30代フリーターの就職ポイント

フリーター 就職

  1. 就職を目指している30代フリーターの就活ポイント
    1. 30代は自分のスキルを活かす事ができる仕事を探す
    2. 30代フリーターの方におすすめする就活方法
  2. 就職支援サイトの魅力・メリット
    1. 豊富な正社員求人を見る事ができる!
    2. 豊富なノウハウで採用をもらえる可能性を高くできる
  3. ビジネスマナーを身に付ける事は重要
    1. 企業もビジネスマナーを採用の判断材料にしている
    2. 社会人としての基本的なビジネスマナー
    3. 就活をする際や面接に挑む際には確認を!
  4. 自分のスキルを活かせる求人を見つける
    1. 30代で就職をする際に大切になるものはスキル
    2. 30代の就職は有利に就活・求人探しをする事が重要
  5. 何度も転職を繰り返さないためにも妥協しないことが大事!
    1. 30代でも有利に就活を行う事は可能
    2. 就職支援サイトは心強い味方になってくれる
    3. 30代での就活・求人探しは慎重に!
  6. 自己分析をして企業にアピールする!
    1. 職務経歴書で自分の事を最大限アピールする事が重要!
    2. 企業の事を分析することも重要!
  7. 30代女性フリーターの就活ポイント
    1. 30代女性で就活を行なっている方へ
    2. 女性が採用されやすい職業
    3. 30代女性におすすめの求人サイト
  8. 30代から未経験の職種へ就職をお考えの方へ
    1. 30代から未経験の職種への就職ポイント
    2. その職種に関連している資格があれば積極的に取得する
    3. バイトや派遣社員として実際に現場で働いて実績を作る

就職を目指している30代フリーターの就活ポイント

30代は自分のスキルを活かす事ができる仕事を探す

30代フリーターから正社員を目指す場合、就活が不利になる事が多くなります。

応募できる求人も限られてきますし、採用をもらえる可能性は20代の方に比べると低くなってしまいます。

スキルを身に付けている職種への就職でしたら採用をもらえる可能性もありますが、未経験の職種への就職は難しいといっていいでしょう。

企業が30代の求職者に求める事は即戦力になる事です。

スキルがなにもなければ即戦力になる事はできません。

また、20代の方も求人には多く応募してきていますので初めから仕事を教えるのであれば将来性がある20代を優先して採用をする企業は多いと言います。

ですので30代で就活を行う場合は自分のスキルが活かせる求人を探すという事がポイントになってきます。

30代の方ですと20代の方に比べると人生経験もありますし、ビジネスマナーなどもある程度は身についていると思います。社会経験がある方も多いと思います。

30年間生きてきた中で身に付けたスキルを活かす事ができる仕事を見つける事ができれば就職できる可能性も高くなります。

このように30代では自分のしたい仕事を探すという考えではなく、自分のスキルを活かす事ができる仕事を探すという考えをもって就活・求人探しを行うと就活・求人探しを有利に進める事ができます。

30代フリーターの方におすすめする就活方法

上記でも述べたように30代の就活はただでさえ不利になります。

この不利な状況を覆すためにも有利に就活・求人探しを進める方法を見つけなければなりません。

当サイトが30代フリーターの方におすすめする就活方法は就職支援サイトを利用して就活を行うという事です。

就職支援サイトでは様々なサポート受ける事ができるので、自分一人で就活を行うよりも断然有利に就活を行う事ができます。

30代の方でも有利に就活・求人探しを有利に行う事ができるので就職を成功させる可能性も広げる事ができます。

30代フリーターにおすすめの就職支援サイトを以下にまとめてみました。、

いずれも業界トップクラスの実績を誇っている就職支援サイトになります。

フリーター向けの正社員求人も豊富に見る事ができますし、就活・求人探しをサポートしてくれるコンサルタントもいるので安心して就活を行う事ができます。

受けられるサービスはすべて無料ですので利用する価値は十分にあります。

現在、30代で正社員を目指して就活を行なっている方には是非、利用して有利に就活を行う事をおすすめします。

就職支援サイトの魅力・メリット

豊富な正社員求人を見る事ができる!

