TOPページ > 30代フリーターの就活

30代フリーターの就職ポイント

30代フリーターはそう簡単に就職を決められないの現実

30代は社会人として最も脂が乗っている時期です。転職市場でも30代の転職者は需要が高く、即戦力になる30代、会社の利益に貢献してくれる30代を欲しがっている企業はたくさんあります。

しかし、フリーターになると話は全く別です。

現在、30代フリーターから就職を目指しているという方もいる事でしょう。

フリーターでもこれまでの社会人経験で培ってきたキャリアとスキルがあれば転職をスムーズに決める事はできますが『社会人経験なし』『職歴なし』という状況から就職はそう簡単に決める事はできないでしょう。

中途採用を行なっている企業の大半は30代の転職者には即戦力になることを求めます。企業が求める人物像とマッチングしていないと採用をもらう事はできないので、30代フリーターの就職はいっきに難しくなるんですね。

20代ならまだ将来性や可能性、人柄を採用の判断材料にしてくれる企業もありますが、30代の採用は即戦力になる事が重視されてしまいます。

だからこそ対策は万全に!

どうしても不利になってしまう30代フリーターの就職。

ただ求人にエントリーするだけではいつまでも就職を決める事ができないので就職成功のポイントになる事をしっかり頭に叩きこんでから就活をスタートさせましょう。

就職の成功ポイントをしっかり押さえて、万全な状態で就活をスタートすれば就職の成功確率を高くする事はできます。

思うように採用をもらえない事もあるかもしれませんが、辛抱強く、そして根気強く、就活に励んでもらいたいと思います。

30代フリーター 就活で大事になること!

採用されやすい仕事を見つける!

仕事探しをする時、自分のやりたい仕事の求人だけを見るのではなく、採用をもらいやすい仕事の求人も探しましょう。

採用をもらいやすい仕事の求人というのは『未経験者を歓迎している求人』や『学歴・経歴・年齢不問の求人』です。

求人を見ていると、未経験求人や学歴・経歴・年齢不問の求人を目にすると思います。こうした求人は幅広く人材を募集・採用しており、企業が求める人物像に当てはまれば30代フリーターからでも採用をもらえる可能性があるんですね。

自分が興味のない仕事でも未経験求人や学歴・経歴・年齢不問の求人を見つけた場合は一度、求人に目を通して、内容を確認してみましょう。

30代フリーターの就職は自分がやりたい仕事ではなく、自分にもできる仕事、自分でも採用をもらう事ができる仕事を探すという事が就職成功の大きなポイントになってきますので求人探しをする時はこうした事も頭に入れながら仕事探しを行なってみてください。

履歴書の作成・面接対策は慎重に!

就活に履歴書と面接は付きものです。この2つをクリアしなければ採用をもらう事はできません。

ですので履歴書(志望動機・自己PR)の作成と面接対策は慎重に行なうようにしましょう。

履歴書の作成ポイント
面接対策のポイント

上記のページで履歴書の作成ポイントと面接対策のポイントをご紹介しているので一度、目を通してどのような事がポイントになるのかを頭に入れて履歴書の作成と面接対策を行なってほしいと思います。

30代フリーターの就活 記事一覧

30代フリーターの就活ポイント

30代でフリーターから正社員を目指す場合、就活が不利になる事が多くなります。応募できる求人も限られてきますし、採用をもらえる可能性は20代の方に比べると低くなってしまいます。スキルを身に付けている職種への就職でしたら採用をもらえる可能性もありますが、未経験の職種への就職は難しいといっていいでしょう。

PAGE TOP