既卒からの就職成功!既卒フリーターの就活ポイント

就職ノウハウ

既卒から正社員就職を目指しているフリーターさんへ

既卒フリーターからでも正社員就職できる!

現在、既卒フリーターから正社員就職を目指しているという方も多いと思います。

大学在学中に就職が決まらなかった・・・、やりたい事が見つからなかった・・・、というような理由で就職しないで学校を卒業してしまった人は既卒フリーターとして扱われます。

既卒フリーターから就職を目指す時、

  • 「既卒は就職に不利でしょ?」
  • 「既卒からエントリーできる求人ってあるの?」
  • 「大卒だけどフリーターと同じ扱いになるんでしょ?」

というよな不安や悩みを抱える人は非常に多く、なかなかうまく就活を進める事ができない人や就活に対するモチベーションが上がらないという人は実に多いようです。

しかし、まず結論から述べますと、既卒フリーターからでも就職する事は十分に可能です。

現在では、フリーターを歓迎している求人、未経験者を歓迎している求人、もっと視野を広げれば既卒・第二新卒を歓迎している求人も頻繁に見れるようになっているので積極的に就活を行えば既卒フリーターからでも正社員就職を決められる可能性は十分にあります。

現在、既卒フリーターから就職を目指している方は高いモチベーションを維持して、積極的に就活に励んでもらいたいと思います。

ここでは既卒フリーターの就職ポイントをご紹介しています。

「既卒フリーターは就職できない」というのはウソ!

既卒からでも就職できるチャンスは十分にある!

よく世間では、

  • 「既卒を募集している企業は少ない」
  • 「企業は既卒を採用したがらない」
  • 「既卒はフリーターと同じ扱い」

というような声を聞く事ができますが、これらの声を真に受けていけません。先ほども述べましたが、既卒からでも就職できるチャンスは十分にあります。

確かに新卒の人から比べると既卒の就職率は低くなるのが本当の所ですが、既卒の就職率は年々高くなっているんですね。

就活のポイントをしっかり押さえながら、積極的に就活を行なっていけば採用をもらえる可能性も高くなるので現在、既卒から就職を目指しているフリーターさんには前を向いて積極的に就活を行なってほしいと思います。

既卒3年以内なら新卒扱い!

厚生労働省は「大学卒業後3年以内の既卒は新卒として扱うこと」と通達を出しました。この通達のおかげで既卒でも大学卒業3年以内であれば新卒と同じ扱いで就活を進めていく事ができます。

新卒向けの求人にもエントリーできますし、企業も新卒と扱ってくれるので新卒の人と同じ土俵で就活を進めていく事ができます。

こう聞くと、上記で述べた、「既卒を募集している企業は少ない」「企業は既卒を採用したがらない」「既卒はフリーターと同じ扱い」という声はすべてウソになる事がわかります。

既卒だからと言って不安になる事はなにもありません。高いモチベーションを維持して積極的に就活を行なっていけば正社員採用を手に入れる事ができます。

既卒向けの正社員求人は多く見つける事ができる!

そして、今では既卒向け求人も多く見つける事ができます。厚生労働省の「大学卒業後3年以内の既卒は新卒として扱うこと」の通達により、既卒向けの求人は増えており、今では新卒求人と同じくらいの既卒求人を見つける事が可能です。

規模の大きな求人サイトやフリーター向けの就職サイトを活用する事で様々な職種の既卒者求人を見つける事ができ、自分に合った求人が見つかる可能性を高くする事ができるでしょう。

また、複数の求人サイトや就職サイトを利用して幅を広げながら既卒向けの求人を探すことでより多くの求人を見つける事ができるのでひとつでも多く求人サイト、就職サイトを利用して求人探しを行なってほしいと思います。

既卒フリーターからでも有利に就活を行うポイント

既卒フリーターの心強い味方になってくれる就職支援サイト

既卒フリーターの就活ポイントでまずはじめにご紹介したい事は就職支援サイトを利用することです。

現在、フリーターの就職を支援してくれる就職サイトが多く誕生しており、専任コンサルタントから就活サポートを受けながら就活を行なって行く事ができるんですね。

専任コンサルタントは就職のプロとも呼べる存在になるので自分一人で就活を行うよりも断然、有利に就活を行なって行く事ができます。

求人の紹介をはじめ、履歴書や志望動機、自己PRなどの作成サポート、面接対策のサポートも受ける事ができたり、就職成功ノウハウも豊富に収集する事ができるので就職の心強い味方になってくれる事は間違いありません。

既卒向けの正社員求人を豊富に見つける事ができますし、専任コンサルタントも既卒フリーターの視点になって就活をサポートしてくれるので有利に就活を進めたいという人には是非、就職支援サイトを利用する事がおすすめです。

既卒フリータにおすすめの就職支援サイトを以下にまとめてみたので是非、既卒フリーターから就職を目指している方には一度、公式サイトに目を通してもらいたいと思います。

新卒と既卒の差ってどくらいあるの?

