大学中退フリーターからの就職

就職ノウハウ
  1. 大学中退から就職を目指しているフリーターさんへ
    1. 大学中退からでも就職することは十分に可能!
    2. 大学中退からの就職はやっぱり不利?
    3. 大学中退者の有効求人倍率は2.46倍
  2. 大学中退 求人探しのポイント
    1. 高望みはしない!今の自分に合った求人にエントリーする!
    2. 就職に焦りは禁物!本当に自分に合った仕事なのかを見極める
    3. 就職支援サイトを利用して有利に求人探しを行う!
  3. 大学中退者を採用する事にメリットを感じている企業もある
    1. 新卒採用で確保できなかった人材を確保できる
    2. 企業のカラーに染めやすい
    3. 大学中退でも優秀な人材が見つかる可能性がある
  4. バイトをしながら就活を行うと有利に就職を決められる
    1. バイトをすることで自分に合った仕事を見つけられる!
    2. バイトで就職に役立つスキルを身に付けられる!
    3. バイト先の先輩や社員から就職に活かせるノウハウを収集できる!
    4. バイトから正社員登用の可能性も!
  5. 就職を成功させるためにも意識してほしいこと
    1. 大学中退を受け入れて将来のビジョンを明確にする
    2. 1日でも早く就活をスタートさせる
  6. 大学中退就職の履歴書対策
    1. 履歴書作成に頭を抱えている大学中退者の方へ
    2. 履歴書作成で絶対にやってはいけないこと
      1. ウソを書く
      2. 適当な考えで履歴書を作成しない
    3. 大学中退者の履歴書作成ポイント
      1. 採用担当者が納得する大学中退理由を考える
  7. 大学中退就職の面接対策
    1. 面接を乗り越える事ができなければ採用をもらうことはできない
    2. 大学中退者の面接ポイント
      1. 大学中退者が面接でアピールするには?
      2. 大学を中退した理由がネガティブな場合はしっかり反省していることを伝える
  8. 大学中退後、フリーター期間が長い時の仕事探し
    1. 大学中退後、長い間フリーター生活を続けていた人もいる事でしょう。
    2. 大学中退後、フリーター期間が長い人はその期間なにをやっていたのか理由を明確に!
    3. ブランクがあり、いきなり働くのが難しい場合は?
    4. 大学中退者にとって魅力的な『書類選考なしで面接を受けられる求人』

大学中退から就職を目指しているフリーターさんへ

大学中退からでも就職することは十分に可能!

現在、大学中退から就職を目指しているフリーターさんもいると思います。

  • 「経済的理由で大学を中退した・・・」
  • 「大学に通っている意味がなかったので中退した・・・」
  • 「勉強についていけなかったので中退した・・・」

など。このような理由で大学中退から就職を目指しているフリーターさんは多くいるんですね。

大学中退から就職を目指す時、気になるのが学歴。「最終学歴が大学中退だと就職は不利」というイメージを抱えているフリーターさんは多いのではないでしょうか。他にも「大学中退は高卒と同じ扱い」というようなイメージを持っているフリーターさんもいる事でしょう。

しかし、大学中退からでも就職を決める事は十分に可能です。就職のポイントをしっかり押さえて就活を行えば大学中退からでもしっかり就職を決める事はできます。

では、大学中退から正社員就職を目指す時、どんな事がポイントになってくるのでしょうか。

ここでは大学中退から就職を目指している方へ、就職活動のポイントやお仕事探しのポイントをご紹介しています。

大学中退からの就職はやっぱり不利?

