高卒フリーターの就職

フリーター 就職

高卒フリーターの就活ポイント

高卒フリーターが就活を有利に進めるには?

高卒の場合、就活を行なう際には不利になってくる事が多くあります。

フリーターの方ですと特にです。

応募できる求人も大卒や専門卒の方と比べると少なくなり、就活の行動範囲も狭くなってしまいます。

それに高卒の場合は年齢も大きく関係してきます。

10代や20代ですと就活を有利に行える可能性はありますが、30代を過ぎてしまうと就活は苦労する事が多くなるといっていいでしょう。

このように高卒フリーターの方が就職を目指して就活を行なう際、不利になる事が多く、ただ就活をしていても正社員として採用をもらう事は難しいです。

高卒フリーターの方はこの不利な状況を補うためにも就活を行なう際には色々と工夫をして就活に取り組む事が必要になります。

ここでは高卒フリーターの方が有利に就活を進める方法をご紹介しています。

現在、高卒フリーターから正社員を目指して就活を行なっている方に参考にして頂きたいと思います。

就職支援サイトを利用する

就職支援サイトを利用するとより就活や求人探しを有利に行う事ができます。

たとえ高卒フリーターという立場でもキャリアコンサルタントがあなたに合った就活方法や求人探しの提案をしてくれます。

カウンセリングを行い、あなたの適性を見極め、性格やタイプにあった正社員求人をピックアップして紹介してくれますので効率よく自分に合った正社員求人を探す事ができます。

他にも履歴書、志望動機、面接のサポート体制も万全ですので、自分一人で就活・求人探しを行なうよりも断然有利に就活・求人探しを行なう事ができます。

このように就職支援サイトは高卒フリーターの方にとって心強い味方になってくれます。

スキルや資格が高卒就職の武器になる!

スキルや資格を身に付ければ即戦力になるという強みを作れる!

現在、高卒から就職を目指している方にはスキルや資格を身に付けるという選択肢も頭に入れておいてほしい思います。

なぜかと言うと、自分が働きたいと思っている職種のスキルを身に付ける事で就活を有利にする事ができるんですね。

まだ、10代や20代の方ですとスキルを身に付ける時間はたくさんあります。バイトや派遣として働き、スキルを身に付けてから再度、就活をする方も実際には多くいます。

バイトや派遣でも現場で働く事になるのでしっかりスキルを身に付ける事ができ、履歴書に過去の職歴として書く事もできるので『実務経験あり』という状況から就職を目指す事ができます。

スキルなし、経験なしよりもスキルあり、実務経験ありの方が当然、企業の採用担当者に与える印象も変わってきます。もちろん、スキルあり、実務経験ありの方が好印象を与える事ができますし、即戦力になるという判断をされる事もあり、採用に大きく近づく事ができるでしょう。

他にも近年では、職業訓練所や短期スクール、通信講座なども多く開校されています。

もし自分が働きたいと思っている職種のスキルを身に付けられる職業訓練所や短期スクール、通信講座などがある場合は職業訓練所や短期スクール、通信講座でスキルを身に付けるという選択肢をあります。

短期スクールや通信講座は授業料がかかってしまいますが、職業訓練所の授業料は無料ですので是非、就職活動の一環として職業訓練所でスキルを身に付けてから就職を目指してほしいと思います。

また、職業訓練所では資格取得の支援も行っているので資格を取得する事もできるんですね。職業訓練所に通いながら資格を取得し、就職の武器を手に入れている方も実際に多いです。

資格はスキルを証明するものです。資格があればスキルがあることを企業にアピールすることができるので採用担当者に好印象を与える事ができますよ。

このようにスキルや資格を身に付ける事で就活・求人探しを有利に行える事ができます。

経験者しか応募する事ができなかった求人にも応募する事ができ、自分が身に付けているスキルや資格をしっかりアピールする事ができれば採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

高卒フリーターの就職に役立つ資格・検定

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

エクセルやワード、パワーポイントなどのマイクロソフトオフィス製品のスキルを証明できる資格がMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)。

現代の社会ではパソコンのスキルは必須になり、エクセルやワード、パワーポイントを使用する頻度は非常に高いです。

特に事務のお仕事や営業のお仕事だとパソコンのスキルが必須になる事もあり、このMOSの資格を取得していれば就職の大きな武器になる事でしょう。

企業でもこのMOSの取得を推奨している所もあり、それだけ需要が高い資格だという事です。持っていて損をする事がない資格と言っていいでしょう。

TOEIC

TOEICも就職に大いに役に立ってくれる検定です。

グローバル化が進んでいる現在、英語スキルが必須になっているお仕事は多くあります。

海外企業や外資系企業だけではホテル業界、飲食業界、観光業界などでも英語スキルの需要は高くなっていて、英語スキルがあるだけで有利に就職を決められる可能性があります。

最低でもスコア700点~750点を目指し、就職の武器にして欲しいと思います。

簿記

様々なビジネスシーンで役に立つ資格が簿記。

就職で簿記の資格をアピールしたいのであれば日商簿記検定2級以上を目指すと良いでしょう。

事務職や経理のお仕事だけではなく、金融業界への就職を目指している方にもおすすめできる資格になりますね。

また、簿記の資格があると数字に強い、会計などのスキルがあるという事もアピールする事ができるので就職に役に立ってくれる可能性は高いです。

ITパスポート

ITパスポートは情報処理に関する資格。

ITの需要が高くなっている現在、どの企業でもIT化が進んでいて、それと同時にITパスポートの資格の需要も高くなっています。

ITパスポートを取得しているとIT関連の基礎知識、パソコンスキルを証明することができます。

また、ITパスポートは国家資格になるのでしっかりアピールする事ができますよ。

高卒からでも就職できやすい仕事

就職できやすい仕事を選んで就職成功率アップ!