新卒と既卒フリーターでは「企業に与える第一印象」が違う!

新卒と既卒にはどのような差があるのでしょうか。

既卒フリーターから正社員就職を目指す時、新卒と既卒の差を把握しておくことも大事です。

新卒と既卒の差でまず挙げられる事は「企業に与える第一印象」です。

既卒の場合、企業側には「なぜ、在学中に就職を決められなかったのか?」というような疑問を持たれます。他にも、

  • 「就職できない理由があったのでは?」
  • 「どのような就活を行ったのか?」
  • 「就職する気はあったの?」
  • 「性格や人間性になにか問題があるのでは?」

というような疑問も持たれてしまいます。

こうした疑問はどれもマイナスのものになり、スタート時点で企業にマイナスのイメージを与えてしまうんです。人というのは一度、悪い印象を持ってしまうとその悪い印象がずっと心に残ってしまうんですね。ましてや第一印象で悪い印象を持たれてしまうと特にです。

このように新卒と既卒では、まず第一印象に差が出てきます。

この企業に与えるマイナスのイメージをうまく払拭する事ができれな就職成功の確率を大きく上げる事ができるでしょう。

対策としては、在学中に就職できなかった理由を明確に答えられるようにしておくという事。それもポジティブな内容の答えでです。

ただ、就活したけど就職できなかった、特にやりたい事が見つからなかった、という理由では企業には余計に悪い印象を与えてしまう事になるので、就職を決められなかった理由に付け加えてどのように改善しているのかも伝えましょう。

例えば、「在学中に就職できなかった理由は○○○だと把握しています。今は○○○を改善するために○○○を意識しながら就活を行なっています」と改善しばがら就活をしている事を伝える事ができれば、企業に与えたマイナスのイメージも払拭する事ができるでしょう。

自己分析をする事で改善しなければいけない事は見えてくるので、企業に与えたマイナスのイメージを払拭するためにもポジティブな理由を考える事は大切です。

既卒からでもすぐに就職できる人とできない人の違い

既卒からでもすぐに就職できる人は既卒向けの求人を中心に探している!

既卒からでもすぐに就職できる人とできない人っているんですよね。既卒からでもすぐに就職できる人とできない人の違いを見ていきましょう。

既卒が就職をするためには既卒向けの正社員求人を探す事が必須です。

既卒フリーターが新卒のみを募集している求人や経験が必須になっている求人にエントリーしても採用をもらえる可能性は極めて低いです。ほとんどが書類選考で不採用になるでしょう。

こうした求人ばかりにエントリーしていると一向に採用をもらう事はできません。

やはり、既卒フリーターには自分の身の丈に合った求人を探す事が必須です。既卒者を歓迎している求人だと既卒フリーターでも採用をもらえる可能性は大いにあるので既卒者を歓迎している求人を中心に探していくことをおすすめします。

就職支援サイトを利用する事で既卒者を歓迎している求人を豊富に見つける事ができるので既卒フリーターさんは就職支援サイトを利用して求人探しを行うといいでしょう。

⇒既卒フリーターにおすすめの就職支援サイト

既卒からでもすぐに就職できる人は「ネガティブ質問」にしっかり備えている!

先ほども述べましたが、企業は既卒フリーターに対して、「なぜ、在学中に就職を決められなかったのか?」というような疑問を持ちます。

書類選考を通過する事ができても面接で必ずといっていい程、「なぜ、在学中に就職を決められなかったのか?」という質問がとんできます。

この質問にうまく答えられるように答えを用意しておくことが大事です。うまく質問に答えられないとマイナスの印象を与えたまま選考が行われ、採用にも影響してしまうので事前にネガティブ質問に対する答えを用意しておくようにしましょう。

既卒からでもすぐに就職できる人は行動力がある!

既卒からでもすぐに就職を決める事ができる人の特徴をみていると、行動力がある人ほど就職を決める事ができています。

積極的に求人探しを行う、積極的に就職ノウハウを収集する、就職コンサルタントと細目に連絡を取り合うなど、積極的に就活を行えばそれだけ就職成功の確率は高くなります。

行動できるか、できないか、であなたの将来が大きく変わってきますので1日でも早く就職を決めたいのであれば積極的に就活を行なうようにしましょう。