大学中退からの就職は不利なのか?この事を疑問に思っているフリーターさんは多いのではないでしょうか。

やはり、大卒の人と比較すると大学中退者は学歴の部分では不利になります。その上、求人サイトの求人を覗いてみると大卒が必須条件になっている求人も多くあります。

しかし、就職ポイントをしっかり押させて就活を行えば不利な状況を覆す事ができ、大学中退からでも就職を決める事は可能です。

むやみやたらに就活をしたり、手当たり次第に求人探しを行なっても就職を決める事はできませんので注意しましょう。

大学中退者の有効求人倍率は2.46倍

現在、大学中退から就職を目指している20代フリーターの方の多くが気になる大学中退者の有効求人倍率。

【有効求人倍率とは?】
労働市場の需給状況を示す指標。この数値が1より大きいか小さいかで、労働市場の需要超過、供給超過の状態を知ることができる。

現在の大学中退者の有効求人倍率は2.46倍。1という数字を大きく上回っており、仕事を探す人100人に対して246人分の仕事がある状態です。

ひとりに対して、2.46の仕事があるという事です。

就職氷河期と言われた時期と大きく違って、今では豊富な求人を見る事ができ、その中から自分に合った仕事を見つける事ができます。

たとえ、大学中退という不利な状況でも有利に求人を探していくことができるので積極的に求人探しを行って自分に合った求人を見つけてほしいと思います。

大学中退 求人探しのポイント

高望みはしない!今の自分に合った求人にエントリーする!

仕事探しをする時、なにを基準に仕事探しを行うでしょうか。

年収、待遇、条件、福利厚生など、仕事選びの基準はたくさんありますが、大学中退者は高望みをしすぎないことが大事です。

もし「大手企業に就職したい!」「年収は500万円以上!」といような高望みをしている人はすぐにその望みを捨ててください。現実をしっかり受け入れてください。

仕事探しをする時、妥協をしない事は大切になりますが、大学中退でその上、社会人経験なしのあなたを受け入れてくれる企業はそうはありません。大手企業は特にですね。

ですので、今の自分に見合った求人を探してエントリーするようにしましょう。

学歴不問の正社員求人、未経験者を歓迎している正社員求人、人間性を重視している企業の正社員求人などが大学中退者向けの求人になります。

こうした求人を中心に探した方が就職成功の確率は大幅に高くなるので高望みをしないで今の自分に見合った求人を探していくことをおすすめします。

就職に焦りは禁物!本当に自分に合った仕事なのかを見極める

1日でも早く就職を決めたい!だけど全然、採用をもらえない。。。このような状況に陥っても焦らないようにしましょう。

人間というものは焦ってしまうと正しい判断ができなくなってしまうものです。判断を誤ってしまうと後になって必ず後悔する事になります。

これは就職でも同じことが言えます。

就職できない焦りから、採用されればなんでもいいという気持ちになってしまい、手当たり次第に求人探しを行ったりしてしまう人は多いです。

もし採用をもらう事ができても自分に合っていない仕事だったり、ブラック企業で常に人材不足に陥って企業だとすぐに辞めるハメになってしまいます。これではまた就活を行わなければいけません。高い確率で後悔もするでしょう。

後になって後悔をしても遅いので、しっかりと地に足を付けて就活を行う事が重要です。

そして、仕事探しをしている時もその仕事が本当に自分に合った仕事なのかを見極めましょう。

自己分析を行い、自分の性格や人間性に合った仕事なのか、長期に渡って働き続ける事ができる仕事なのか、しっかりと興味を持てる仕事なのかを見極めましょう。

自分に合った仕事を選ぶことができれば入社後すぐに退職をする可能性は低く、しっかりとキャリアを積んで行く事ができますよ。

就職支援サイトを利用して有利に求人探しを行う!

大学中退者が求人探しを行う時、就職支援サイトをフル活用する事をおすすめします。

⇒就職支援サイトってなに?