様々な職種の豊富な正社員求人も見る事ができるので自分に合った求人、自分が探している求人も見つける事ができます。

この豊富な正社員求人を見れる事は就職支援サイトの一番の魅力・メリットになります。

一般には公開されていない非公開求人も見る事ができ、30代からでも応募する事ができる正社員求人を見つける事ができます。

また、求人探しが有利になる事以外にも就活をサポートしてくれるコンサルタントがいるという事も就職支援サイトの大きな魅力・メリットになります。

コンサルタントから受けられるサポートは多々あるのですが、中でも志望動機・履歴書・職務経歴書の添削、面接対策のサポートは就活自体を有利に行えるためには欠かす事のできないものになります。

豊富なノウハウで採用をもらえる可能性を高くできる

先ほども述べましたが30歳からの就職は不利になる事が多くあります。

しかし、就職支援サイトのコンサルタントからのサポート受ける事でこの不利な状況を覆す事ができます。

採用に有利になる志望動機、履歴書、職務経歴書を作成する事ができ、面接対策も採用に有利になるように対策をする事ができます。

就職支援サイトには過去の実績や成功事例も多くあるので採用をもらうためのノウハウもしっかり収集する事ができ、採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

現在、就活をしている30代の方には是非、就職支援サイトを活用してもらって就活・求人探しを有利に行って頂きたいと思います。

ビジネスマナーを身に付ける事は重要

企業もビジネスマナーを採用の判断材料にしている

就活をする際にはビジネスマナーを身に付けている事も重要になってきます。

特に30代の場合は世間的には一人前の社会人ではないといけない年齢になります。

企業もビジネスマナーを採用の判断材料にしている所もあります。

その職種のスキルよりもビジネスマナーを身に付けているという事は社会人としての基本的な事になります。

採用をもらうためにもビジネスマナーを身に付ける事は大切になってきます。

ここでは就活で求められるビジネスマナーについてご紹介しています。

現在、フリーターから正社員を目指して就活を行なっている30代の方に参考にして頂きたいと思います。

社会人としての基本的なビジネスマナー

まず、社会人としての基本的なビジネスマナーはなんなのかというと、

  • 礼儀作法
  • 言葉遣い
  • 身だしなみ
  • 立ち振る舞い方

主に挙げられるのは上記の項目になります。

これらの項目は実際に働きはじめてからももちろん必要になりますが、面接時にも必要になる事です。

面接時にこれらのビジネススキルを身に付けられていないと面接官に与える第一印象も悪いものになりますし、採用をもらえる可能性も低くなってしまいます。

企業の採用担当者や面接官の中には第一印象で不採用を決めてしまう方も多くいると言います。

採用をもらうためにも面接官によい第一印象を与える事は必須になります。

このように採用をもらうためにも、一人前の社会人としても、ビジネスマナーは身に付けている事は必須になります。

就活をする際や面接に挑む際には確認を!

就活をする際や面接に挑む際には自分にはしっかりビジネスマナーが身についているかという事を確認しましょう。

まずは身だしなみからです。

社会人としてふさわしい身だしなみなのか、髪に寝癖はついていないか、その職種にふさわしい髪の色なのか、スーツに汚れやシワはないか、ビジネスマンにふさわしいカバンなのか、もう一度確認してみましょう。

