書類審査が通らない

就職 悩み

履歴書の中身に問題がある

履歴書を作成する際のポイント

何通も履歴書を送っているのにひとつも良い返事がこなくて悩んでいるフリーターの方も多いのではないでしょうか。

不採用が続くとモチベーションも下がりますし、応募できる求人も少なくなってきます。

せっかく、この企業だ!と自分に合った求人を見つけても書類選考を通過できなければ正社員になる事はできません。

書類選考が通らない場合、履歴書の中身に問題があるという事をしっかり認識しましょう。

そして、どうのように改善をすれば良いのかをしっかり把握し、採用に有利になる履歴書の作り方を身に付けましょう。

ここでは書類審査が通らないという方へ履歴書を作成する際のポイントをご紹介しています。

現在、フリーターから正社員を目指して就活を行なっているが書類審査が通らなくて悩んでいる方に参考にして頂きたいと思います。

履歴書を作成する際に重要になる事

書類選考を通過させるためにも書類選考では自分の事をしっかりアピールする事が重要になってきます。

履歴書一枚だけでは自分をアピールする事は難しいので、履歴書の他に職務経歴書も作成し、履歴書と一緒に職務経歴書も企業に送るようにしましょう。

履歴書では経歴や学歴は簡単に書き、詳しいことは職務経歴書に書くようにしましょう。

履歴書に細かく今までの職歴を書いても、履歴書がゴチャゴチャしてしまい、見にくい履歴書になってしまうので別々に書くようにしましょう。

履歴書を作成する際に重要になる事は『見やすい履歴書』という事と『志望動機』です。

採用担当者はまず履歴書を見て、あなたがどういう人間なのかという事をイメージします。

この時に汚い字で書かれていて、文字の大きさもバラバラで見にくい履歴書だと、採用担当者に与える第一印象は最悪なものになってしまいます。

この人はがさつな性格、大雑把な性格、慎重さに欠ける性格、履歴書を甘くみている、という印象をあなたに持ってしまい書類選考を通過できる可能性は大きく下がってしまいます。

模範的な志望動機はNG!

また、志望動機でも『この企業で働きたい!』という意欲を感じられなければ他の企業でもいいのでは?という疑問を持たれてしまいます。

あまりにも模範的な志望動機だと特にマイナス評価に繋がってしまうので、自分の言葉でこの企業で働きたいという事を採用担当者に伝えなければいけません。

採用担当者が納得できる志望動機を作成する事ができれば書類選考を通過できる可能性をいっきに上げる事ができます。

このように履歴書で重要になってくることは『見やすい履歴書』という事と『志望動機』になるのでこれらの事を意識して履歴書を作成するようにしましょう。

履歴書の書き方と志望動機の作り方は以下のページで詳しくご紹介しているのでそちらを参考にしてください。

職務経歴書で自分をアピールする

職務経歴書では自分が今までの学歴・職歴でどんな事をしてきて、どんな事を学んだのか、身に付けたスキルはなにか、などを具体的に書き、採用担当者にアピールしていきましょう。

そして職務経歴書で欠かす事ができないのが自己PRになります。

職務経歴書ではこの自己PRが重要になります。

自分が身に付けているスキルでアピールできる事や性格や長所などはアピールできる事は積極的にアピールしていきましょう。

ただ自分の事をアピールするだけではなく、このアピールできる事を企業でどう活かすのかを採用担当者に伝える事ができれば評価を上げる事ができます。

採用担当者に少しでも興味を持ってもらえる自己PRを考えるようにしましょう。

職務経歴書と自己PRについては下記のページで詳しくご紹介しています。