就職支援サイトは就職をサポートしてくれるサービス。大学中退から就職を目指しているフリーターさんの心強い味方になってくれる存在です。

見つける事ができる求人も若年層向けの正社員求人ばかりでその中には未経験求人や学歴不問求人といった大学中退者向けの正社員求人も多く含まれるので大学中退者でも有利に求人探しを行なう事ができます。

一般的な求人サイトでは見つける事ができない求人も豊富に見つける事ができるので現在、大学中退から就職を目指しているフリーターさんには是非、就職支援サイトをフル活用して有利に就職を決めてほしいと思います。

大学中退者におすすめの就職支援サイトとしてご紹介したいのが以下の就職支援サイト。

⇒就職shop
⇒DYM就職
⇒ジェイック

上記の3つの就職サイトは実績がしっかりあり、これまでに数多くのフリーターさんを就職成功に導いてきた就職支援サイトです。

様々な職種の正社員求人を見つける事ができますし、就活をサポートしてくれる専任コンサルタントも在籍しているので自分一人で就活を行うよりも断然、有利に就活を進めていく事ができますよ。

上記でご紹介した3つの就職支援サイトの利用者の中には大学中退者も多くいるので現在、大学中退から就職を目指している方には是非、利用してもらいたい就職支援サイトになります。

大学中退者を採用する事にメリットを感じている企業もある

実は大学中退者を採用する事にメリットを感じている企業も少なくはないんですね。求人を見ていると、学歴がない人や未経験者を積極的に採用している企業の求人を多く見つける事ができます。こうした求人を見つける事ができれば就職成功の確率を高くする事ができるでしょう。

大学中退者を採用する事にどんなメリットがあるのかを以下にまとめてみました。

新卒採用で確保できなかった人材を確保できる

企業は若い人材を求める傾向があります。しかし、若手の社員を十分に確保できていない企業も多く、新卒枠や第二新卒枠で確保できなかった若手を中途採用で確保している事が多いです。

大学中退でも企業が求める人物像とマッチングすれば採用をもらえる可能性は高く、就職を決める事ができるでしょう。

景気が回復している現在、人材不足に陥っている企業も多くあるので未経験者を歓迎している求人や学歴不問の求人を見つけた時は積極的にエントリーするといいでしょう。

企業のカラーに染めやすい

大学中退者を採用する事で企業のカラーに染めやすいというメリットも企業側にはあるんですね。

社会人経験がなにもない大学中退者は社会の事をなにも知りません。企業独特の社風や文化がある企業にとって社風のカラーがなにも付いていない真っ白な人材は自社のカラーに染めやすい訳です。

企業独特の社風や文化がある企業は決してブラック企業という訳ではなく、古くから受け継がれてきた文化がある企業の事。社会人経験がある人がこうした企業に就職してしまうとその社風や文化に合わずにすぐに辞めてしまう可能性が高いんですね。

企業側はこうしたリスクをなくすために社会人経験がない大学中退者を欲しがる傾向があります。

大学中退でも優秀な人材が見つかる可能性がある

優秀な人材というのはどこに潜んでいるかわからないものです。

たとえ、大学中退のフリーターでも企業にとっては優秀な才能を秘めている可能性だってあります。

常に人材発掘をして優秀な人材を探している企業もあり、企業が求めている人物像とマッチングすれば採用をもらう事ができます。

企業の採用担当者もその道のプロです。学歴だけを重視して人選をする訳ではありません。見極める眼をしっかり持っているので企業にとってプラスの人材になると判断されれば大学中退からでも就職する事ができるでしょう。

バイトをしながら就活を行うと有利に就職を決められる

バイトをすることで自分に合った仕事を見つけられる!

バイトをすることで自分に合った仕事なのか、自分に合わない仕事なのかを見極める事ができます。

仕事には合う、合わないがあります。

自分の性格や人間性に合わない仕事に就職をしてしまうと、就職後すぐに退職してしまう可能性も高く、またいちから就職活動を行わなければならない事態に陥ってしまいます。

ですので、就職を成功させるには自分に合った仕事を見つける事は重要なことなんですね。

自分に合った仕事がわからない、まだやりたい仕事が明確ではない、という人には是非、バイトをして自分に合った仕事を見つけてほしいと思います。

自分に合った仕事を見つけられれば就職を決められる可能性も高くなりますし、就職後に後悔することも少なくなるでしょう。

一見、就職まで遠回りに感じるかもしれませんが、後悔のしない就職を行うためにもこうしたことも頭に入れながら就活を行ってほしいと思います。

バイトで就職に役立つスキルを身に付けられる!