これらの事は社会人として当たり前の事になります。

身だしなみに問題がある場合はすぐに改善するようにしましょう。

そして、礼儀作法・言葉遣いです。

正しい礼儀を身に付けているか、正しい敬語、正しい日本語を使っているか、確認しましょう。

ただ首で会釈をするのは礼儀とはいいません。

また、言葉遣いでは日頃から略語や流行語を使っている方は特に注意が必要です。

就活中や面接を控えている方は日頃から正しい言葉を使う事を心がけて生活をする事が大切です。

他にも立ち振る舞い方を見ている面接官もいます。

これは特に女性の方は注意しましょう。

企業で女性は受付などお客様の対応をする事が多くなります。

面接時にはあなたの行動ひとつひとつチェックされている可能性もあります。

歩き方から座り方、話し方など相手を不快にさせない立ち振る舞い方を身に付けるといいでしょう。

自分のスキルを活かせる求人を見つける

30代で就職をする際に大切になるものはスキル

30代から就職を目指して就活をする際に採用される可能性を高くできるポイントは自分が身に付けているスキルを活かす事ができる求人に応募する事です。

一般的な企業では30代の未経験者は採用をしない傾向にあります。

理由は30代の求職者には即戦力になる事を求めているからです。

同じ未経験者を採用するなら将来性がある20代を採用する企業が多いのが現状です。

世間的に考えると30代になると企業では中堅的な立場になります。

仕事もバリバリこなし、部下や後輩も多くいる年齢になります。中には役職が付いている方もいます。

ですので、未経験の職種への就職はできない事はありませんが採用をもらえる可能性は極めて低いです。

やはり、30代で就職をする際に大切になるものはスキルです。

30代ですと今までに様々な事を経験して身に付けたスキルが多くあると思います。

そのスキルを活かす事ができる職種の求人を見つける事ができれば就活を有利に進める事ができ、採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

就活に入る前に自分の事をしっかり自己分析をして、自分は今までにどんな事をしてきたのか、どんなスキルを身に付けてきたのか、などの事をしっかり把握して就活をするようにしましょう。

30代は20代と違って、自分のやりたい職種に就職するといった余裕はありません。

自分のスキルを活かす事ができる職種を見つけ、その職種の求人に絞って求人探しを行った方が効率よく求人探しを行う事ができます。

その職種で活かす事ができるスキルがあれば、採用をもらえる可能性も高くする事ができ、就職を成功させる事ができます。

30代の就職は有利に就活・求人探しをする事が重要

就職支援サイトをを活用する事でコンサルタントから様々なアドバイスや提案をもらう事ができます。

30代でも有利に就活を進められる可能性も高いので、自分一人で就活をするのが不安だという方は就職支援サイトを利用して就活を行なって頂きたいと思います。

コンサルタントは求人探し・履歴書、志望動機の作成、面接対策まで就活をすべてサポートしてくれるので30代でも有利に就活・求人探しを行う事ができます。

30代からの就職は少しでも有利に就活・求人探しをする事が重要になります。

就活・求人探しを有利に行うためにも現在、就活を行なっている30代の方には就職支援サイトを利用して就活を進める事をおすすめします。

何度も転職を繰り返さないためにも妥協しないことが大事!

30代でも有利に就活を行う事は可能

30代ではそう何度も就職、転職を繰り返す事はできません。

就職難だからと言って手当たり次第に求人に応募して採用をもらったからといって就職できても自分に合っていない職種の場合はすぐに退職をしてしまう可能性があります。

先ほども述べましたが30代ではそう何度も就職、転職を繰り返す事はできません。

何度も就職、転職を繰り返さないためにも慎重に就活を行う、妥協をしないで求人探しをする事が大切になってきます。

30代では最後の就職という気持ちを持って就活・求人探しをするようにしましょう。

就活方法次第では30代でも有利に就活を行う事は可能です。

就職支援サイトは心強い味方になってくれる

フリーターの就活をサポートしてくれる就職支援サイトを利用する事で30代でも有利に就活を行う事ができます。

豊富な正社員求人を見る事ができるので自分に合った職種の求人を見つける事ができる可能性も高くする事ができます。

また、就活・求人探しをサポートしてくれるキャリアコンサルタントからも就活に関する様々なアドバイスや提案をもらう事もできます。

どのように求人探しを行えばいいのか、どのような就活を行なえばいいのか、自分に合った仕事の見つけ方、など就職を成功させる事ができる様々なノウハウもしっかり収集する事ができます。

履歴書や志望動機の添削をしてくれるので採用に有利な志望動機・履歴書を作成する事ができ採用をもらえる可能性を高くする事ができます。

また、就活の最終関門でもある面接の対策も徹底的にサポートしてくれるので面接も有利に行う事ができ、就職を成功させる事ができます。

履歴書や志望動機の作成や面接対策を自分一人で行うのが難しいという方にとって就職支援サイトは心強い味方になってくれます。

30代での就活・求人探しは慎重に!

