面接でいつも失敗する

就職 悩み

面接がうまくいかないという方へ

面接時にポイントになる事

書類選考は通るが毎回面接で不採用になる。面接で良い結果が出ない。面接でいつも失敗をしてしまう。と言う方も多いと思います。

面接は就活の最終関門です。

面接で良い結果を出さなければ採用をもらえる可能性も低くなってしまいます。

どんな状況でも乗り越えられるようにしっかり面接対策を行なってから面接に挑む事が重要になってきます。

ここでは面接でいつも失敗してしまう。面接でよい結果がでないと言う方へ、面接時にポイントになる事をご紹介しています。

第一印象が大事

まず面接に挑む際の身だしなみは大丈夫ですか?

寝癖はついていませんか、スーツやワイシャツにシワや汚れはありませんか、ネクタイは曲がっていませんか。

身だしなみによっては面接官に与える第一印象も大きく変わってきます。

第一印象は非常に重要なものになり、面接官に与える第一印象が悪いだけで不採用になってしまう方もいると聞きます。

社会人としてふさわしい身だしなみで面接に挑むようにしましょう。

身だしなみ以外にも礼儀、言葉遣い、振る舞い方も第一印象を決めるものになります。

これらの事はビジネスマナーにもなるので、しっかり礼儀作法、言葉遣い、振る舞い方を身に付けられれば面接官には好印象を与える事ができます。

模範的な言葉ではなく自分の言葉で

質問に対する受け答えの対策をしっかり行う事も重要になります。

どんな質問がきてもしっかり応えられるように準備しときましょう。

面接時に聞かれる質問をしっかり把握して面接に挑むようにしましょう。

この時にポイントになる事は模範的な言葉でそのまま答えるのではなく、自分の言葉を使って答えるようにしましょう。

もし、予想外の質問がきた場合でも焦らず、率直に自分が感じたことを話すようにしましょう。

面接の時には素直さ、正直さを見られることもあり、自分の思っている事を素直に話す事も大切になります。

自分を最大限アピールする

面接時では自分を最大限アピールする事が重要になります。

ただ、自分をアピールするだけでなはなく、自分が企業で働いたらどんなメリットがあるのか、企業で自分にできる事、企業で自分のどんなスキルを活かせるのか、など企業の事を織り交ぜて自己PRをするといいでしょう。

そうする事で、企業で働きたいという意欲を面接官に伝える事ができます。

また、志望動機を述べる時も履歴書に書いた通りに述べるのではなく、自分の言葉を使って述べると面接官に好印象を与える事ができます。

面接対策については下記のページでご紹介しているのでそちらも参考にして頂きたいと思います。