バイトをするということは実際に現場で働くことになるので身に付くスキルが多々あります。

その身に付けたスキルを就職に活かさすことができれば企業には即戦力と判断され、採用をもらえる確率は高くなります。

もし、就きたい仕事が決まっていればその職種に関連したバイトでスキルを身に付けてほしいと思います。

例えば、料理に興味がある、接客スキルや対人スキルを身に付けたい、という人には飲食業界のバイトがおすすめですね。

今ではバイトの求人を豊富に扱っている求人サイトも多くあるので自分に合ったバイトや就職に役立つバイトもすぐに見つける事ができますよ。

バイト先の先輩や社員から就職に活かせるノウハウを収集できる!

バイト先では当然、社員の方が働いています。

社会人の先輩達と一緒に仕事ができるのでタメになるノウハウを多々、収集することができます。

就職に役立つノウハウはもちろん、社会人になった時に役立つノウハウもしっかり収集することができるので損をすることはありません。

収集した情報を上手く自分の就職に活かすことができればおのずと就職成功の確率も高くなるの是非、バイト先の先輩や社員の人からはひとつでも多くの情報を収集してほしいと思います。

バイトから正社員登用の可能性も!

バイトから正社員登用で就職を決める事もできます。

バイト求人を見ていると『正社員登用あり』と記載されている求人が数多くあります。

バイト先であなたの頑張りがしっかり評価されればバイトから正社員になることができます。

こうした方向から正社員になることも就職成功の選択肢のひとつになるんですね。

バイトで身に付けたスキルを正社員になった時にそのまま活かすことができるのでこれまでの経験を無駄にしないで済みます。

バイトから正社員になってキャリアを築いている人も多くいるので現在、就職を目指している20代フリーターさんには是非、バイトから正社員になって就職を成功させる事も選択肢のひとつに入れてみてください。

就職を成功させるためにも意識してほしいこと

大学中退を受け入れて将来のビジョンを明確にする

現在、大学中退から就職を目指している20代フリーターさんに就職成功のコツとして伝えたいことは、

・企業側の視点になって今の自分がどのような状況にいるのかを把握する
・大学中退ということをしっかり受け入れて、将来のビジョンを明確にする

この2点です。

正直に言いますが、企業は大学中退者に良い印象を持ちません。大学を中退した理由は人それぞれですが、どんな理由であっても大学中退者に対する第一印象は良くはないんですね。

企業は採用してもすぐに辞めてしまうのでは・・・という不安を抱かれてしまい、不利な状況の中採用を勝ち取らなければけません。

ですので、企業側の視点になって今の自分がどのような状況にいるのかを把握し、そして、大学中退ということをしっかり受け入れて、将来のビジョンを明確にしましょう。

企業はどういう目で大学中退者を見ているのか、大学中退にどんな印象を持っているのか、こうしたことを考えながら就活を進めていきましょう。

また、将来のビジョンを明確にする事も重要になります。将来のビジョンが明確になっているか、なっていないかで就職成功の確率は大きく変わります。

将来のビジョンが明確になっていて、今後のキャリアプランをしっかり企業に伝える事ができれば「将来のことをしっかり考えている」「どんな人間になりたいのかが明確になっている」「目標がある」という印象を企業に残すことができ、大学中退という不利な状況をカバーすることが可能なんですね。

上記で何度も述べていますが、大学中退からでも就職を成功させることは十分に可能です。就職成功のコツやポイントをしっかり押さえて就活を行い、就職成功の確率をアップさせましょう。

1日でも早く就活をスタートさせる

真剣に就職を目指すのであれば1日でも早く就活をスタートして1日でも早く就職を決めましょう。

「就職成功」と「就活量」は比例します。就活量が多ければ多いほど、就職の成功率はアップします。

1日でも早く就活をスタートすればそれだけ早く就職を決める事ができるので、就職したいとと望むのであればすぐに就活をスタートさせましょう。

就職サイトや求人サイトに登録をする、空いている時間に就職ノウハウを収集する、バイトをしてスキルを身に付ける、勉強をして資格を取得するなど、積極的に行動して1日でも早く就職を決めてほしいと思います。