このように就職支援サイトを利用する事で自分一人で就活を行うよりも断然有利に就活を行う事ができ、30代でも有利に就活を行う事ができます。

冒頭でも述べましたが30代の就活で妥協をしてしまうと就職、転職を何度も繰り返す事になる可能性もあるので、現在30代で正社員を目指して就活を行なっている方は就職支援サイトを利用して妥協をしない就活・求人探しをして頂きたいと思います。

40代になった時に苦労しないためにも30代での就活・求人探しは慎重に行うようにしましょう。

自己分析をして企業にアピールする!

職務経歴書で自分の事を最大限アピールする事が重要!

30代の就職を成功させるポイントとして職務経歴書で自分の事を最大限アピールする事も重要になってきます。

一般的には求人に応募する時は履歴書のみを送付する事になりますが、履歴書だけではアピールしきれない部分もあるので職務経歴書も作成して履歴書を一緒に企業に送付しましょう。

これまでの職歴で身に付けたスキルや学生時代に身に付けたスキルなど、30代では身に付けているスキルは多くあると思います。

こういったスキルを企業側にしっかりアピールする事が大切になってきます。

自己分析を行い、過去に自分が身につけたスキルをしっかり把握しましょう。

身につけたスキルだけではなく自分がどんな性格なのか、どんな人間なのかということを把握する事も職務経歴書を作成する上で大切になってくる事です。

そして、この時に頭に入れておいてほしい事はただ自分の持っているスキルをアピールするのではなく、企業でどのようにそのスキルを活かすのかというです。

企業にとってプラスになる事をしっかりアピールする事ができれば採用をもらえる可能性も高くする事ができますので職務経歴書を活用して自分がどういう人間なのかという事を企業側にしっかりアピールしましょう。

30代からの就職ですと企業側は即戦力になる人材を求めている事が多いです。

自分のスキルや性格、長所をしっかり企業側に伝える事ができれば即戦力になると判断される可能性もあり、採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

企業の事を分析することも重要!

職務経歴書を作成する際には、過去にどのような仕事をしていたのか、自分のどういった立場だったのか、身に付けたスキルはなにか、という事を具体的に記載してわかりやすく伝えましょう。

