就職活動に苦戦している人に押さえてもらいたい事

就職ノウハウ

いつまでも就職を決められないで悪戦苦闘しているフリーターさんへ

適当な気持ちで就活していませんか?

  • 就職したいけどできない。。。
  • 全然採用をもらえない。。。
  • フリーターから抜け出せない。。。

こんな悩みを抱えているフリーターさんは多いと思います。

景気が回復している現在、就職はすぐにできる状況ではあります。正社員求人の数も就職氷河期の時期に比べて断然に多くなっています。

しかし、適当な気持ちで就活をしている人はいつまでも就職を決める事ができないので注意してください。

特に『採用をもらえればどんな仕事でもいい』という気持ちで就活をしている人はいつまでも採用をもらえません。

人材募集をしている企業側も自社にマッチングしている人材なのかを見極めてから採用なのか、不採用なのかを判断します。

企業が求める人材とマッチングしていなければもちろん採用をもらうことはできないので、適当な気持ちで就活を行わないでしっかりと自分の人間性や性格を把握し、自分に合った仕事を見つけてから求人にエントリーしましょう。

就職は今後の人生を大きく左右するものです。

就職は今後の人生を大きく左右するものなのはご存知でしょうか。特に初めての就職はこれからの社会人人生を大きく左右します。

適当な気持ち、安易な考えで就職先を決めてしまうと、

  • 『ブラック企業だった。。。』
  • 『自分には合わない仕事だった。。。』
  • 『自分のイメージとは違う仕事だった。。。』

など、就業後に後悔してしまうことが多く、高い確率で失敗してしまいます。

何度も転職を繰り返していると就職はどんどん不利になってしまうのでできる事なら一度で就職を成功させなければなりません。

一度で納得のできる就職をするためには慎重に就職活動を行う事が必須。決して『採用をもらえればどんな仕事でもいい』というような適当な考えを持つのはやめましょう。

フリーターの就職成功ポイントは、フリーター就職を成功させるには?にまとめているので現在、就職を目指しているフリーターさんには一度、目を通してもらいたいと思います。

20代のうちに就職を成功させる事ができれば、キャリアをしっかりと積んでいくことができますし、勤続年数も長くなれば30代、40代になった時に年収もそれなりになっていることでしょう。

20代の就職は採用をもらいやすい年代になりますが、5年後、10年後の事もしっかり考えながら仕事選びをしてほしいと思います。

将来的な事もしっかり考える事ができれば30代、40代になった時に後悔のしない社会人生活を送ることができますよ。

そもそも自分一人で就活しない

採用をもらえない、就職が決まらない、やりたい仕事が見つからない、このように就活に苦戦している人は無理をしないでプロのサポートを受けながら就活を行う事をおすすめします。

正社員求人が見つかるおすすめの就職支援サイトはこちら!

現在、フリーターの就職を支援してくれる就職支援サイトは多くあり、就職支援サイトには就活をサポートしてくれる専任のコンサルタントがいます。

専任コンサルタントはこれまでに何人ものフリーターさんを就職成功に導いてきているプロです。

プロのサポートを受けながら就活を行えば、断然有利に就活を行っていくことができ、就職成功の確率も大幅にアップします。

就職成功ノウハウもたくさん収集することができますし、履歴書や志望動機、自己PRなどの応募書類の作成サポート、面接対策なども受ける事ができるのですぐに就職を決める事ができますよ。

就職支援サイトはフリーター就職の心強い味方になってくれることは間違いないので現在、就職を目指しているフリーターさんには是非、就職支援サイトを利用して有利に就職を決めることをおすすめします。

1日でも早くフリーター生活を脱出するために行ってほしいこと

フリーター気分から抜け出す!

1日でも早くフリーターを抜け出して就職をするためにはまずは意識を変えることが大事です。いつまでもフリーター気分でいないで社会人としての自覚を持つことが必要になります。

確かにフリーターでいる方が気分は楽です。責任もないですし、バイトで生活費を稼ぐこともできます。

しかし、そんな気分でいられるのは20代の前半まで。20代後半で社会人経験がない状態だと就職はますます不利になります。30代だと余計にです。

「今が楽だからフリーターでいい」ではなく、後になって後悔をしないために20代前半のうちにフリーターから抜け出すことが重要になり、就職を成功させるためにも1日でも早くフリーター気分から抜け出すことが必要だという事です。

社会人の自覚を持つだけで日頃から社会人に必要な言葉使いや立ち振る、礼儀作法、身だしなみも自然と身に付けられるようになるでしょう。それが就職成功に繋がるので就活に苦労しているフリーターさんには意識を変える事から始めてもらいたいと思います。

就職支援サイトをフル活用する!

他にも上記でご紹介した就職支援サイトを利用する事も忘れてはいけません。

就職支援サイトの中には書類選考なしで面接を受ける事ができる就職支援サイトや就職講座を無料で開催している就職支援サイトもあるので1日でも早くフリーター生活を脱出することができますよ。

フリーター就職支援サイトでは専任コンサルタントから様々な就活サポートを受ける事ができます。

キャリアプランの提案からはじまり、求人の紹介、履歴書の作成サポート、面接対策、就業後のアフターフォローまで受ける事ができるので有利に就活を進めていくことができます。

就職支援サイトは無料で利用する事ができるのでフリーターさんでも安心して利用する事ができます。フリーター就職の心強い味方になってくれることは間違いないので是非、就職支援サイトを利用して1日でも早くフリーター生活から抜け出してほしいと思います。

就活に苦労するフリーターの特徴

手当たり次第に求人にエントリーしている

手当たり次第に求人にエントリーする。就職に苦労するフリーターたの典型的な特徴ですね。

早く就職したいからといって手当たり次第に求人にエントリーしても採用をもらうことはできません。やはり、企業が求める人材にマッチングしていないと採用をもらうことはできません。

企業が求める人物像とマッチングするためにも自己分析、企業分析を入念に行い、その企業に自分が合っているからを見極めましょう。

志望動機が薄い

求人にエントリーしたらまず書類選考が行われます。この時、志望動機を作成しますよね。

この志望動機。書類選考突破のカギを握る重要なものになります。内容が薄い志望動機や説得力がない志望動機だと採用をもらうことができないので注意しましょう。

「ただ興味があるからエントリーしました」「この仕事が好きだからエントリーしました」というような抽象的な志望動機ではなく、「その仕事のどんな所に興味があるのか」「その企業で自分はどうなりたいのか」というような具体的な志望動機を作るようにしましょう。

具体的な志望動機を作成することができれば説得力のある志望動機になり、採用担当者の印象も良くなることでしょう。

採用担当者に興味を持ってもらえれば面接に進むことができる可能性も高くなるので志望動機は慎重に作成するようにしましょう。

面接対策を怠っている

選考の最後の難関でもある面接。安易な考えで面接に挑んでしまうと高い確率で不採用になってしまいます。

面接に挑むときなしっかりと面接対策を行って万全な状態で面接に挑まなければなりません。

どんな質問がきてもすぐに答えられるように答えを準備しておく、こちらから質問することを決めておく、礼儀作法や言葉使い、話し方、立ち振る舞い方などを身に付けておくなど、万全な状態で面接に挑むようにしましょう。

面接対策が万全な状態ほど採用をもらえる可能性も高くなるので面接を控えているフリーターさんはしっかり面接対策をして万全な状態で面接に挑むようにしましょう。