上記でもご紹介しましたが今では就職を支援してくれる就職支援サイトが多く誕生しています。大学中退者の就職支援にも対応しているので就職支援サイトを味方に付けながら有利に就活を行うことがおすすめですよ。

大学中退就職の履歴書対策

履歴書作成に頭を抱えている大学中退者の方へ

履歴書の作成に悩みを抱えている大学中退者は多いと思います。

「大学中退って履歴書に書いていいの?」
「自分のアピールの仕方がわからない」
「企業に好印象を与える履歴書はどう作成すればいいの?」

など、履歴書作成に頭を抱えている人は実際に多いと思います。

履歴書の内容次第で就職の成功大きく左右されます。それだけ履歴書というのは重要なものになるんですね。

履歴書作成で絶対にやってはいけないこと

ウソを書く

自分の事を良く見せるためにウソの履歴書を作成する人がいます。

企業の採用担当者に好印象を与えるためにウソを記述する。これは絶対にやってはいけないことです。

ウソをついてたとえ履歴書で採用担当者に好印象を与える事ができても後にそのウソはばれます。

企業の採用担当者は人選のプロです。ウソを高い確率で見破ります。

ウソを見破られたらその時点で不採用になってしまうので履歴書でウソは絶対についてはいけません。

自分が大学中退ということをしっかり受け入れたうえで履歴書を作成しましょう。

適当な考えで履歴書を作成しない

適当な考えで履歴書を作成してしまうと採用担当者には良い印象を与える事はできません。

先ほども述べましたが、企業の採用担当者は人選のプロです。履歴書を見ただけでその人の性格や人間性を見極める採用担当者もいます。

それに適当な履歴書は採用担当者に悪い印象を与えてしまいます。

第一印象で採用担当者に悪い印象を持たれてしまうと書類選考を突破できる可能性は低くなってしまうので履歴書作成のノウハウをしっかり身に付けてから履歴書を作成しましょう。

今ではネットで履歴書作成のノウハウを豊富に収集することができます。

日頃から情報収集を行い、履歴書は慎重に作成するようにしましょう。

大学中退者の履歴書作成ポイント

採用担当者が納得する大学中退理由を考える

大学中退者の就職はマイナスからのスタートです。企業の採用担当者は大学中退者に良い印象を持たない傾向があり、不利な状況の中就活を行っていくことになります。

この不利な状況を有利に変えるためにも採用担当者が納得する大学中退理由を考えましょう。

例えば、ケガや病気でやむを得ず大学を中退した場合、採用担当者はそこまでのマイナスの印象を持ちません。たとえ、ケガをしたとしても、病気だとしても仕事をするうえで支障がないということをアピールできればマイナスの印象を与えないで済みます。

他にも金銭的な理由、経済的な理由で大学を中退したとしてもやむを得ない理由があって大学を中退したと採用担当者は判断するのでそこまで悪い印象を持たれることはないです。

ですので、採用担当者が悪い印象を持たない大学中退理由を考えることは必須です。

そして、今後のキャリアプランを明確にして自分がこれからどうなりたいのかをしっかり採用担当者に伝えることができれば大学中退という不利な状況を覆すことができるでしょう。

大学中退就職の面接対策

面接を乗り越える事ができなければ採用をもらうことはできない

就活の最後の難関になる面接。この面接を乗り越える事ができなければ採用をもらうことはできません。

面接までたどり着けば就職成功はもう目の前です。採用を勝ち取るためにも万全な状態で面接に挑んでほしいと思います。

以下で大学中退者向けの面接ポイントをご紹介しているので是非、目を通して自分の面接対策の参考にしてください。

大学中退者の面接ポイント

大学中退者が面接でアピールするには?

