TOPページ > 就活のポイント > 第二新卒は有利に就職を決められる!?第二新卒の就活ポイント

第二新卒はスムーズに就職を決められる!

需要が高くなっている『第二新卒求人』

求人を見ていると頻繁に見つける事ができる『第二新卒歓迎』という言葉。

実はこの第二新卒、求人市場で需要が高くなっているんですね。

先ほども述べましたが、求人を見ていると第二新卒を歓迎している求人を多く見つける事ができるので第二新卒者は有利に就職活動・求人探しを行なう事ができます。

第二新卒とは、

「新卒で入社して3年未満の求職者」

の事を指します。

もし、この条件に当てはまっていれば第二新卒として仕事探しを行なう事ができるんですね。

現在、お仕事探しをしているフリーターさんの中で一度、社会人経験があって大学卒業後3年未満という人は第二新卒扱いになり、お仕事探しも有利に行う事ができ、就職もスムーズに決める事ができるでしょう。

第二新卒求人の需要が高くなっている理由

第二新卒を求めている企業が増えている!

第二新卒の求人を多く見つける事ができるという事はそれだけ第二新卒を求めている企業が多いという事。

では、なぜ第二新卒を求めている企業は多いのでしょうか?

理由としては、

  • 新卒採用で確保できなかった人材を確保するため
  • 社会人経験があるので教育のコストを軽減できる
  • 第二新卒の方が離職率が低い

景気が回復している現在、新卒求人も数多く見つける事ができますが、すべての企業が十分な人材を確保できているとは限らず、人材確保しきれない部分を第二新卒で補っている傾向にあります。

また、第二新卒を採用することで企業には教育コストを軽減できるというメリットと離職率が低いというメリットがあります。

第二新卒は期間関係なく一度、社会人経験があります。社会人経験があるので新卒採用と違って教育のコストを省く事ができ、すぐに仕事を教えていく事ができます。新卒採用だと、仕事だけではなく社会人としての教育も必要になりコストと時間が意外とかかってしまうんですね。

それに新卒の3割が入社3年以内に辞めてしまうと言われており、教育にかけてきたお金と時間が全て無駄になってしまうのも避ける事もできます。

そして、第二新卒の方ですと社会人経験があり、自分に合った仕事を見極める事もできるようになっているので新卒のように入社してすぐに退職という事態を防ぐ事もでき、こうした事も第二新卒を採用するメリットになるんですね。

こうした理由で第二新卒を積極的に採用している企業が増えていて、求人市場では第二新卒求人の需要が高くなりはじめています。

第二新卒は就活は幅広く、そして有利に行なえる!

見る事ができる求人の数が多ければ多いほど幅広く求人探しを行なう事ができ、自分に合った求人、自分が探している求人が見つかる可能性は高くなります。

前職で身に付けたスキルやキャリアを活かす事ができる就職ならより有利に就職を決める事ができますし、たとえ未経験の職種でも将来性が十分にある第二新卒者だと採用をもらえる可能性は非常に高いです。

第二新卒の就職にも対応している就職支援サイトを利用する事で豊富な第二新卒求人を見つける事ができるので現在、第二新卒から就職を目指しているフリーターさんには是非、第二新卒の就職を支援している就職支援サイトを利用して有利に就職を決めてほしいと思います。

第二新卒者におすすめの就職支援サイトは以下のページでご紹介しているので一度、目を通してもらいたいと思います。

第二新卒におすすめの就職支援サイトはこちら!

第二新卒の就活ポイント

就職支援サイトを利用する!

第二新卒の就活ポイントとして挙げたい事は先ほどご紹介した就職支援サイトを利用する事です。

第二新卒を歓迎している求人を豊富に見つける事ができますし、就活をサポートしてくれる専任コンサルタントもいるのでより有利に就活を行なっていく事ができます。

求人の紹介、履歴書や志望動機の添削、面接対策など、様々なサポートを受ける事ができるので自分一人で就活を行うよりも断然、有利に就職を決める事ができます。

就職支援サイトの専任コンサルタントは就職サポートのプロです。これまでに何人ものフリーターさんを就職に導いてきた実績があるので就職を目指している第二新卒の方の就職も成功へと導いてくれることでしょう。

就職支援サイトは第二新卒者の就職の心強い味方になってくれる事は間違いありませんので是非、就職支援サイトを利用して有利に就職を決めてもらいたいと思います。

将来のキャリアプランを明確に!

就職を目指している第二新卒の方には将来のキャリアプランを明確にして欲しいと思います。特に自分のやりたい事がはっきりと決まっていない人は将来的な事を考えてから就職をするようにしましょう。

そうでなければまた転職をしなければいけない可能性がでてきてしまいます。

何度も転職を繰り返してしうまうと30代や40代になった時に後悔してしまう恐れがあるので20代のうちにキャリアプランを明確にしてそのプランに合ったキャリアを積んでいく事が必要になります。

30代や40代になってからキャリアを築いていくのは正直難しいので20代でキャリアの土台をつくって確実にキャリアを積んでいくようにしましょう。

この将来のキャリアプランを明確にすることも第二新卒の就職ポイントになってくるのでこうした事もしっかり頭に入れながら就活を進めてほしいと思います。

フリーター就職におすすめの記事

現在、就活を行なっているフリーターの方の中には未経験の職種へ就職をお考えの方も多いと思います。求人の中には実経験が必須になる求人もありますが、未経験者でも歓迎している求人を探す事ができれば未経験からでも就職をする事は可能です。

高卒フリーターの方が就職を目指して就活を行なう際、不利になる事が多く、ただ就活をしていても正社員として採用をもらう事は難しいです。高卒フリーターの方はこの不利な状況を補うためにも就活を行なう際には色々と工夫をして就活に取り組む事が必要になります。

人材募集をしている企業の採用担当者も就職浪人には良い印象を持たずにマイナスの印象を抱えてしまうそうです。これでは就職浪人をしている方は不利な状況で就活を行わなければなりません。不利な状況で就活を進めても就職の成功率は低くなるので、この不利な状況を有利な状況に覆す事がポイントになります。

ニートでも就職ポイントをしっかり押さえる事でスムーズに就活を行なって行く事ができますし、自分に合った仕事をみつける事は可能です。また、今では就職をサポートしてくれる就職支援サイトも多く誕生しているので就職支援サイトを味方に付ければ有利に就職を決める事もできます。

現在では、フリーターを歓迎している求人、未経験者を歓迎している求人、もっと視野を広げれば既卒・第二新卒を歓迎している求人も頻繁に見れるようになっているので積極的に就活を行えば既卒フリーターからでも正社員就職を決められる可能性は十分にあります。

PAGE TOP