ』

自分の性格に合っている仕事を見つける事も大切

自己分析をする事で自分の性格をしっかり把握する事もできます。

自分の長所・短所、なにが得意でなにが不得意なのかを知る事ができます。

自分一人で内面的な事を分析する際には第三者の方の意見を聞くとより自分がどんな性格なのかを知る事ができます。

自分の事を良く知っている家族や友人、知人に自分がどんな性格なのか聞いてみる事をおすすめします。

自分では気付かなかった部分を知る事もでき、参考になると思います。

自分の性格を知り、自分の性格に合っている仕事を見つける事も大切になります。

上記でご紹介してきたように自己分析をする際、どんな事に興味を持っているのか、何をやっている時が楽しいのか、何をやった時にやりがいを得る事ができるのか、自分はどんな性格なのか、を探りましょう。

そうする事で自分に合っている仕事はどんな仕事なのかが見えてくると思います。