もし、過去のに職歴がない場合でも自分がアピールできる事は積極的にアピールするようにしましょう。

自分の長所や短所、特技や趣味、などその企業で強みになるよう事を探し、アピールしていきましょう。

ただ自分の事をアピールしてもその企業が求めている事と違ってしまっては採用担当者に興味を持ってもらう事ができません。

ですので、職務経歴書で自分をアピールさうる際は、企業分析もしっかり行い、企業がどんな人材を求めているのかという事を把握する事も大切になってきます。

30代女性フリーターの就活ポイント

30代女性で就活を行なっている方へ

30代女性で就活を行なっている方の中には結婚や出産を経て社会復帰が目的で就活・求人探しを行っている方も多いと思います。

現在、夫婦共働きをしている家庭も多いので30代女性で就活をしている方は多くいると聞きます。

30代の女性の場合ですと、事務などのデスクワーク系のお仕事だと比較的採用されやすい傾向にあります。

デスクワークのお仕事ですと残業なども少ない企業が多いので家庭を持っている方でも仕事と家庭を両立する事ができます。

過去に事務系のお仕事の経験がない方でも資格があれば採用をもらえる可能性は高いです。

資格は自分のスキルを証明する事ができるものになります。

事務系のお仕事に関する資格では、秘書検定や簿記検定、ワードやエクセルに関する資格があれば即戦力になると判断されて採用をもらえやすくなります。

資格を取得している事を必須条件にしている求人も見る事ができるので就活、求人探しを有利に行いたい場合は事務系のお仕事に関する資格を積極的に取得するといいでしょう。

女性が採用されやすい職業

他にも女性ですと、アパレル業界や美容業界の職種にも採用されやすい傾向にあります。

アパレル業界ですと未経験からでも十分に採用をもらえる可能性がある職種になります。

30代女性のスタッフを募集しているラグジュアリーブランドや高級ブランド、海外ブランドの求人を多く見る事ができるので洋服やファッションに興味がある方は一度どのような求人があるのか調べてみるといいでしょう。

美容業界のお仕事ですとエステテシャンやヘアメイク、ネイリストなどのお仕事があります。

これらの美容業界のお仕事は資格やスキルが必要になる事が多いですが短期間で資格やスキルを身に付けられる学校も現在では多くあるので学校に通ってスキルや資格を身に付けてから就活を行なっても遅くはありません。

資格やスキルを身に付けてから就活を行った方が有利に就活を行えますし、採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

30代女性におすすめの求人サイト

求人を探す際にはまず、フリーター向けの求人を豊富に見る事ができる求人サイトに登録する事をおすすめします。

当サイトでおすすめしている求人サイトは、

  • 就職Shop
  • リクルートエージェント
  • DODA

になります。

この3つの求人サイトはフリーターや求職者向けの求人サイトになり、知名度も高く業界トップクラスの実績を誇る求人サイトになります。

30代の女性の方にピッタリな求人も見つける事ができるので就活・求人探しを行う際には是非、活用していただきたい求人サイトになります。

30代から未経験の職種へ就職をお考えの方へ

30代から未経験の職種への就職ポイント

30代から未経験の職種へ就職をお考えの方にはまず、その職種のスキルを身に付ける事をおすすめします。

なにもスキルがない状態でも採用はまず難しいと言っていいでしょう。

たとえ未経験可の求人でもその求人に応募しているのは未経験の方だけではありません。

経験者も多く応募していますし、年齢が20代の方も多く応募しています。

経験者と20代の方と比べると30代で未経験者は不利になります。

企業も経験者と未経験者では経験者を優遇します。年齢も同じ未経験者なら将来性がある20代を優先します。

このように30代で未経験の職種へ就職する際には、不利になる事が多くあります。

この不利な状況を覆すためにもスキルを身に付けてから就活を行う事は必須になってきます。

その職種に関連している資格があれば積極的に取得する

近年では様々な資格もあります。

自分が就こうと思っている職種に関連した資格がある場合は資格を取得してもいいでしょう。

資格を取得するためには勉強をしなければいけません。

その職種の知識が身につくので、資格を取得していればスキルがあるという事を証明する事ができ、就活を有利に進める事ができます。

現在、30代から未経験の職種へ就職を目指してる方はその職種に関連している資格があれば積極的に取得する事をおすすめします。

資格取得を支援している学校も多くあるので、学校に通いながらスキルをを身に付けてから就活を行う事をおすすめします。

バイトや派遣社員として実際に現場で働いて実績を作る

他にもバイトや派遣社員として実際に現場で働いて実績を作ることもできます。

バイトや派遣ですと正社員よりも採用される壁は低いです。

たとえバイトや派遣でもしっかりスキルを身に付けるはできますので半年間~1、2年間現場で実績を作って再度、就活をする事も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

遠回りになると思われますが、現場でしっかり実務経験を積む事ができるので再度、就活を行う際には経験者として就活を有利に進められます。

この時に先ほど紹介した資格や検定なども取得するとより有利に就活を進める事ができ、正社員として採用をもらえる可能性も高くする事ができるでしょう。

上記でご紹介してきたように30代からでも就活方法次第では未経験の職種へ就職する事は可能です。

現在、30代から未経験の職種への就職を目指している方は上記でご紹介してきた事を参考に就活を進めてもらいたいと思います。