TOPページ > 就活のポイント > フリーターが正社員採用をもらう条件

正社員採用をもらう条件ってどんな事?

正社員採用をもらう条件を把握することで就職成功に必要な事がおのずとわかる!

現在、フリーターから正社員を目指して就活を行なっている人は多いと思います。

「フリーターから正社員になりたい!」そう思ってもなかなか採用をもらう事ができない、自分の思うように就活できない、という悩みを抱えているフリーターさんも多いのではないでしょうか。

フリーターからの正社員就職。就職氷河期の頃と比べて仕事が多くある現在ですが、フリーターからの就職はそう簡単に決める事はできません。特にフリーター歴が長い人や学歴がない人、30代を過ぎているフリーターさんは正社員就職をしたくてもそう簡単に採用をもらう事ができないでしょう。

1日でも早く就職するためにもフリーター就職の成功ポイントをしっかり押さえながら就活を行なって行くことが必要になります。

また、正社員採用をもらう条件も頭に入れておいた方がいいでしょう。そうする事で正社員になるにはどんな事が大切になってくるのかがおのずと見えてきます。

ここでは現在、フリーターから正社員就職を目指している方へ。フリーター正社員採用をもらう条件をピックアップしてご紹介しています。

フリーター就職で重要になるのはどんな事?

仕事への意欲をしっかりアピールする!

フリータ−からの就職の場合、企業はスキルや経験をそこまで求めません。未経験者を歓迎している求人なら特にです。

企業がフリーターに求めるものは『仕事への意欲』なんですね。

仕事に対してどのような姿勢で取り組めるか、積極的に仕事を覚える意欲はあるか、将来の目標や夢を持っているか、という事を採用・不採用の判断材料にする傾向があります。

志望動機や自己PR、面接の時に仕事への意欲をしっかりアピールする事ができれば採用担当者にも好印象を与える事ができ、採用をもらえる可能性を高くする事ができます。

ビジネスマナーを身に付ける事も大事!

先ほども述べましたが、フリーター就職にスキルや経験はそこまで求められません。仕事への意欲をしっかりアピールできれば採用をもらえる可能性は高いです。

仕事への意欲をアピールする事に加えて、ビジネスマナーが身に付いているという事も企業にアピールして欲しいと思います。

身だしなみ、立ち振る舞い、話し方、言葉遣いなど、社会人に相応しいビジネスマナーを身に付けているかという事も採用担当者にチェックされているので就活中はビジネスマナーを身に付ける事を忘れてはいけません。

ビジネスマナーを身に付けて社会人に相応しい姿勢で就活を行なえば採用担当者に好印象を与えることができ、高評価を得る事ができるので社会人に相応しい身だしなみ、立ち振る舞い、話し方、言葉遣いなど、ビジネスマナーを身に付けならが就活を行ないましょう。

フリーターから正社員就職を決める事ができる人の共通点

バイトで身に付けたスキルを活かして正社員就職成功!

もし学生時代にバイト経験がある場合や今現在、バイトをしているのであればそのバイト経験を就職に活かさないと損です。

フリーターからの就職。スキルや経験があると就職成功の確率を大幅にアップさせる事ができます。

人材募集をしている企業は即戦力になる人材であれば優遇する傾向にあります。特に中途採用をしている企業の多くは即戦力になる人材を求めているのでスキルや経験があるとそれだけ採用ももらいやすくなるんですね。

書類選考時や面接時にスキル・経験がある事をしっかりアピールする事ができれば、たとえフリーターでも採用担当者に興味を持たれ、採用に大きく近づく事ができるでしょう。

これまでのバイト経験を思い返し、就職に活かす事ができるスキルや経験がある場合は積極的にアピールして採用に近づきましょう。

就職に必要な資格を取得して正社員就職成功!

就職に資格は必ず必要になる訳ではありませんが、資格があった方が正社員就職を決められる可能性は高くなります。

現在、資格の時代とも言われていて実に様々な資格があります。

自分が就きたい職種に関連している資格がある場合は積極的に取得してみる事をおすすめします。

資格があればスキルがあるという事を証明する事ができるので即戦力になれるという事をアピールする事ができます。

資格の中には「一生ものの資格」もあるので取得をして損をする事はなにもありません。取得できる資格がある場合は積極的に取得して就職の武器を手に入れましょう。

履歴書・志望動機・自己PRで自分をしっかりアピールできる人

履歴書・志望動機・自己PR。採用・不採用の判断材料になるものです。

いくら優秀な人材、高学歴な人でもこの履歴書・志望動機・自己PRを適当な考えで作成すると採用をもらう事はできないでしょう。

逆にフリーターからの就職でも履歴書・志望動機・自己PRをしっかり作成する事ができれば採用をもらう事ができます。

決して、適当な考えではなく「その企業で働きたい!」「正社員として就職したい!」という気持ちを履歴書・志望動機・自己PRでしっかり伝える事ができれば採用をもらえる確率は高くなりますよ。

