TOPページ > 就活のポイント > ニートの就職方法

ニートから就職することは可能?

ニートからでも就職することは十分に可能!

現在、ニートとして生活をしている20代の方は少なくはないと思います。

ニートになってしまった理由は人それぞれですが、ニート生活が長ければ長いほど、就職は不利になってしまうので1日でも早くニートから脱出することが大事です。

しかし、働く気持ちが芽生えていざ就職をしようと思っても、

「どう就職活動をしていいのかわからない・・・」
「社会に出て働いていけるか不安・・・」
「自分に合った仕事をみつけられるだろうか・・・」

こういった不安や悩みを抱えている人も多いかと思います。

就職に不安や悩みは付きものです。ニート以外にもフリーターから就職を目指している人、転職を考えている人の誰もがこうした不安を抱えているので自分だけがと重く感じる事はありません。

ニートでも就職ポイントをしっかり押さえる事でスムーズに就活を行なって行く事ができますし、自分に合った仕事をみつける事は可能です。また、今では就職をサポートしてくれる就職支援サイトも多く誕生しているので就職支援サイトを味方に付ければ有利に就職を決める事もできます。

ですので、前向きな気持ちで就職を目指してほしいと思います。ここではニートから就職を目指す際にポイントになる事をピックアップして紹介しています。

ニートから正社員就職!就職のポイントになる事

ニートから就職を目指す際、自分一人で就活を行わないで就職のプロと一緒に就活を進めていく事を強くおすすめします。特に社会人経験がないというニートやニート生活が長い人は不利な状況の中、就活を行なっていかなければならないので就職のプロを味方に付けて就活を行なってほしいと思います。

ここでいう就職のプロというのは就職支援サイトの事。就職支援サイトには就職をサポートしてくれる専任コンサルタントがいます。就職支援サイトによってはコンサルタントではなく、コーディネーターや就職アドバイザーと呼ばれる事もあります。

この専任コンサルタントがニート就職の心強い味方になってくれるんですね。

はじめに行われるカウンセリングであなたの人間性や性格、長所や短所、これまでの学歴・経歴を把握し、あなたにピッタリの就職サポートをしてくれるので自分一人で就活を行うよりも断然、有利に就活を進めていく事ができます。

求人の紹介、応募書類の作成サポート、面接対策はもちろん、キャリアプランの提案や就職に関する悩みや不安の相談にもしっかり受け答えしてくれるので就職の心強い味方になってくれる事は間違いありません。

ニートにおすすめの就職支援サイトを以下にまとめてみたので是非、目を通してもらいたいと思います。

ニートにおすすめの就職支援サイト

就職shop

リクルートキャリアが運営している若者向け就職・転職サービス

ニートから正社員就職を目指している方にまずおすすめしたいのが就職shopという就職サイト。

就職shopはリクルートキャリアが運営している若者向け就職・転職サービスになり、ニートでも有利に就活を進めていく事ができます。

利用者も年々増加しており、今では多くのフリーターさんが就職shopを利用して就職を進めています。実際に就職shopの利用者の9割が20代の方になり、それだけ若い年代の方から支持されているという事です。

見る事ができる求人もフリーター向けの正社員求人が中心なので自分が探している求人、自分に合った求人が見つかる可能性も高いですよ。

就職shopは現在、フリーターから正社員就職を目指している方におすすめできる就職サイトになるので一度、公式サイトに目を通してどのようなサポートを受ける事ができるのかを確認してもらいたいと思います。

そして、利用するメリットがあると思ったら是非、就職shopを利用して就活を進めてほしいと思います。

ハタラクティブ

ニート向けの就職支援サービス

ハタラクティブは東京、千葉、埼玉、神奈川といった関東圏内で就活を行なっているニートの方にオススメできる就職サイトです。

20代ニート向けの正社員求人や未経験可の正社員求人を豊富に見る事ができ、ニートから正社員就職を目指している方でも有利に求人探しを行う事ができます。

ニート向けの求人を多く見る事ができれば自分が探している求人を見つけられる可能性も高いです。

また、ハタラクティブでは専任キャリアコンサルタントからのサポートも受けられるので断然、有利に就職を決める事ができますよ。ハタラクティブの公式サイトを見て頂ければわかりますが、登録者の内定率も高く、それだけ専任キャリアコンサルタントのサポートがしっかりしているという事がわかります。

ハタラクティブは口コミなどでも多くの高評価を得ている就職サイトなので現在、関東圏内で就活・求人探しを行なっているニートの方には是非、ハタラクティブを活用して就職を成功させてほしいと思います。

リクナビNEXT

リクルートグループが運営する就職・転職サイト

リクナビと聞くと就職・転職を思い浮かべる方は多いと思います。それだけリクナビは知名度が高い企業になります。

このリクナビが運営している就職サイトが『リクナビNEXT』になるんですね。

現在、多くの就職サイトがありますがその中でもリクナビNEXTは最大級の会員数を誇る業界トップクラスの就職サイト。リクナビNEXTを利用して求人探し・就活を行なっている方は多く、その中にはニートの方も多くいます。

リクナビNEXTは実績も豊富ですので安心して就活を行なう事ができるでしょう。

また、全国の様々な職種の正社員求人(非公開求人も含む)を見る事ができ、ニートから正社員を目指して方には頼もしい味方になってくれる就職サイトです。

就活や求人探しを効率よく行えるサービスも充実しているのでより有利に就活・求人探しを行なう事ができますよ。

現在、ニートから正社員就職を目指している方は一度、リクナビNEXTの公式サイトに目を通して、自分に合った求人がないかを確認してみる事をおすすめします。

ニートについて

ニートとフリーターの違いってなに?

ニートとフリーターはなにが違うのでしょうか。よく、ニートとフリーターは一緒だと言われる事がありますよね。ニートとフリーターの違いを見てみましょう。

厚生労働省では『15〜34歳の失業者や無業者のうち、学生や主婦を除き、求職活動にいたっていない者』をニートの定義としています。就職する意思がある人でも就職活動まで至っていない人はニートに分類されるんですね。

一方、フリーターの定義はどうなのかというと『アルバイトやパートで働きながら具体的な就職活動を行なっている者』というのがフリーターの定義です。

要するに、収入がない、働く意思もない、就職活動もしていない人がニートと呼ばれ、アルバイトやパートの収入があって働く意思がある、就職活動もしている人はフリーターと呼ばれています。

ニートは今どのくらいいるの?

内閣府の発表によると、2014年度のニートの数は56万人。年齢別に見てみると15〜24歳が約22万人、25〜29歳が約16万人、30〜34歳が約18万人になっています。ニートは20代が多いイメージがありますが、30代のニートも多いんですね。

ニートの数が80万人もいた2002年のピーク時よりもニートの数は年々少なくなっていますが、20代を中心にまだまだニートの数は多いのが現状です。

ニートはなんで就職しないの?その理由は?

ニートとして生活をしている理由は人によって様々です。

「ニート=働く気がない」という印象がありますが、中にはケガや病気が原因で働く事ができないという人もいますし、学校に通学していたり、資格取得に専念している人もいます。

こうした人はケガや病気から復帰できれば社会復帰する意思がありますし、学校に通っている人も学校の卒業後、資格の取得後に働く意思があるのでニートを脱出できる可能性はあります。

しかし、そもそも働く気がないという理由でニートの生活を続けている人はなかなか社会復帰できないのが現状です。ニート生活が長引いてしまうとますますニートから抜け出す事ができなくなってしまいますので1日でも早くニートから抜け出せるように努力する事が必要です。