フリーター就職レスキュー|就活の味方になってくれる就職サイトをご紹介!

就職を目指している20代の方・フリーターの方に就職の心強い味方になってくれる就職支援サイトをピックアップしてご紹介!また、就職に役立つ情報やノウハウもご紹介しています。

おすすめの就職支援サイトはこちら!

ニート 就職


ニートから正社員就職を目指している方へ

1日でも早くニートを脱出する方法

ニートからの就職を目指している方へ。ここではニート就職でポイントになる事やニートにおすすめの就職支援サイトをご紹介しています。

現在、ニートからでも就職できる環境は整っているのでニートからでも就職する事は十分に可能です。

「ニートだから就職できない・・・」と思わないで前向きに就活を進めていきましょう。

そもそもどんな人をニートって呼ぶの?

厚生労働省によるニートの定義は以下の通り、

『15歳~35歳の失業者や無業者のうち、学生や主婦を除き、求職活動にいたっていない者』

簡単に言うと、仕事をしていない人で働く気がない、就職活動をしていない人がニートと呼ばれます。

バイトをしていたり、就職活動をしている人はニートではなく、フリーターに分類されます。

これがニートの定義でニートとフリーターの違いです。

働いていないからニートではなく、働く気がない、就職する気がない、という人がニートになるんですね。

ニートの就職率ってどのくらい?

ニートでも就職できるといっても現在、ニートから就職を目指している人は様々な不安を抱えていると思います。

その中で一番多い不安が『ニートの就職率』だと思います。

  • 本当にニートからでも就職できるの?
  • ニートからでも就ける仕事はあるの?
  • ニートを採用してくれる企業はあるの?

ニートから就職を目指す時、このような不安をまずは抱えるのではないでしょうか?

そこでニートの就職率を見てみたいと思います。

以下でご紹介するのは1年前までニートだった人の現状です。

1年前までニートだった人の現状

  • 正社員 16.2%
  • パート・バイト 11.2%
  • 派遣・契約 7.6%
  • 求職者 27.2%
  • ニート 34.3%

このように1年前までニートだった人の16.2%が今では正社員として働く事ができていて、パートやバイト、派遣、契約も入れると半数以上の55%の人が社会に出て働いています。

この数字を見れば高い確率で働く事ができることがわかります。

先ほども述べましたが、今はニートからでも就職できる環境はしっかり整っています。就職を成功させる可能性は十分にあるので就職ポイントをしっかり頭に入れてから就活をスタートしてください。

ニートは1日でも早く卒業した方がいい!

ニート生活を1日でも長く続けても良い事はなにもありません。

就職はますます不利になりますし、ニート生活にどっぷり浸かってしまうとニート生活から抜け出す事がなかなかできなくなってしまいます。

年齢が20代後半、30代になってしまうと就職の成功率は大きく下がるのでできるだけ早く就職をしてニートから脱出する事が重要です。

10代や20代前半なら社会人経験がないニートでも採用をしてくれる企業は多くあるので1日でも早く社会人として働く、キャリアを積んでいきましょう。

働く事で安定した収入を得る事ができ、生活も安定します。社会人になる事で責任は増えますが、ニート生活を続けるよりも様々な経験をする事ができ、人としてどんどん成長していく事ができますよ。

ニートの就職ポイント

ニートの就職をサポートしてくれる就職支援サイト

上記でニートからでも就職できる環境は整っていると言いましたが、現在、ニートの就職をサポートしてくれる就職支援サイトが多く誕生しています。

就職支援サイトはその名の通り、就職を支援してくれる就職サイトになり、一般的な求人サイトと違って様々なサポート・サービスを受けられます。

ニート向けの正社員求人を豊富に見れたり、就職に役立つ情報や就職成功ノウハウの収集、専任の就活アドバイザーによる就活サポートなど、ニートから就職を目指している方にとって魅力的なサポート・サービスを受けられるので自分一人で就活を行うよりも断然、有利に就職を決める事ができます。

就職支援サイトの利用はすべて無料ですので、ニートでも安心して利用する事ができます。就職支援サイトを利用して損をする事はなにもないので是非、就職支援サイトを味方に付けて有利に就職を決めることをおすすめします。

ニート就職はハローワークよりも就職支援サイトがおすすめ!

就職支援サイトではニート向けの正社員求人を豊富に見つけられる!

ニートの就職をサポートしてくれる機関は他にもハローワークがあります。

ハローワークを利用しながら就活をしているというニートも多いと思いますが、就職支援サイトを利用する方が断然、有利に就職を決める事ができます。

ハローワークと就職支援サイトの違いでまず初めに挙げられる事は『見る事ができる求人』です。

ハローワークでは様々な職種の求人を膨大に扱っているため有利に求人探しを行なえると思われがちですが、ニート向けの正社員求人は意外と少ないんですね。

実務経験が必須になっている求人、社会人経験が必須になっている求人、資格が必須になっている求人など、ニートからではエントリーできない求人が多いです。

これらの中からニート向けの求人を探すとなると時間がかかってしまいますし、自分に合った求人や自分が探している求人が見つかる可能性も低いです。

一方、就職支援サイトでは未経験求人や学歴・経歴不問の求人など、ニート向けの正社員求人を中心に見つける事ができるので効率よく、そして、有利に求人探しを行なう事ができます。

上記でご紹介した3つの就職支援サイトは特に若年層のニートに特化した就職支援サイトになるのでスムーズに求人探しを行なう事ができますよ。

専任就活アドバイザーも求人探しをサポートしてくれるので効率よく自分に合った求人を見つける事もできます。

就職支援サイトも無料で利用する事ができますし、様々なサポート・サービスを受ける事ができるので就職支援サイトを利用して就活を行う事を強くおすすめします。

ニート 就職

大学中退ニートから就職する方法

大学中退ニートからの就職は早めに行動することが大事です。いつまでもニート生活をダラダラ続けているあっという間に時間が経ち、気付いたら20代後半、30代ってこともあります。就職は年齢が高くなればなるほど難しくなってきます。社会人経験なしのニートからの就職なら尚更です。後になってから後悔しないためにも1日でも早く就活をスタートして、1日でも早く就職を決めてニートから抜け出しましょう。
ニート 就職

ニートが正社員就職するために必要な事

ニートが正社員就職するために必要な事。それは『就職サポートのプロの力を借りる事』です。就職を目指しているニートにとって就職支援サイトの就活アドバイザーは心強い味方になってくれる事は間違いないので是非、就職支援サイトを味方に付けて有利に就職を決めてほしいと思います。
ニート 就職

ニートの就職方法

ニートでも就職ポイントをしっかり押さえる事でスムーズに就活を行なって行く事ができますし、自分に合った仕事をみつける事は可能です。また、今では就職をサポートしてくれる就職支援サイトも多く誕生しているので就職支援サイトを味方に付ければ有利に就職を決める事もできます。