正社員として働きたいという事をしっかり伝える事ができれば仕事に対する意欲が高い、仕事に対する姿勢が積極的、という事をアピールする事ができるので正社員就職を成功させるためにも履歴書・志望動機・自己PRはしっかり作りこむ事が重要です。

学歴・経歴よりもに人柄を重視している企業求人を中心を探した人

フリーターからの就職を成功させるには未経験求人や経歴不問の求人を中心に探す事もポイントになります。

未経験求人や経歴不問の求人は人選時、人柄が重視される傾向にあり、フリーターでも企業が求める人物像とマッチングすれば採用をもらえる可能性があります。

フリーター向けの就職サイトでは未経験求人や経歴不問求人を豊富に見つける事ができるので現在、フリーターから正社員就職を目指しているフリーターさんには一度、フリーター向けの就職サイトに掲載されている求人に目を通して、どんな未経験求人や経歴不問求人があるかを確認してほしいと思います。

簡単に採用をもらえないと覚悟する事も必要!

フリーターからの正社員就職はそう簡単に決められない

冒頭でも述べましたが、フリーターからの正社員就職はそう簡単に決められるのかというとそうではありません。

中にはなかなか採用をもらえないという悩みを抱えているフリーターさんも多くいます。

ですので、簡単に採用をもらえないと覚悟する事も必要になってきます。

はじめからこうした覚悟を持つ事で、もし不採用が続いた時もモチベーションを下げずに就活に励んでいく事ができるようになります。

高いモチベーションで就活を行なって行くという事も就職成功の大切なポイントになってくるので採用をもらえないと覚悟することも大事なんですね。

高いモチベーションを維持し、不採用になってもすぐに気持ちを切り替えることができればスムーズに再度、就活をスタートさせる事ができますよ。

失敗をプラスにする事が必要!

不採用をもらった時、反省をして失敗をプラスに変える

不採用をもらった時、ただ「ダメだった・・・」「また次頑張ろう・・・」とだけ思うのではなく、「なぜ不採用だったのか?」「なにか改善できるところはないだろうか?」と反省をして、失敗をプラスに変える事がとても重要になります。

失敗は成功のもとということわざがありますが、失敗をプラスに変える事で就職の成功確率はアップします。

不採用にはなるにはなにかしらの原因があるからです。志望動機や自己PRでしっかりアピールできのか、面接の受け答えになにか問題があったのではなど、不採用の原因を探ってみましょう。

なにも反省をしなかったら何度も同じことを繰り返してしまう事になり、一向に採用をもらう事はできません。

不採用になった現実をしっかり受け入れ、反省して改善しなければいけない所を改善していきましょう。

失敗をプラスに変える事ができれば正社員就職の成功確率もどんどん高くなっていくので不採用をもらった時は必ず反省をしてプラスに変えていきましょう。

フリーター就職におすすめの記事

現在、就活を行なっているフリーターの方の中には未経験の職種へ就職をお考えの方も多いと思います。求人の中には実経験が必須になる求人もありますが、未経験者でも歓迎している求人を探す事ができれば未経験からでも就職をする事は可能です。

高卒フリーターの方が就職を目指して就活を行なう際、不利になる事が多く、ただ就活をしていても正社員として採用をもらう事は難しいです。高卒フリーターの方はこの不利な状況を補うためにも就活を行なう際には色々と工夫をして就活に取り組む事が必要になります。

人材募集をしている企業の採用担当者も就職浪人には良い印象を持たずにマイナスの印象を抱えてしまうそうです。これでは就職浪人をしている方は不利な状況で就活を行わなければなりません。不利な状況で就活を進めても就職の成功率は低くなるので、この不利な状況を有利な状況に覆す事がポイントになります。

ニートでも就職ポイントをしっかり押さえる事でスムーズに就活を行なって行く事ができますし、自分に合った仕事をみつける事は可能です。また、今では就職をサポートしてくれる就職支援サイトも多く誕生しているので就職支援サイトを味方に付ければ有利に就職を決める事もできます。

現在では、フリーターを歓迎している求人、未経験者を歓迎している求人、もっと視野を広げれば既卒・第二新卒を歓迎している求人も頻繁に見れるようになっているので積極的に就活を行えば既卒フリーターからでも正社員就職を決められる可能性は十分にあります。

PAGE TOP