入社しない方がいい企業の見分け方

就職ノウハウ

就職に失敗しないためにも入社しない企業の特徴を知っておく!

ブラック企業の可能性がある求人の特徴

現在、就職を目指しているフリーターさんの誰もが、就職に失敗したくないと望んでいると思います。

実際にその企業で働いてみないとわからない事は多々ありますが、事前に企業研究を行なってその企業がどのような企業なのかを見極めることも必要です。

安易に企業選びをしてしまうとブラック企業に入社してしまう恐れもあるのでエントリーする求人が決まったら企業研究を行なっておその企業がどのような企業なのかをしっかり見極めましょう。

「就職に失敗したくない」
「一度の就職で安心して働き続ける企業に就職したい」
「ブラック企業に入社しないか不安」

このような事を望んでいるフリーターさんへ、ここでは「入社しない方がいい企業の見分け方」をご紹介しています。就職を成功させるためにも、後悔のしない就職を行うためにも一度、目を通してもらいたいと思います。

常に求人を掲載している企業には気を付ける!

求人探しを行なっていると、いつも見る求人がいくつか出てくると思います。

常に求人を掲載して人材募集を行なっている企業はブラック企業の可能性が大です。複数の求人サイトでも同じ求人が見れる場合は特に気を付けましょう。

なぜ常に求人を掲載している企業はブラック企業なのかというと、慢性的な人材不足に陥っている可能性が高いからです。

慢性的な人材不足。なにかしらの原因があるから人材を確保する事ができないんですね。

例えば、労働環境が悪すぎて(残業、休日出勤、パワハラなど)採用をしてもすぐに退職してしまう。他にも求人に掲載されている内容と違った仕事内容、待遇・条件という事も考えられますね。

通常、ホワイト企業や安心して働き続ける事ができる企業は一度の求人・募集でしっかり人材を確保する事ができます。離職率が高い企業はいつまでも人材を確保する事ができなく、その結果、常に求人を掲載しなければいけない状況に陥っている訳です。

もし求人探しをしている時に常に見る事ができる求人を見つけた場合は疑いの目を持ちましょう。

給料や年収の幅が広く、明確ではない!

求人を見ていると中には年収1000万円可能!月給30万以上!と記載されている求人も見る事ができます。他にも月給15万円~40万円というような幅が大きく明確ではない求人も見ることができるでしょう。

こうした求人はインセンティブ(成果報酬型)を設けている可能性があり、結果を残さなければ高収入を狙う事はできません。

また、無理なノルマが設定される場合もあり、ノルマが達成できなければ残業、休日出勤を迫られる恐れもありますし、パワハラを受ける恐れもあります。

このような状況の中、働くなんて嫌ですよね。結果をしっかり出せる人はこうした世界でも働き続ける事はできますが、そうではない人にとってはブラック企業で働くことになってしまいます。

ですので、求人に掲載されている給料や年収の幅が広く、明確ではない場合はノルマがある、給料形態がインセンティブであるという事を頭に入れておきましょう。

毎月、安定した給料をもらいたかったら給料・年収の額が明確になっている求人を見つけましょう。

優良企業は年収や給料に関しては求人に明確な数字を記載していますし、面接時にもはっきり年収・給料の額を提示してくれます。そうした企業だと安心して働き続ける事ができますよ。