高卒からの就職。就職できやすい仕事を選ぶということも大切です。

高卒からの就職はどうしても就活の幅が狭くなってしまい、エントリーできる求人も限られてきます。当然、大卒が必須条件になっている求人にはエントリーできませんし、経験が必須になっている求人にもエントリーできません。

そうなってくると未経験者を歓迎している求人や学歴不問の求人といった求人にしかエントリーできなくなり、どうしても求人探しの幅が狭くなってしまい、エントリーできる求人も限られてくるんですね。

そのため、高卒からでも就職できやすいお仕事に絞って求人探しを行なう事が必要になります。

高卒からでも就職できやすいお仕事は、

・営業職
・事務職
・IT業界、WEB業界
・販売、サービス業
・介護業界

などのお仕事が挙げられます。

なぜこれらのお仕事が高卒からでも就職しやすいお仕事なのかというと、未経験者を歓迎している求人や学歴・経歴が不問の求人を多く見つける事ができるからです。

これらのお仕事はポテンシャルが重視されるお仕事。適正があって企業が求める人物像とマッチングしていれば高卒からでも採用をもらえる可能性が高いんですね。

先ほども述べましたが、高卒からの就職は求人探しの幅が狭くなってしまいます。しかし、こうした求人にスポットを当てればスムーズに就職を決められる可能性があります。

まずは就職しやすいお仕事に絞って求人探しを行ない、就職を決めて、そこからキャリアを築いていきましょう。高卒でもしっかりとキャリアを築いていけば30代になった時に企業の先頭になって活躍する事ができます。

下記の就職支援サイトではこうした職種の求人を中心に見つけることができるので一度、就職支援サイトに目を通して、高卒からでもエントリーできる求人を探してほしいと思います。

⇒就職shop
⇒ジェイック

これらの就職支援サイトには求人探しをサポートしてくれる就職アドバイザーもいるので自分に合った求人をスムーズに見つける事ができます。

もちろん、自分一人で求人探しを行うよりも断然、有利に求人探しを行なう事ができるので是非、上記の就職支援サイトをフル活用して就職を成功させてほしいと思います。

高卒で就職するメリット・デメリット

高卒で就職するメリット

高卒で就職するメリットでまず最初に挙げられる事は、すぐに働いてお金を稼げるというメリット。

大学や専門学校に進学をしてしまうと2~4年間学校に通う事になります。当然ですが学生なのでお金を稼ぐよりも学業に専念しなければなりません。

バイトをしたとしても1ヵ月で稼げるお金は数万程度。それと比べると就職した方が多くのお金を稼ぐ事ができます。

また、進学をすると学費など多額なお金がかかります。学生さんの中には奨学金を利用して進学する方もいますが、社会人になった時に返済しなければいけないリスクがありますね。

このようにすぐにお金を稼げるという事が高卒で就職する大きなメリットになります。

他にも大学生や専門学生よりも早くに社会に出て働くということでスキルをいち早く身に付ける事ができるというメリットもあります。大卒とは4年間の差があり、この4年間で確実にスキルとキャリアを積んでいけば大きな差を付ける事ができます。

高卒で就職するデメリット

高卒で就職するデメリットもたくさんあります。

まず挙げられるデメリットは求人探しの幅が広くなるということ。高卒だとエントリーできる求人に限りが出てきてしまうんですね。その中から自分に合った仕事を見つけなければならないので仕事探しは不利になってしまう事が多いです。

最終学歴が高卒と大卒では企業に与える印象も大きくなり、後者の方が企業には良い印象を与える事ができ、高卒よりも有利に就職えお決める事ができます。

また、高卒と大卒では給料のベースも変わってきます。厚生労働省が行った調査では、大卒の初任給は高卒より4万円高く、30代前半では平均で6万円以上の差が開く言います。

目先の事を考えると高卒はすぐにお金を稼ぐ事ができますが、10年後、20年後のことを考えると大卒の方が稼ぐ事ができるんですね。

こうしたことも高卒から就職するデメリットになるので頭に入れておきましょう。

高卒フリーターになっても焦らずに就職を決める!

就職に焦りは禁物!

現在、高卒フリーターから就職を目指している方の多くが就職できない焦りを感じているのではないでしょうか。

「高校卒業までに就職を決められなかった・・・」
「親が早く就職しろと急かしてくる・・・」
「思って以上に就職が決まらなくて焦っている・・・」

このような状況に陥ってしまっている高卒フリーターは多いと思います。

しかし、就職に焦りは禁物です。人間というのは焦ってしまうとついつい目先のことだけを考えて行動してしまう傾向があります。

そのため就職に焦ってしまうと、就職できればなんでもいい、採用をもらえるならどんな仕事でもいい、といような考えになってしまうんですね。

目先の事だけを考えた就職は後に後悔に変わる可能性が高いので焦らず、地にしっかり足を付けて就活を進めていくことが大事です。

上記でもご紹介しましたが、今では就職の心強い味方になってくれる就職支援サイトがあります。就職の相談に乗ってくれる就職アドバイザーもいるのでもし就職を決められない日々が続いたら就職支援サイトの就職アドバイザーに相談してみる事を強くおすすめします。

就職アドバイザー就職支援のプロです。プロの視点から様々なアドバイスや指摘をもらう事ができ、就活サポートや求人の紹介してくれるので頼もしい味方になってくれることは間違いありません。

就職アドバイザーを味方に付けて、根気強く、辛抱強く、就活に励んでほしいと思います。そして、自分が納得できる就職を行なってこれからのキャリアを築いていってほしいと思います。