上記でも何度も言ってきましたが大学中退の就職は不利です。

企業の採用担当者は大学中退者に良い印象を持ちません。採用をしてもすぐに辞めてしまうのでは?どうせ長続きしない、大学のようにすぐに辞めてしまうのでは?というネガティブな印象を抱えています。

この不利な状況を覆すためにも、面接で自分の事をしっかりアピールすることは必須になります。

自分のことをしっかりアピールできなければ悪い印象を良い印象に変える事ができませんので自分自身のアピールポイントをしっかり押さえた上で面接に挑みましょう。

では大学中退者が自分自身をアピールする時、どのようなことがポイントになってくるのでしょうか。

それは「大学と中退したからこそ得られた学びをアピールする」という事。

一見、大学中退と聞くとネガティブな印象しかないイメージがありますが、大学を中退した人でしか得られない学びがあるんですね。

大卒の人にはない学びを得る事ができ、このことをプラスに変え、自分自身のアピールポイントにしてほしいと思います。

もし大学を辞めたことで得る事ができた経験や学びがある場合は面接で前向きに、そしてポジティブに話してほしいと思います。

そうすることで大学中退者に対してネガティブな印象を持っている面接官にも好印象を与えることができるでしょう。

大学を中退した理由がネガティブな場合はしっかり反省していることを伝える

大学を中退した人の中には、ネガティブな理由で大学を中退した人もいる事でしょう。

例えば、大学に行きたくないからやめた、勉強が嫌いだから大学をやめた、遊びすぎて単位が取れなかった、というようなネガティブな理由の場合。面接官はより悪い印象をあなたに抱えてしまいます。

反省もしないでただ大学を中退した理由を述べるだけではマイナスの印象をプラスに変える事はできないので、こうしたネガティブな理由で大学を中退した場合はしっかり反省をしているという事も面接官に伝えましょう。

そして、将来的な事もしっかり見据えていることも同時に伝えましょう。

自分は将来的にどんな人間になりたいのか、就職したらどんな目標を掲げて仕事をしていくのか、どんなスキルを身に付けていきたいのかなど、将来のキャリアプランをアピールしていきましょう。

そうすることで、面接官には「将来のことをしっかり考えている」「目標がある」「仕事に対して意欲がある」という印象を与える事ができプラスの評価を得ることができます。

ひとつでも多く良い印象を残すことができれば面接官に気にしてもらえる、あるいはプラスの印象を残すことができるので将来のことをしっかり考えているということをアピールしていきましょう。

大学中退後、フリーター期間が長い時の仕事探し

大学中退後、長い間フリーター生活を続けていた人もいる事でしょう。

フリーターの生活が楽だったから、なかなか就職を決められなかったから、というような理由で何年もフリーターとして生活をしていた人が就職をしたいと思ったときスムーズに就職を決める事ができるのでしょうか。

はじめに結論から言いますと、大学中退から就活を始めるまでに長い期間(フリーター期間、ニート期間)がある人の就職は不利になることが多いです。フリーター期間、ニート期間)が1年、2年ならまだいいですが、それ以上の期間が空いている人はなかなか就職を決める事はできないでしょう。

それなりのスキルや経験を持っていればスムーズに就職を決められますが、スキルなし、経験なし、その上、大学中退という状況からの就職ははっきりにいって不利です。

企業は大学中退でスキルなし、経験なしの人材を採用するメリットがないからなんですね。フリーターやニートを何年も続けていた人は余計です。

大学中退者を採用するよりも新卒や第二新卒を採用したほうがたくさんのメリット(教育しやすし、将来性がある)が企業側にはあるんですね。

大学中退者と新卒や第二新卒。この両方を天秤にかけた時、企業は高い確率で新卒や第二新卒を優遇する傾向があるので大学中退者の就職はただでさえ不利な状況になり、フリーター期間、ニート期間が長い人はますます不利な状況の中で就活を行わなければいけません。

ですので、ただお仕事探しをするというような就活方法ではだめです。

上記でご紹介してきたように、就職支援サイトを利用する、バイトでスキルを身に付ける、履歴対策・面接対策をしっかり行う、という事を頭に入れながら就活を行わなければなりません。

大学中退後、フリーター期間が長い人はその期間なにをやっていたのか理由を明確に!

