履歴書の字は汚くても大丈夫?

就職 悩み

字が汚くて履歴書作成に苦労している方へ

履歴書を書く時に気を付けたい事

就職を成功させるために必要になる履歴書。

キレイで読みやすい履歴書を作成する事ができれば採用担当者に好印象を与える事ができ、書類選考が通過する可能性も高くなります。

しかし、字が汚くて履歴書作成に苦労している方も多いと思います。

見やすくキレイに書いているつもりでも字が汚いことで見にくい、読みにくい、わかりにくい、履歴書になってしまう場合があります。

これでは履歴書で自分の事をアピールしようと思っても採用担当者からすると履歴書を読む気にもならないでしょう。

いくら優秀な人材でもあってもわかりにくい、見にくい、読みにくい履歴書を作成すると書類選考で損をしてしまう可能性もあります。

ここでは履歴書を書く時に気を付けたい事をご紹介しています。

現在、字が汚いという理由で履歴書作成で苦労している方に参考にして頂きたいと思います。

字が汚くても読みやすい履歴書を作成する事は可能

まず、結論から述べますと字が汚くてもマイナス評価になる事はそんなにないと言っていいでしょう。(極端な殴り書きや細々した字で何を書いているかわからない場合は評価は下がってしまいますが。。。)

採用担当者が見ている点は見やすい履歴書なのか、わかりやすい履歴書なのか、という事です。

字が汚くても読みやすくてわかりやすい履歴書を書く事は可能です。

採用担当者にとっては字の上手い、下手よりも読みやすい履歴書なのかという事を重視しています。

文字の大きさを均等にする、文字列を乱さない、という事を意識するだけで読みやすい履歴書を作成する事ができます。

一文字一文字を慎重に丁寧に書く事を意識して履歴書を書く事ができれば字が汚いという方でも読みやすい、わかりやすい履歴書を作成する事ができます。

履歴書で第一印象が決まる

殴り書きや細々した字で書かれた履歴書ですと採用担当者に与える第一印象が悪くなってしまいます。

採用担当者は履歴を見てあなたがどういう人間なのかを判断しています。

第一印象が悪ければ評価も下がってしまい、自分の事をしっかりアピールする事もできなくなってしまいます。

ですので、採用担当者に良い第一印象を与えるためにも履歴書は丁寧に作成しましょう。