大学中退後、その期間なにをやっていたのか?必ずと言っていいほど面接時に質問されます。

この質問に対して面接官が納得できる答えを用意しなければ面接を突破することは難しいでしょう。結果、採用をもらうことはできません。

面接官もはじめからあなたを不採用にしようとは思っていません。面接に進めたわけですからあなたに興味を持っているという事。それに面接まで進む事ができたのであれば就職成功はもう目前ですのでこの大学中退後、その期間なにをやっていたのか?という質問の答えをしっかり用意して面接に挑みましょう。

模範的な例として『意味のある期間を過ごしていた』ということをアピールすること。

バイトでスキル身に付けていた、社会勉強をしていた、自分に合った仕事を探していた、資格取得を目指していたなど、就職を決めるための時間を過ごしていたという事を面接官にしっかり伝えることがおすすめですね。

もし、他の理由がある場合でも正直に言うのが必須。健康的な理由、家庭の理由などの場合は面接官はそこまで悪い印象を持ちません。

ただ単に遊んでいたかったから、楽だったから、働きたくなかったからという理由よりも、上記でご紹介した理由だと面接官に与える印象は大きく変わり、採用にまた一歩近づくことができますよ。

ブランクがあり、いきなり働くのが難しい場合は?

人によってはいきなり正社員として働くのは無理、フルタイムで働くには身体がついていくか不安、という悩みを抱えている人もいると思います。

ブランクが長い人やフリーター期間が長い人の場合ですとしばらく社会から離れていた訳ですからこうした不安や悩みを抱えてしまうものです。

もし、こうした不安が大きい時は無理をせず自分に合ったペースで社会に慣れていくことも大切です。せっかく就職を決める事ができても体力的、精神的な負担が大きいとすぐに会社を辞めなければいけない可能性も出てきますからね。

バイトをして少しずつ社会に慣れていく、体力的、精神的な負担が軽い仕事を選択するなどして社会に慣れていってほしいと思います。

こうした不安や悩みなども就職支援サイトのコンサルタントが相談に乗ってくれるので一度、相談してみてもいいですね。就職支援サイトのコンサルタントは就職サポートのプロです。あなた目線なって的確なアドバイスをくれるので安心して無理なく働ける仕事を見つける事ができるでしょう。

自分一人で就活を行うよりも就職支援サイトのコンサルタントを味方に付けたほうが断然、有利に就職を決める事ができるので是非、就職支援サイトのコンサルタントを味方に付けて就職を決めてほしいと思います。

大学中退者にとって魅力的な『書類選考なしで面接を受けられる求人』

現在、数多くの就職支援サイトや求人サイトが増えています。サポート体制が充実している就職支援サイトや求人サイトが続々と誕生していてその中には『書類選考なしで面接を受けられる求人』を扱っている就職支援サイトもあるんですね。

不利な状況の中、就活を行わなければいけない大学中退者ですが、書類選考なしで面接を受けられれば就職成功の確率は大幅にアップします。

企業も今までの学歴や経歴ではなくその人のポテンシャルを重視して人選を行ってくれるので大学中退でも企業が求める人物像とマッチングすれば採用をもらえる可能性も高くなるので書類選考なしで面接を受けられる求人を扱っている就職支援サイトを利用することがおすすめです。

以下の就職支援サイトがその書類選考なしで面接を受けられる求人を扱っている就職支援サイトになるので一度、掲載されている求人に目を通してみてください。そして、自分に合った求人を見つけた場合には是非、エントリーしてみてください。

⇒就職Shop
⇒DYM就職
⇒ジェイック

この3つの就職支援サイトは業界ではトップクラスの就職支援実績がある就職支援サイトです。フリーターや20代の就職をメインにサポートしていて扱っている求人のすべてが20代やフリーター向けの正社員求人です。

大学中退の就職支援にも対応しているので現在、大学中退から就職を目指している方には是非、上記でご紹介した3つの就職支援サイトを利用して1日でも早く就職を決めてほしいと思います。